妊娠30週5日の逆子のお灸
福岡の鍼灸院

妊娠30週5日の逆子のお灸

妊娠30週で逆子

産婦人科で「逆子ですね」と言われるのは、妊娠30週頃からです。
それ以前はまだ赤ちゃんも小さいのでクルクル回っている状態で、検査時にたまたま逆子の状態になってるだけなので、気にする必要はありません。

また、30週頃も自然と戻る可能性も高いので、慌てる必要はありません。
ただ、なかには35週を過ぎてもになっても、なかなか逆子が戻ってくれないケースもあります。

そのため、早め早めに逆子対策をしておいた方が、逆子が直る確率が高いですし、
34週、35週になって慌てて逆子のお灸をするより、30週~32週の時にお灸をしたほうが気持ちに余裕があるので、精神的に楽だと思います。

今回、30週の健診で逆子が分かり、 30週5日で来院した逆子ちゃん。
逆子のお灸を1回行い、あとは自宅にてお灸をしていただき検診を受けたところ、戻りました。

その逆子ママさんから感想を頂いたので、ご紹介します。

逆子のお灸の感想

妊娠30週の逆子のお灸

30代 女性 熊本県在住

逆子ということで、鍼灸に初挑戦しました。
至陰と三陰交に10分程度の施術でした。
特に至陰がチクチクして少し痛かったですが、
じんわりと温かくなってくるようで、施術中赤ちゃんがポコポコとうごいていました。

その次の妊婦健診(31週6日)の朝、赤ちゃんが大きく動いた感覚があり、先生に逆子なおっているねと言われました。
32週以前だと自然に頭位になることが多いとは言われていたので、1回の治療が効いたのかは分かりませんが、なおるか不安だったので、鍼灸と家でのお灸をやってみて良かったと思います。ありがとうございました。

関連記事

▶ 逆子のお灸

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。
頭痛、肩こり、腰痛など日常的な症状から不妊症、逆子、更年期障害などの婦人科系の鍼灸治療を行っている。

「逆子のお灸は早ければ、早いほど戻りやすいので、ぜひご相談ください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

関連記事