ぎっくり腰・腰痛

ぎっくり腰・腰痛

福岡のぎっくり腰・腰痛でお悩みの方へ

このような腰痛の方が多いです

当鍼灸院ではぎっくり腰や慢性腰痛には中国針を用いた治療を行っています。

中国針の独特な鎮痛効果で軽度のぎっくり腰では1~2回の治療でほぼ痛みがなくなってしまう方も多いです。

重症なぎっくり腰の場合でも3~4回程度の鍼灸施術でおおかたの痛みは軽減します。ぎっくり腰には中国針による治療をお勧めいたします。

また、慢性の腰痛症で骨に変形があっても中国針にて筋肉の炎症やコリを取ることで腰痛症状を改善させていきます。

福岡で腰痛・ぎっくり腰の症状でお困りの方は当院にご相談ください。

ぎっくり腰・腰痛の部位と症状

ぎっくり腰・腰痛の部位は3つに分類できます腰痛の部位

【①筋筋膜型】
腰の上方に痛みを感じます。
ぎっくり腰の場合は1~3回の治療にて症状が軽減。
筋筋膜性腰痛などが原因。

【②椎間関節型】
骨盤と腰の境目を中心とした部分に痛みを感じます。
ぎっくり腰の場合1~3回の治療にて症状が軽減。

長年患っている頑固な腰痛の場合は5回程度の鍼灸施術にて症状が改善。
改善後は月1~2回の定期的な鍼灸を行うことにより悪化を予防。

椎間関節性腰痛・変形性腰痛症等が原因

【③複合型】
筋・筋膜型や椎間関節型が重複するものです。

腰痛・ぎっくり腰を引き起こす疾患

ぎっくり腰や慢性腰痛症は鍼灸臨床においてよく扱う疾患の1つです。 腰部の鈍痛、放散痛、電撃痛や腰を動かした時や安静時の痛みなど症状は多種多様です。

原因として筋筋膜性腰痛、椎間関節性腰痛、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊椎すべり症などです。 これらの疾患が筋肉に疲労や炎症を起こし、コリを作って血流を阻害することにより腰痛症状を引き起こします。

ぎっくり腰や慢性腰痛症は鍼灸臨床においてよく扱う疾患の1つです。 腰部の鈍痛、放散痛、電撃痛や腰を動かした時や安静時の痛みなど症状は多種多様です。

鍼灸では、骨に変形があっても、この筋肉疲労、炎症やコリを効率よく取り除き、腰痛を改善させていきます。

腰痛は起こす疾患は数多くあります。 鍼灸が適応する代表的なものとして以下のようなものがあります。

主な腰痛の原因


【筋筋膜性腰痛】

ぎっくり腰などに多く、腰の上方に痛みを感じます。
筋肉や筋膜の炎症により発症します。
ぎっくりの原因で、重いものを持ったことや体を捻ることで起こり、痛みのため歩けなくなったりします。
また、受傷時はそれほどでなくとも、就寝して起床時に痛みだすこともあります。

【慢性腰痛】
ぎっくり腰や椎間関節症、変形性脊椎症、椎間板ヘルニアなどの慢性化が原因。
筋肉が疲労し、コリを作って血流を障害することにより発症します。
慢性で頑固な腰痛を患っている多くの方が当てはまると思います。


【椎間関節性腰痛】
椎間関節の炎症などにより発症します。
ぎっくり腰の原因でもあります。
重いものを前かがみの姿勢で持ち上げた時に突然ギクッとなり腰痛で動けなくなったりします。


【椎間板ヘルニア】
腰椎の椎間板が飛び出し神経を圧迫することにより腰痛が発症します。
立っているとすぐ辛くなったり、椅子に腰掛けているのが辛くなります。
また、坐骨神経痛の原因にもなります。


【変形性脊椎症】
加齢により椎間板の変性や椎体の変形により背筋が疲労を起こし腰痛が発症します。
40歳以上の方に多い慢性腰痛です。
痛みは激しくなく、安静にしていればさほど痛まないが、起床時の腰のこわばりや同じ姿勢のあとの動作開始時に痛くなり、しばらく動いていると軽減されます。


【脊椎すべり症】
椎体が前方に移動している状態になっています。
腰椎の前弯が強いために疼痛部位の椎間関節や筋肉などが腰痛を引き起こしていると考えられます。


【骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折】
骨粗しょう症が基盤となり、立ち上がったり、前かがみ、物を持ち上げる動作なので椎体が圧迫骨折を起こすことにより腰痛が発症します。
骨折した部位より下のほうで痛みが出現します。起き上がりや寝る動作などで痛みがでます。

腰痛・ぎっくり腰の中国鍼灸

腰の深部にあるコリを取り除く大腰筋刺鍼術

坐骨神経痛の鍼灸治療

主にぎっくり腰や頑固な慢性腰痛に用います。 大腰筋とは腹筋と背筋の中間にあり、背中側や、お腹側から押さえても触れることができない位置にあります。背骨を支えている筋肉の1つです。

ぎっくり腰や慢性腰痛が改善されない場合には、大腰筋が疲労、炎症していることがよくあります。

当院では、中国針を用い、的確に大腰筋をねらうことにより腰深部のコリや炎症を取り除きます。

大腰筋刺鍼

一般的にぎっくり腰や腰痛の治療には、背骨の周りの背筋などを中心に行われていることが多く、なかなか腰痛が改善されないという方がいらっしゃいます。

大腰筋は身体の中心にある・深部にある筋肉のためマッサージや一般の鍼灸治療ではなかなか大腰筋のコリや炎症を取り除くことは難しいことが多いです。

吸い玉療法

腰痛への吸い玉

吸い玉療法は,ガラスの玉を患部皮膚に吸着させて、毛細血管を刺激して血流を促進し、筋肉炎症やコリなどを取り除きます。

皮膚に吸い付かせるため、跡が2~3日残ることが ありますが、確実に消えますのでご安心ください。

関連記事

▶ レントゲンで異常がない腰痛の鍼灸施術
 腰が抜けるような腰痛の鍼灸施術
 筋筋膜性腰痛症の鍼灸施術
 大腰筋に効果的な鍼灸施術