頚椎症・頚肩腕痛

頚椎症・頚肩腕痛

福岡で頚椎症の鍼灸施術を受けたい方へ

福岡・天神にある当鍼灸院では頚椎症・頚椎ヘルニアによる首・肩・肩甲骨・腕・手にかけての痛みやしびれに鍼灸施術を行っています。
鍼灸施術では頚部神経根や腕神経叢の炎症、浮腫を改善することで、早期に首から肩・腕・手指の痛みやしびれ等を軽減していきます。
福岡で頚椎症性神経根症・頚椎ヘルニアなどでお悩みの方はぜひ当鍼灸院にご相談ください。

頚椎症・頚肩腕痛とは

頚椎周辺の異常が発症原因とされるもので、肩こり、首から肩・腕・手指に痛みやしびれ、脱力感、冷えなどがあります。

症状の程度は様々で、激しい痛みのために眠れないものや、単に指にしびれを感じるだけのものもあります。

主な原因としては、頚部神経根障害、胸郭出口症候群などがあります。

主な原因

  1. 筋肉の問題:首まわりの筋肉が腕の神経を圧迫して痛みやしびれが出現
  2. 骨の問題:頚椎の椎間板や変形した骨が腕の神経を圧迫して痛みやしびれが出現
①筋肉の問題
胸郭出口症候群、斜角筋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群
②骨の問題
頚部神経根症(変形性脊椎症)、頚部椎間板ヘルニア、頚椎捻挫、むちうち症

胸郭出口症候群

長時間のデスクワークなどにより首から肩にかけての筋肉が硬くなります。

それにより首の筋肉(斜角筋など)が首と鎖骨の境界付近にある腕神経叢および鎖骨下動脈、腋下動脈を圧迫し、首肩こり、首・肩・腕の痛み、しびれ、脱力感、冷感があります。

胸郭出口症候群は比較的女性に多いです。

年齢は10代~40代に多く、特に20代女性に最も多いです。

胸郭出口症候群の主な症状

【主な症状】
・首が重くだるい
・肩甲骨の周りにこわばりと痛みがある
・腕や手の指にだるさや腫れぼったさがある
・指先が冷たい、肩から指に走るような痛みとしびれがある

首から胸にかけての圧迫される部位により①斜角筋症候群②肋鎖症候群③過外転症候群の3つに分類できます。

①斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)
前斜角筋と中斜角筋の間の腕神経叢が圧迫されると起こり、手の薬指、小指にしびれや痛みがおき、握力も弱くなります。なで肩の女性に多く見られ、長く肩を下げていると症状が悪化します。
②肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)
鎖骨と肋骨のすき間で鎖骨下動脈や腕神経叢が圧迫された時、指先に軽いしびれと血行不良をおこします。疲労、姿勢などの変化で肩が下がるとおこりやすいようです。
③過外転症候群(かがいてんしょうこうぐん)
肋骨と肩甲骨の間にある小胸筋の下や第一肋骨と鎖骨の間で腕神経叢や鎖骨下動脈が圧迫されると指先に血行障害、しびれや痛みが起こります。バンザイやつり革につかまるような体勢をとると腕がしびれます。

頚椎神経根症・頚椎ヘルニアの症状と部位

頚椎の変性や頚椎ヘルニアにより頚椎の神経根が圧迫を受け、その神経根が分布する範囲に症状が出現してきます。
首・肩のこり、腕の重だるさや痛み、脱力、筋萎縮、手指のしびれ、こわばりなどの症状が出現します。

頚椎の5・6番間(橈側型)に問題があることが多く、次いで6・7番間(正中型)、7・8番間(尺側型)です。
腕から手指にかけての症状は大きく分けて3パターンあります。

頚椎症の症状部位別

頚椎症・胸郭出口症候群の鍼灸

頚椎症の鍼灸施術は首や肩・肩甲骨・腕にかけての痛みやしびれのある部位を中心に鍼をしていきます。
また、痛みやしびれの原因となっている部分(頚部神経根)に鍼をすることで、早期に首から肩・腕・手指の痛みやしびれ等を軽減してきます。

鍼をすることで、筋肉が緩み、血流がよくなると、痛みやしびれが薄れていきます。

頚椎ヘルニアによる痛みやしびれにおいても鍼灸による効果がありますで、鍼灸施術をおススメします。

症例

肩こりが酷くなりすぎて肩甲骨、腕がおもだるい

患者
30才 女性 事務 福岡市在住
主訴
左首から肩のこり、腕から親指にかけての痛みとしびれ

状況
もともと肩こりはあるが、この1週間仕事が忙しく、毎日パソコン作業をしていた為、首・肩のこりがひどくて肩甲骨、左腕にかけて重いだるい感じがではじめた。 福岡市内の整形外科での検査では骨には異常がないので湿布を処方されるが、症状に変化はない。
鍼灸施術
第1回目の鍼灸施術で肩こり・腕のだるさが半減し、その後、2回施術したところでほぼ症状がなくなったため、施術を終了する。

頚椎症からくる手の痛みとしびれ

患者
45才  男性 営業 福岡市在住
主訴
左首から肩のこり、腕から親指にかけての痛みとしびれ

状況
1ヶ月ほど前に左上肢から親指・ひとさし指にかけて痛みとしびれを感じた。最初は湿布などを貼って、すぐに治ると思っていたが、だんだん痛みが強くなっていき、夜も眠れないくらいの痛みとしびれがでてきた。 整形外科にてレントゲンを撮ったところ、頚椎の5番6番間が狭くなっており、そこから来る手のしびれと診断された。 マッサージや電気施術等を受けたがあまり改善がみられない。
鍼灸施術
第1回目の鍼灸施術で手の痛みが2割減し、施術のたびに痛み、しびれは消失していき、夜も眠れるようになる。 5回目の鍼灸施術で首肩のおもだるさもとれ、首が自由に動く感じがしてきた。痛み、しびれはあと3~4割くらいになる。 10回目の鍼灸施術にてほぼ症状は消失し、施術終了とした。

頚椎ヘルニアによる腕と指先の痛みとしびれ

患者
40歳 女性 福岡市在住
主訴
右腕から指先に痛みとしびれる

状況
10年前から頚椎ヘルニアがあり、疲れがたまると肩こりがひどくなり、右腕が痛くなる。その後は良かったり悪かったりを繰り返してきていたが、ここ数年は比較的痛みも少なく落ち着いていた。 2週間前から疲れがたまり右肩、腕から指先に痛みを感じている。夜寝返りをうつときに痛みで目が覚めることがある。 整形外科で検査を受けたところ「第5-6の頚椎ヘルニア」と診断される。
鍼灸施術
1回目の鍼灸施術直後に肩が軽くなるのを実感する。 週2回の鍼灸施術をしばらく続け、鍼灸施術6回目にはかなり痛みが軽減した。指先のしびれは依然感じる。 鍼灸施術10回目で指先のしびれが徐々に薄くなっていることを実感する。その後3回鍼灸施術した時点でほぼしびれが気にならなくなったきたので、様子をみることにする。

胸郭出口症候群による腕と指先の痛みとしびれ

患者
30才  女性  福岡市在住
主訴
左首から指先にかけての痛みとしびれ

状況

3か月前から左首から腕、指先にかけての痛みとしびれが出る。福岡市内の整形外科にて胸郭出口症候群と診断され、投薬、リハビリを受ける。また鍼灸院や整骨院での施術も受けていた。発症当初よりは痛みやしびれは軽減しているが、まだ日常生活を送るうえで、気になるくらいの症状が残っている。

鍼灸施術

初回鍼灸施術後、3日程経った時、気が付くとあれだけ悩まされていた痛みやしびれはほとんど消失する。2回目の治療後も、翌日にはさらに症状が改善し、ほぼ痛みとシビレがなくなる。

 胸郭出口症候群の症例について