坐骨神経痛治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


坐骨神経痛の鍼灸治療

坐骨神経痛の中国鍼灸治療

福岡の坐骨神経痛の鍼治療について

当院が施術する「特殊中国針治療」は中国で開発された針麻酔という技術を応用した治療法です。
坐骨神経痛のツボに針を刺し、微弱な電流を流すことで、坐骨神経の血流を促進します。
それにより、針麻酔効果を高めることで、坐骨神経痛症状を緩和、改善していきます。

坐骨神経痛の発表
「坐骨神経痛・環跳穴低周波鍼通電療法施術前・後の血中セロトニン値の変動」

目次

坐骨神経痛とは

痛みの部位から見た坐骨神経痛のタイプ

坐骨神経痛の原因
坐骨神経痛を引き起こす筋肉
坐骨神経痛とツボの関係
坐骨神経痛の中国針通電療法
治療効果

症状改善後
症例
中国鍼灸治療が適応・不適応な坐骨神経痛
坐骨神経痛治療のQ&Aとブログ

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経は、腰椎から出て、お尻、太ももの後ろ、膝、ふくらはぎ、足の先まで云っている末梢神経です。

 

主な坐骨神経痛の症状

・腰、お尻から太もも後面、すねの外側、足の裏つま先にかけての痛み、しびれ等。
・坐骨神経に沿って指で押さえると痛いところがある。
・立ち上がる時、歩く時、横になったりする時に痛みがひどくなる。
・ひどい時は歩くことも困難で、眠れないほどの痛みやしびれがある

痛み・痺れる部位から見た坐骨神経痛のタイプ

坐骨神経痛による痛みやしびれは腰・お尻から下肢にかけてですが、4タイプに分類することができます。

タイプ別坐骨神経痛
タイプ
症状
 
後側型
腰・お尻・太もも後ろ・ふくらはぎに痛み、しびれや押さえて痛いところがある
 
前側型
腰・お尻とすねにも痛み・しびれまたは押さえて痛いところがある
 
外側型
腰・お尻とすね外側にも痛み・しびれまたは押さえて痛いところがある
 
複合型
後型・前側型・外側型の3つの症状があるもの
 

 

坐骨神経痛の原因とは

坐骨神経痛の原因とは、大きく分けると3つあります。
①背骨の問題---椎間板や変形した骨が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが出現
②筋肉の問題---腰やお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫して痛みやしびれが出現
③内臓などの問題
一般的に①と②が原因であることが多いです。

 

意外に多い筋肉の問題

坐骨神経痛の悪循環図

ぎっくり腰やハードな運動、デスクワークなどの同じ姿勢を長時間していることなどにより筋肉が疲労しコリができます。そのコリが坐骨神経痛を引き起こします。

 

筋肉の問題による坐骨神経痛はMRIなどの精密検査では見落とされがちです。MRIを撮ったが異常なしといわれた場合などがこのタイプであることが多いです。

 

筋肉による坐骨神経痛は痛みが強く腰からお尻、太もも、ふくらはぎ、足首にかけて広範囲に及ぶことが特徴です。

また、椎間板ヘルニア、椎間板変性症、脊柱管狭窄症など背骨の変形などの問題による坐骨神経痛と診断された場合でも同じです。

 

背骨が不安定な状態のため、腰やお尻の筋肉が骨を保護しようとして緊張し、筋肉にコリを作ったり、血流障害を起こすことにより一層坐骨神経痛 症状を強める様な悪循環を形成していきます。

 

中国針治療はこの筋肉の緊張や血流障害を取り除き、坐骨神経痛を改善します。

 

坐骨神経痛の原因の多くが筋肉に関連する記事

★腰椎の異常=坐骨神経痛!?
★大腰筋の萎縮が椎間板ヘルニアを発症
★手術無効例の多くは梨状筋症候群が原因
      詳しくはこちらをクリック

坐骨神経痛を引き起こす筋肉

坐骨神経痛を引き起こすと考えられる筋肉を紹介します。

坐骨神経痛を引き起こす筋肉の紹介
筋肉 症状
①腰方形筋 立ったり座ったりすると痛みます。
②大腰筋 背筋を伸ばすような(気を付けの姿勢)ことが痛くてできず、身体を丸めていると楽です。座っていると楽ですが、立ち上がったりするときに痛みます。ぎっくり腰、慢性腰痛、椎間板ヘルニアの多くがこの筋肉に問題があります。
③中殿筋
④小殿筋
立っていると大丈夫ですが、座っていると骨盤上部に痛みや足にしびれが出現します。お尻の外側あたりを押さえると痛いところがあり、無意識に揉んだり、叩いたりしていることが多い。
⑤梨状筋 お尻の真ん中あたりを押さえると痛みがあります。太もも後面、足裏や指までしびれが出現します。冷えを伴うものが多いようです。梨状筋症候群の主な原因です。
⑥双子筋
⑦閉鎖筋
お尻下部から太もも後面付近まで痛みます。
⑧大腿二頭筋 お尻と太もも境目あたりから膝裏、ふくらはぎ、アキレス腱付近まで痛みがあります。

坐骨神経痛を引き起こす筋肉についてもう少し詳しく紹介しています。

→ 坐骨神経痛の原因となる筋肉

 

 

坐骨神経痛とツボの関係

坐骨神経痛によく効くツボ

身体には361個のツボがあるとされています。東洋医学、特に針灸治療ではこれらのツボに針を刺したり灸をすえたりして治療していきます。

 

坐骨神経痛には坐骨神経に沿ったツボがよく用いられており、坐骨神経痛発症時には右図の●印周辺を指で押さえると特に痛く感じます。 主にお尻のツボ(殿圧、胞肓、秩辺、環跳)や下肢(殷門、外承筋)などです。

 

そのツボが坐骨神経痛によく効くツボとなります。病状が重いほど指で押さえると痛い●印部が多くなります。病状の軽いものや再発を繰り返す慢性の方の場合は押さえて痛い所が少ない傾向にあるようです。

 

 

坐骨神経痛の中国特殊鍼治療

中国鍼治療

坐骨神経に向けて中国針を刺入して、坐骨神経が分布しているお尻・太もも・ふくらはぎ・すね・足の裏に刺激を送ります。

 

これにより足全体がピクピク動き、硬くなった腰部や太ももの筋肉を緩ませ、坐骨神経血流を増加させることにより神経根や坐骨神経の炎症、浮腫を取り、早期に坐骨神経痛を改善していきます。

 

中国針灸治療では秩辺、環跳などのツボへ針を刺します。これらのツボ付近には坐骨神経や陰部神経が存在しています。

 

色々な治療を試したが効果がない方や手術をするかどうか悩んでいる方は一度中国針通電療法を受けられることをお勧めいたします。

(女性には治療着をはいていただきます)

治療効果

坐骨神経痛を発症する原因や症状の程度に違いがあるように、改善する経過もそれぞれです。
急性のほうが慢性より治りが早く、軽度の痛みのほうが重度の痛みより治りが早いです。

 

急性の場合や痛みの強い時はできるだけ間をあけずに、特に最初の1~5回くらいは毎日もしくは隔日で治療を行うほうが効果的です。

 

慢性の場合は治療回数がかかりますので、週1~2回のペースでじっくりと治療していきます。治療間隔があき過ぎると、症状が改善するまでに時間がかかります。

 

週2~3回治療を行った場合に症状がある程度落ち着くまで(効果には個人差があります)
・腰部・お尻の筋肉の緊張や椎間板ヘルニアが原因―――1~6回程度にて痛みしびれ改善
・椎間板ヘルニアや筋肉・神経のなんらかの原因―――6~10回程度にて痛みしびれ改善
・椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症・椎間板症等が原因―――10~20回程度にて痛みしびれ改善

症状改善後

症状改善後は再発防止や現状を維持していくかが大事です。

 

一般的には改善後は治療の必要はありませんが、普段からデスクワークなどで坐骨神経への負担が多い姿勢をとっている方の場合は、疲れがたまると坐骨神経痛が再発する方がいます。

 

少し調子が悪いなと思った時は、中国鍼治療をすることで再発を防止することができます。

 

急性の坐骨神経痛の場合

筋肉的な問題だけの場合であれば、症状が改善すれば治療は必要ありません。

しかし、デスクワークなどの長時間の同一姿勢や反復したハードな運動が原因である場合は日常生活を見直す必要があります。

 

自宅にてストレッチやお灸をしたり、月1~2回程度の針灸治療にて問題のある筋肉のメンテナンスを行うことで再発を防ぐことができます。

 

慢性の坐骨神経痛の場合

椎間板変性症や脊柱管狭窄症などによる慢性的な坐骨神経痛では、週1回~2週に1回程度の鍼灸治療をおこないます。

 

また自宅にてお灸やストレッチを行うことで、症状の改善、現状維持、再発を予防します。

 

お灸をすえるツボなどは当院にて指導いたします。

 

 

症例

当院では多くの坐骨神経痛を治療させて頂いていおります。
坐骨神経痛の主な原因である①筋肉②椎間板ヘルニア③脊柱管狭窄症などに分類して、
その数例をご紹介します。

①筋肉の問題による坐骨神経痛

ぎっくり腰からはじまった坐骨神経痛 
患者 31歳 男性 運送業
主訴 両下肢の痺れ(左下図参照 ●痛む部位)
状況 1ヶ月ほど前の6月末に荷物を持ち上げた際、腰に激痛が走り、ぎっくり腰のような状態となり、整形外科にて鎮痛剤、湿布を処方される。
しかし、痛みは軽減せず、その後お尻から太もも外側、ふくらはぎ外側に痛み、痺れを感じだした。
そして7月末頃から立っていることもできず、この1週間ずっと身体を丸めて横向きで寝たままである。
治療経過 8月2日から坐骨神経特殊針通電療法を開始する。第1回目の治療後、両下肢のしびれが半減した。
第2回(治療開始から4日目)、第3回(6日目)と治療のたびに著明な症状の改善がみられ、第4回目(7日目)には両下肢ともほぼしびれが消失した。
左のおしりにまだ痛みがあり、左のみ治療を行い、第5回目(10日目)にて痛みは消失し終了とした。その後、坐骨神経痛の再発はない。(下記グラフ参照)

治療前の坐骨神経の痛み(しびれ)を10として、患者さん本人がその10の痛みから比較して治療後の痛みがどのくらいであるかを数値化したグラフ。
第1回目の治療で両下肢ともしびれが半減し、その後治療のたびにしびれが減少している。

坐骨神経痛の症例1

 

 

 

特に思い当たる原因もなく始まった坐骨神経痛

患者 44歳 男性 営業
主訴 右お尻、太もも裏の鈍痛(左下図参照 ●痛む部位)
状況 2ヶ月ほど前から右お尻、太もも裏に鈍痛がある。
特に座ったり、立ったりするとその痛みが強く感じる。
思い当たる原因はないが、仕事が営業職で長時間のデスクワークや
運転などをすることがよくある。
治療経過 坐骨神経特殊針通電療法を開始する。
第1回目の治療直後、右下肢が重く感じたが、しばらくすると改善した。
2回目の治療で痛みが7~8割改善、3回目の治療でほぼ痛みがなくなり治療
を終了とした。(下記グラフ参照

坐骨神経痛の症例2

 

 

 

尻もちをついてから始まった坐骨神経痛、座るとふくらはぎが痛み出す

患者 59歳 女性 主婦
主訴 左下肢の痛みと痺れ、座ると痛みが出てくる(左下図参照 ●痛む、しびれる部位)
状況 2週間前にお風呂場で滑って尻もちをついてから左足にビリビリ激痛としびれ感がでてくる。特に座ると下肢の痛みが強くなる。
整形外科でMRI検査を受けたところ、「骨と骨の間が狭くなっている(椎間板ヘルニア?)」と言われる。牽引、ブロック注射、マッサージを行うが改善しないため、当院を受診。
治療経過 7月13日から坐骨神経特殊鍼通電を開始する。
7月20日(治療5回目)には長時間座ることができるようになる。
その後週2~3回ペースでの治療を行い、8月25日(治療15回目)には足の痛みはほぼ消失、腰に痛みがあるので数回治療を行い、治療終了とした。その後、坐骨神経痛の再発はない。

坐骨神経痛の症例3

 

 

 

②椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛


痛みで眠れない坐骨神経痛

患者 35歳 女性 事務職
主訴 すねの外側から外くるぶしにかけて激痛(左下図参照 ●痛む部位)
状況 3ヶ月前にぎっくり腰をおこしてなんとなく腰やお尻に違和感があった。
3日前に突然すねの外側から外くるぶしにかけて激痛がはじまる。
病院にて検査を受けた結果L5-S1の椎間板ヘルニアと診断される。
痛み止めの薬を飲みしばらく様子をみることに。
場合によっては手術の可能性もあるとのこと。薬を服用するが、くるぶし付近の激痛で夜は30分も眠れない。
治療経過 当院での治療1回目終了の夜は1時間ほど眠ることができた。
数回治療しているうちにだんだん痛みの程度も軽くなっていき、それに伴い眠れる時間も長くなる。
7回治療後にはほぼ痛みもなくなり治療終了とした。(下記グラフ参照)

椎間板ヘルニアの症例1

 

 

 

長時間のデスクワークが坐骨神経痛を誘発、腰から足の裏まで痛みとしびれ。

患者 40歳 男性 事務職
主訴 腰、右尻、太もも裏、ふくらはぎ、足の裏の痛みとしびれ(左下図参照 ●痛む部位)
状況 半年程前から腰に鈍痛があり、整形外科にてL4-5、L5-S1の椎間板ヘルニアと診断される。
最近は5分くらい立っていると右足全体がしびれてくるため、ブロック注射を数回受けるが効果が感じられない。
治療経過 当院での治療3回目まではさほど変化はなかったが、4回目以降から若干だが痛みが軽減しはじめ、夜も眠れるようになってくる。
7回目には痛みが半減した。9回目には立っていても耐えれるくらいの痛みとなる。13回目にはほぼ問題なく過ごせるようになり治療を終了とする。
その後、腰に違和感を感じたときに治療をし坐骨神経痛の再発はしていない。(下記グラフ参照)

椎間板ヘルニアの症例2

 

 

 

 

椎間板ヘルニアの手術を回避できた坐骨神経痛

患者 58歳 男性 教師
主訴 腰、右尻、ふくらはぎ、足の小指側にかけての痛みとしびれ(左下図参照 ●痛む部位)
状況 10年程前から100メートルくらい歩くとふくらはぎに痛みがでる症状があったが、そこまでひどくなかったのでそのままにしていた。
1ヶ月前からどうしようもないくらいの痛みとしびれがが腰からふくらはぎに出現し、MRI検査を受けたことろL4-5、L5-S1の椎間板ヘルニアと診断された。
入院して点滴、ブロック注射を数回を受けたが改善がみられなかった。
今後は手術をする方針となるが、手術は避けたいとの思いで、当院を受診。
治療経過 当院での治療を10回ほど行い、以前ほどの痛みはなくなり、手術をする必要がなくなった。
1年後腰が痛くなり来院されたがひどい坐骨神経痛は再発していない。(下記グラフ参照)

椎間板ヘルニアの症例3

 

 

 

③脊柱管狭窄症や椎間板症など骨の変形による坐骨神経痛

 

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛 症状が改善

患者 56歳 男性 建築関係 脊柱管狭窄症
主訴 右足すね外側の痛み(左下図参照 ●痛む部位)
状況 特に思いあたる原因もなく、数十メートル歩くと右下肢のスネ外側に痛みが起こる。
しばらくその場でしゃがみ込んでいると、痛みがやわらぎ再び歩くことが可能となる。整形外科にて脊柱管狭窄症と診断され、牽引などを行うがさほど症状に変化は見られない。
治療経過 当院での治療6回まではあまり症状に変化はなかった。
治療7回目以降徐々に歩いて痛くなるまでの距離が長くなってきた。
15回目には1キロ歩いても大丈夫になる。
20回目からは平坦な道ではほとんど問題なく歩けるようになる。
現在、現状維持のために、2週に1回程度の間隔で来院されている。

 

 

 

 

骨の変形(変形性脊椎症)による坐骨神経痛

患者 62歳 男性 無職 変形性脊椎症
主訴 腰から足首にかけての痛みとしびれ(左下図参照 ●痛む部位)
状況 15年ほど前から軽いヘルニアと診断されていた。
3年前から痛みが強くなり、MRIの結果、骨の老化から来ていると診断され、筋肉を鍛えるよう助言される。
その後、カイロプラクテッィク治療院を数軒行ったが、根本的な症状の改善はしなかった。
いつも腰におもりをぶら下げてるような感覚があり、数十メートル歩くと両足がしびれて歩けなくなる。当院には杖をついて来院。
治療経過 初めのうちは週2回の治療を行う。
1ヶ月後には全体的に痛みが軽減し、痛いときで以前の8割、軽いときで4割程度になる。来院時にも杖が必要なくなるくらいになる。
その後、一進一退を繰り返しながら、少しずつ痛みが軽減。半年程治療(30回)を行いほぼ痛みもなくなり、治療を終了。
現在、自宅にてお灸をすえている。治療終了から半年後連絡があり、坐骨神経痛は再発していない。

 

その他の坐骨神経痛の症例はこちらで紹介しています。

 

中国鍼灸が適応・不適応な坐骨神経痛

中国特鍼灸治療は梨状筋症候群、椎間板ヘルニア、椎間板変性症、脊柱管狭窄症など筋肉の問題や背骨の問題による腰、お尻から下肢にかけての痛みや痺れに有効です。

 

ただし効果はそれぞれ異なります。その人の仕事など生活環境も大きく関わってきます。
治療効果は症状が消失するものからおおよそ改善するものまであります。

 

また、症状の改善が見込めないもの(不適応)があります。不適応なものとしては、大小便がコントロールできないくらい重度の椎間板ヘルニアや内蔵の問題です。
医療機関にて適切な治療をお受けください。

 

鍼灸治療の適応不適応の坐骨神経痛

坐骨神経痛治療のQ&Aとブログ

中国鍼灸による坐骨神経痛についてのよくある質問などはこちらをご覧ください。

 

 

福岡の坐骨神経痛の鍼灸治療について

 

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費