シミ、肝斑、くすみの元「瘀血」とは?
福岡美容鍼灸

シミ、肝斑、くすみの元「瘀血」とは?

最近ではテレビでも取り上げられるようになり、ますます人気になっている美容鍼!

当院には高校生~80代の方まで、幅広い年齢層の方が美容鍼を受けにいらしてますが、やはり、年代によって肌のお悩みは変わってきます!

早ければ20代の方でも悩んでいる「しみ」「肝斑」そして「くすみ」

これらについてご紹介したいと思います。

原因

紫外線ダメージによるメラニン色素の沈着や女性ホルモンのバランスが原因ですが、それに加えて東洋医学では「瘀血(おけつ)」という考え方もします!

「瘀血(おけつ)」とは、本来なら排泄される老廃物を含んだ血や古い血が、体の中で停滞してしまっている状態のことです。

瘀血が原因の肌や体の悩み

・顔が赤黒くくすむ
・シミや肝斑ができる
・生理痛がある
・肩こり、頭痛がでる

などが考えられます。

瘀血は男性よりも女性に多い

・露出のある服で体が冷えたり、下着の締め付けなどによって血流が悪くなる。
・筋力不足のため、血の巡りが悪い。
・毎月の生理で血を消耗し、体を巡る力が弱くなる。
など

くすみとは?

男性には、くすみがイマイチ何なのか分からないという方もいます。

美容に敏感な女性であれば少しの変化でも気になる「くすみ」

血流が悪くなっていたり、さきほどご紹介した「瘀血」という状態のときに、顔色が本来より黒っぽくみえることです。

くすみの種類

黄色っぽい
胃腸の働きが弱い方に多いです。
口の周り、顎に吹き出物ができやすいです。
胃腸の働きが弱いので、栄養を吸収しにくく、たくさん食べても太らないタイプです。

赤黒っぽい
イライラしやすかったり、片頭痛や肩こりなどがある方に多いです。
吹き出物は、熱がこもって触ると痛いものができやすいです。
基本的には、元気で活動的な方が多いタイプです。

黒っぽい
体系が細身で、疲れやすく、冷え性なタイプ。
女性だと、生理不順がある方が多いです。
子どもの頃からソバカスがある方もこのタイプに多いです。

シミ、肝斑、くすみの改善法

血流を改善する

くすみは、老廃物が流れずにとどまってしまったり血液の流れが悪くなっていることが原因です。まずは血流を改善することが大切です✨

血流を改善するには、温めることと、筋力をつけることです!
温めると血管が広がりますので、流れやすくなります(*^^*)
また、筋力がつくと血管のポンプ作用を助けてくれます✨

リンパの滞りを改善

首回りにあるリンパに老廃物がたまると首から上の流れが悪くなりますので、リンパマッサージなどで巡りを良くしてあげることも効果的です!

美容鍼でできること

シミ予防に美容鍼

美容鍼はお顔に鍼をしますので、お顔の血流がすごく良くなります!。

また、当院では、手足のツボにも鍼やお灸を行うので、全身の血の巡りが良くなります。

シミ、肝斑、くすみの中で1番効果が出るのは、くすみです。

くすみは血流を良くしてあげることで改善していきます。

難しいのはシミや肝斑です。

すでに長い時間をかけて色素が沈着している状態なので、鍼では難しいことも多いです。

ただ、美容鍼で肌のキメが細かくなることで、光をキレイに反射するので、結果的にシミや肝斑が目立ちにくくなることはあります。

手っ取り早く消すには、レーザー治療やフォトフェイシャルなどの施術がオススメです。

ただ、体の中に瘀血が溜まっている状態をそのままにしておくと、レーザーなどで消えてもまた同じ個所にシミが出てきます。

併用して、美容鍼や当院で人気の台湾式デコルテリンパマッサージのコースで体の内側から改善していくと、トラブルの起こりにくい肌になっていきますよ(*^^*)

→ 美容鍼について

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」


関連記事