腰痛で「レントゲン異常なし」の鍼灸治療
福岡の鍼灸院

腰痛で「レントゲン異常なし」の鍼灸治療

レントゲン異常なし腰痛の原因とは

 ぎっくり腰などの急性の腰痛で整形外科でレントゲン撮ったけど、「異常なし」って言われたけど、どういこと?「腰痛はあるんだけど・・・」
「じゃあ、どこが問題なの??」

実はそういう方は、とても多いです。
そもそも、レントゲンって何を調べているの?
そういう方もいらっしゃると思います。レントゲンでは、腰の骨の状態を見ています。
腰の骨が原因で起きている腰痛かどうかを調べているわけです。

例えば、
・腰椎椎間板ヘルニア
・変形性脊椎症
・脊椎分離すべり症
・腰部脊柱管狭窄症
・圧迫骨折
など

で、レントゲンで異常がないということは、これらの病気の可能性は少ないとなります。
もう少し精密検査をしないと分からいこともありますが。

「レントゲン異常なし」は「どこが異常」の腰痛?

骨に異常がなければ、あとは何が問題だから、腰が痛くなるのか?ということになります。
腰のあたりには骨以外に筋肉、神経、内臓などがあります。
ぎっくり腰などの急性の腰痛の多くは、主に筋肉または神経や関節などが原因のことが多いように思います。
腰にはたくさんの筋肉があります。これらの筋肉が硬くなったり、炎症を起こすことで腰痛が起きます。

腰痛を起こす主な筋肉

【腰の筋肉】・多裂筋・脊柱起立筋・腰方形筋・大腰筋

【お尻の筋肉】・梨状筋・大殿筋・中殿筋・小殿筋

 レントゲン異常なし腰痛と鍼灸治療

  その他、背骨にある関節が炎症を起こす「椎間関節性腰痛」なども原因として考えられます。

「レントゲン異常なし」腰痛の鍼灸治療

レントゲンに異常がない場合は、主に筋肉の問題が多いため、鍼灸治療では痛みを起こしている筋肉を中心に鍼灸治療を行っていきます。

 レントゲン異常なし腰痛の鍼灸治療

腰痛は・痛い場所がはっきり分かる・漠然と腰が痛い・腰の深部に痛みを感じ等色々あります。
鍼灸治療では的確に患部の筋肉を治療することができますので、非常に効果的です。
整形外科、マッサージ、整体など受けてもなかなか改善されないようであれば、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

関連記事

   腰痛の鍼灸治療について

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

 「腰痛でレントゲンでは異常がない方はとても多いです。そのような腰痛は鍼灸治療が効果的です。ぜひ鍼灸治療をおススメします」

こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

関連記事