自律神経失調症を改善するための鍼灸
福岡の鍼灸院

自律神経失調症を改善するための鍼灸

自律神経失調症の鍼灸施術風景
慢性的な倦怠感があり、頭痛、肩こり、めまい、不眠症などもある。特に病気もないのに身体がきつい。
そのような症状でお悩みの方の多くは自律神経失調症の可能性が高いです。

自律神経失調症は自律神経のバランスが乱れてしまい、それが身体全体に影響を及ぼすため、様々な症状が出てきます。
当院には自律神経失調症による症状でお悩みの方が鍼灸を受けに来られています。
色々と病院に行ったけど症状が改善されない方は、鍼灸施術を受けてみることをおススメします。

自律神経失調症とは?

不定愁訴

自律神経失調症とはどのような病気か知っていますか?
簡単に言うと、はっきりとした原因はないのに、病院で検査しても異常がないのに、体調不良が続くような状態のことを言います。

自律神経失調症に多い症状では、慢性的な倦怠感、頭重感、頭痛、めまい、肩こり、動悸、食欲不振、胃痛、手足の冷えやしびれ、不安感、イライラ、不眠症などなどです。
軽症~重症など症状の程度の差はありますが、どの症状も日常的に一時的ですが、よく起きる症状です。

自律神経失調症はこれらの症状が慢性的に、頻繁に起きてしまいます。

自律神経失調症になる人とは

自律神経失調になりやすい人

なぜ自律神経失調症になってしまうのか?
自律神経失調症になる原因は様々ですが、主な原因として以下の様なものが考えられます。

  • 肉体的な慢性疲労(仕事など)
  • 精神的ストレス過多(仕事や人間関係など)
  • 昼夜逆転などの生活リズム崩れ
  • 性格(完璧主義・心配性・我慢強い性格など)

女性に多い自律神経失調症の原因

上記のような原因で自律神経失調症は起こりやすいですが、自律神経失調症は男性よりも女性に多く見られる病気です。その主な原因として女性ホルモンの変動によるものが考えられます。女性ホルモンと自律神経は密接な関係があります。

女性ホルモンは生理や妊娠・出産、更年期、閉経など変動することが多いために、自律神経のバランスにも影響を与えているからです。

また、首や肩のコリがあると、めまい、頭痛、吐き気などを誘発し、自律神経にとても影響を与えます。
女性のほうが男性より首の筋肉が細く、首こり・肩こりになりやすいことも自律神経失調症が多い原因の1つではないかと考えられます。

自律神経失調症にならないようにするためには

慢性的な体調不良、自律神経失調症を改善するためにどういうことをすればいいのか。
自律神経は過度な精神的、肉体的ストレスを受け続けると、乱れてきます。
そのためストレスを受けないようにする、またストレスを受けても溜めこまないようにすることが大事です。

  • 精神的、肉体的ストレスをできるだけ受けないようにする
  • 生活リズムを整える
  • 適度な運動をする

心と身体の疲れ・ストレスが自律神経失調症の主な原因です。
そのため上記のようなことを心掛けて生活することが予防につながります。

自律神経失調症になったら?

自律神経失調症による症状は主に身体に出る症状、または心に出る症状があり、様々です。

身体症状

  • 頭痛、頭重感
  • めまい、たちくらみ
  • 耳鳴り
  • 首肩こり
  • 息切れ、動悸
  • 食欲不振、胃痛、吐き気
  • 関節痛、神経痛
  • じんましん
  • 不眠、寝つきが悪い
  • 全身の倦怠感

精神症状

  • 情緒不安定
  • イライラ
  • 憂鬱
  • 集中力低下

自律神経失調症は多岐にわたる症状です。日常的によくある症状でもありますが、重篤な病気が隠れている可能性もあります。まずは身体に出ている症状に合わせて、内科や耳鼻科、整形外科や婦人科などに行かれて検査などをされたほうが安心です。その多くは検査では異常はありません。症状が改善するしないは置いといて、それだけでも気持ち的に少し楽になります。

内科や整形外科での投薬で症状が改善すればいいですが、自律神経失調症が長期になってくると、この症状がいつまで続くのか不安になったり、焦ったりして、気分も落ち込みがちになり、寝つきも悪くなったりするなど精神的にも不安定になる方も出てきます。

心療内科や精神科などを受診することで、心の状態が少しでも落ち着いたり、睡眠導入剤などを服用することで睡眠時間が確保できて、身体症状への回復力が出てくることもあります。

自律神経失調症の鍼灸

自律神経失調症の鍼灸

病院で色々なお薬を服用しても、症状が改善しない方が他になにかいい方法はないかとの思いで、鍼灸を受けに来られる方が多いです。
鍼灸が自律神経失調症に効果があるとは想像がつかない方もいるかもしれません。
しかし、自律神経失調症には鍼灸が効果的なことが多いです。
自律神経失調の鍼灸では2方向から自律神経失調症を改善していきます。

お悩み症状を改善する
鍼灸はお悩みの症状、例えば頭痛、肩こり、めまいなどの症状を緩和させる作用があります。
自律神経失調症で悩んでいる方の多くが首から肩にかけてのコリがある方が多く、このコリを鍼灸で緩めていくと、首肩コリはもちろん、頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感などが改善されていきます。

自律神経を整える
自律神経失調症による症状の根底には、自律神経の乱れがあります。
鍼灸施術はこの自律神経を整えていく作用が期待できます。
鍼灸施術を受けると自律神経の乱れが整い、身体がリラックスして、寝つきが良くなります。

鍼灸は悩んでいる症状を改善し、また根底にある自律神経も良い方向に導く作用があるので、心と身体が元気になってくるのを実感できると思います。

また女性ホルモンにもいい影響を与えますので、女性ならではのお悩みにも鍼灸はお役に立つことができます。

セルフお灸で予防

セルフお灸による自律神経失調症の予防

自律神経失調症は一度調子が良くなっても、また精神的、身体的ストレスがあったり、季節の変わり目などの環境の変化で再発することがあります。

毎日の生活の中で、ストレスを溜めない、規則正しい生活、適度な運動をすることがとても大事です。

また、自宅でできるお灸をしていただくことで、自律神経を整えておくことで再発しにくい身体作りのお手伝いができます。お灸は自律神経や女性ホルモンととても相性の良い施術法で、とても簡単に行えますので、ぜひ試してください。

まとめ

自律神経失調症は精神的・身体的ストレスによって自律神経がアンバランスになって発症します。その症状は様々ですが、ストレスを避けて、規則正しい生活を心がけることで、自律神経を整い症状が改善しやすくなります。

なかなか改善しない自律神経失調症には鍼灸施術を受けると効果的です。鍼灸はお悩みの症状を改善し、自律神経を整える作用があります。また、自宅にてセルフお灸をしていただくと、再発予防につながります。

関連記事

自律神経失調症の鍼灸
自律神経失調症のTV取材
自律神経失調症に効果的なツボ
セルフお灸について

関連記事