腰痛 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


福岡の鍼灸院

»腰痛

寒くなると身体の中で痛くなるところTOP5

投稿日:2017年11月29日

寒くなると身体の色々なところが痛くなってしまいます。

  

当院にも体のあちらこちらの痛みを訴える方が多く来院します。

その中で、「寒くなると痛くなるところTOP5」をランキングしてみました。

またその痛みに効くツボも紹介してみます。

 

 

実は、この「寒くなると痛くなるところTOP5」は「KBCラジオ・パオーン」から取材を受け、昨日放送されました。

 

名称未設定-2 

私は登場しませんが、KBCラジオ・パーソナリティの沢田幸二さん達が面白く話しています。

興味のある方、ぜひお聞きください! 所要時間は12分34秒です。

 

 

 

 ↓ラジオはこちらで聞けます↓

 

 

 

寒くなると身体の中で痛くなる部分TOP5&痛みに効くツボ

 

 

寒くなると身体のいろんなところが痛くなります。

首・肩・腰・膝などなど。なぜ、寒くなると痛くなるのでしょうか?

その主な原因は血行が悪くなるからです。

 

寒いとどうしても身体全体が縮こまってしまいます。血管も収縮するため、血流が悪くなります。

そうすると、体全体に栄養が行き渡らなくなったり、滞ります。

 

また、寒いと部屋の中に閉じこもりいつもより体を動かさなくなります。

そうすると、筋肉も硬くなってしまい。いざ動かすといつもよりも負担がかかってしまうために、筋肉や関節が悲鳴を上げてしまうからです。

 

当院で寒くなるとよく治療をする症状とそれに効果的なツボをご紹介します。

 

 

寒くなると痛くなる場所

 

 

 

 

1位 腰(ギックリ腰・腰痛) 

 

寒くなると多くなるのがギックリ腰!
体が冷えて、腰の筋肉もガチガチになっています。そこに、ちょっとした動作でギクッとやってしまいます。

 

ギックリ腰や腰痛を起こす方はふくらはぎがガチガチになっている方が多いです。

 

腰の調子がおかしいと思ったら、ふくらはぎを優しくマッサージしてください。
ガチガチだった腰が緩んできますよ!ふくらはぎには承山というツボがあります。

 

→ ぎっくり腰・腰痛の鍼灸治療

 

 腰痛に効くツボ 承山

 

 

2位 首・肩(肩こり)

 

寒いと、どうしても首や肩に力が入りがちです。
それが肩こりの原因にもなります。

 

首の後ろにある大椎というツボにカイロを貼ると、体全体が温まり、肩こりも解消されます。

寒がりで肩こりさんにはおススメのツボです。

 

あと、風邪の引きかけで、体がゾクゾクとした時にもこのツボにカイロを貼っておくと、風邪がひどくならずにすむことがありますよ!

 

→ 肩こりの鍼灸治療

 

大椎

 

 

3位 目(眼精疲労)

 

冬はこたつに入って、みかんを食べながらテレビを見ている方が多いのではないでしょうか?

今は、暖房の効いた部屋でスマホをカチャカチャいじっている方が多いですかね。

 

そういう生活を送っていると目が疲れてきます。
目を開けておくのが辛くなったり、ひどい方は、目の奥が痛いという方も!!

 

→ 眼精疲労の鍼灸治療

 

 眼精疲労に効くツボ

 

目頭にある攅竹(さんちく)とういうツボをやさしく指圧してください。目の奥にズーンとした刺激が伝わり、目の疲れが緩和します。

 

 眼精疲労に効くツボ 合谷

あと、親指と人差し指の間にある合谷(ごうこく)というツボも一緒に指圧するとイイですよ。

合谷は美顔のツボです!女性におススメ!

 

 

4位 お尻・足(坐骨神経痛) 

 

忘年会・新年会などで居酒屋で長時間あぐらをかいて座っていたり、長時間のデスクワークや車の運転などするとお尻の筋肉が固ってしまいます。

 

お尻や足が痛くなったり、しびれる方が増えます。それは坐骨神経痛かもしれません。

 

お尻の筋肉を優しくマッサージしてください。仰向けのなってお尻の下にテニスボールをおいてコロコロ転がすと、痛いところにあたって痛気持ちいですよ。

 

坐骨神経痛には外くるぶしにある崑崙(こんろん)というツボが効果的です。

 

→ 坐骨神経痛の鍼灸治療

 

 坐骨神経痛に効くツボ

 

 

5位 肩(四十肩・五十肩)

  

特に原因もなく、肩が痛くなる四十肩!ワイシャツの袖に腕を通す瞬間、100円パーキングで駐車券を取ろうと手を伸ばした瞬間、肩に激痛!!

 

ひどい方は熟睡中に寝がえりを打った瞬間にも激痛が!!

 

→ 四十肩・五十肩の鍼灸治療

 

 手三里

肘のそばにある手三里というツボをマッサージしてください。

 

 

寒くなると痛くなるところはこれら5つ以外にもたくさんあります。

寒くなると身体のどこかが痛くなる方は、ぜひご相談ください!

 

そして、ツボ押しで寒い冬を乗り越えてください!

 

 

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。

 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

 

「なかなか改善しない症状でも鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

 

 

 

カテゴリー: ぎっくり腰, 坐骨神経痛, 目の奥の痛み, 福岡の鍼灸院, 腰痛, 頚椎症  | タグ: , , , , ,
MRIやレントゲンで異常がない坐骨神経痛とは?

投稿日:2017年11月17日

MRI異常なしの坐骨神経痛

腰痛、お尻から太ももにかけての痛みやしびれなどの症状があれば、それは坐骨神経痛の可能性が高いです。

「坐骨神経痛」になれば、一般的にはまず整形外科に行き、診察してもらいます。

 

まずはレントゲン。そしてもう少し精密検査をということで、MRIを撮ることが多いと思います。

これらの検査は、坐骨神経痛の原因がどこから来ているかを調べる必要があるからです。

 

レントゲンは骨や椎間板の状態が分かりますが、

MRIは腰の深部にある筋肉、骨、椎間板、神経などの状態を見ることができます。

 

そのため、MRIは椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離、すべり症などの可能性があるかを調べることができます。

これらは、坐骨神経痛の原因としてよく考えられているものです。

 

 

 

「レントゲン、MRIで異常なし」の坐骨神経痛とは? 

 

 

「腰からお尻にかけて痛い・・・」

「お尻から太もも裏がしびれる・・・」

「腰は痛くないが、ふくらはぎの外側しびれる・・・」

 

なのに、

「レントゲン、MRIをとっても異常なし」

 

お医者さんから

「坐骨神経痛ですね」としか言われていない。

「鎮痛剤と湿布を処方されたけど、痛いし、しびれる・・・」

 中には「原因不明の坐骨神経痛と・・・」

 

 

 

MRI、レントゲンで異常がないけど、坐骨神経痛って意外に多い 

 

原因不明の坐骨神経痛

実は、意外に多い「原因不明の坐骨神経痛」 

そもそも、腰痛の85%は原因不明と言われています。
そして、残りの15%くらいが椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症・腰椎分離・すべり症など坐骨神経痛の原因とされるものです。

 

なので、

「レントゲン、MRIで異常なし」

「坐骨神経痛としか言われなかった」

「原因不明の坐骨神経痛」

と言われる人が多いはずです。

 

 

 

原因不明の坐骨神経痛の原因は??

 

 

 

原因不明の坐骨神経痛の方を治療していると、多くの方が腰からお尻にかけての筋肉が硬くなっています。

実はこの硬くなった筋肉が原因不明の坐骨神経痛の原因です。

 

 

坐骨神経痛を起こす可能性のある筋肉

坐骨神経痛を起こす筋肉

 

 

坐骨神経は腰からお尻、太もも、ふくらはぎ、そして足先にかけの長い神経です。

この神経は、筋肉の間をすり抜けるように通っていきます。

 

そのため、腰からお尻にかけての筋肉が硬くなると坐骨神経は締め付けられ、悲鳴を上げます。

それが、痛みやしびれとなって現れます。

 

 

 

硬くなった筋肉を緩める鍼灸治療

 

 

硬くなった腰からお尻にかけての深部の筋肉を緩めるには鍼灸治療が効果的です。

直接、悪い部分に鍼をすることで、効率的に筋肉が緩んでいきます。

そして、坐骨神経への締め付けも緩むため、症状も徐々に改善されてきます。

 

「レントゲン・MRI異常なし」「原因不明の坐骨神経痛」はぜひ鍼灸治療を受けられることをおススメします。

 

詳しくはこちをご覧ください。

→ 坐骨神経痛の鍼灸治療

→ 坐骨神経痛に鍼治療が効くワケ

 

動画もご覧ください。

 

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。

 

肩こり、腰痛など日常的な症状から坐骨神経痛による痛みやしびれの鍼灸治療を行っている。

 

「なかなか改善しない坐骨神経痛でも当院の鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてほしい」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 大腿神経痛, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 腰痛  | タグ: , ,
腰が抜けるような腰痛と鍼灸治療

投稿日:2017年11月07日

腰が抜けるような腰痛

 

「腰が抜けるような感じ・・・」

「腰に力が入らない・・・」

 

ぎっくり腰や慢性的な腰痛で、このように言う方がいらっしゃいます。

 

「腰が痛いというか、力が入らない・・・」

 

 

実は、腰痛にはこのように力が入らないタイプのものがあります。

 

 

 

腰が抜ける腰痛はどこが原因?

 

「腰がに力が入らない」、「腰が抜けるような腰痛」は、腰の筋肉がうまく働いていないために起こります。

 

腰にはいくつも筋肉が重なり合っています。その中でとくに重要な筋肉があります。

腰に力が入らない鍼灸治療 

 

それは、「大腰筋(だいようきん)」です。

大腰筋はインナーマッスルと言われ、腰の深部にある筋肉で、姿勢の維持や下半身の動きとすごく関係しています。

 

この筋肉がうまく働かないと、「腰に力が入らない腰痛」、「腰が抜けるような腰痛」になります。

 

 

 

腰に力が入らない腰痛の鍼灸治療

上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療 

 鍼灸治療では大腰筋へアプローチしていきます。

マッサージや指圧では届かないインナーマッスルに鍼治療をします。また、大腰筋以外の筋肉も鍼灸治療をすることで、腰が抜けたような、力の入らない感じが改善していきます。

 

腰に力が入らない感じでお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

詳しくはコチラ↓

腰痛の鍼灸治療

 

 

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。

 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

 

「現代医学で改善しない症状でも鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてほしい」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

 

 

 

 

カテゴリー: ぎっくり腰, 福岡の鍼灸院, 腰痛  | タグ: , , , ,
腰痛で「レントゲン異常なし」の鍼灸治療

投稿日:2017年11月04日

レントゲン異常なし腰痛の原因とは

 

ぎっくり腰などの急性の腰痛で整形外科でレントゲン撮ったけど、

「異常なし」って言われたけど、どういこと?

 

「腰痛はあるんだけど・・・」

 

実はそういう方は、とても多いです。

 

そもそも、レントゲンって何を調べているの?

 

そういう方もいらっしゃると思います。

 

レントゲンでは、腰の骨の状態を見ています。

 

腰の骨が原因で起きている腰痛かどうかを調べているわけです。

 

例えば、

・腰椎椎間板ヘルニア

・変形性脊椎症

・脊椎分離すべり症

・腰部脊柱管狭窄症

・圧迫骨折

など

 

で、レントゲンで異常がないということは、これらの病気の可能性は少ないとなります。
(もう少し精密検査をしないと分からいこともありますが)

 

 

 

 「レントゲン異常なし」は「どこが異常」の腰痛?

 

骨に異常がなければ、あとは何が問題だから、腰が痛くなるのか?ということになります。

腰のあたりには骨以外に筋肉、神経、内臓などがあります。

 

ぎっくり腰などの急性の腰痛の多くは、主に筋肉または神経や関節などが原因のことが多いように思います。

 

腰にはたくさんの筋肉があります。これらの筋肉が硬くなったり、炎症を起こすことで腰痛が起きます。

 

腰痛を起こす主な筋肉

【腰の筋肉】

・多裂筋・脊柱起立筋・腰方形筋・大腰筋

 

【お尻の筋肉】

・梨状筋・大殿筋・中殿筋・小殿筋

 

 レントゲン異常なし腰痛と鍼灸治療

 

 その他、背骨にある関節が炎症を起こす「椎間関節性腰痛」なども原因として考えられます。

 

 

 

「レントゲン異常なし」腰痛の鍼灸治療 

 

レントゲンに異常がない場合は、主に筋肉の問題が多いため、鍼灸治療では痛みを起こしている筋肉を中心に鍼灸治療を行っていきます。

 レントゲン異常なし腰痛の鍼灸治療

腰痛は・痛い場所がはっきり分かる・漠然と腰が痛い・腰の深部に痛みを感じ等色々あります。

鍼灸治療では的確に患部の筋肉を治療することができますので、非常に効果的です。

整形外科、マッサージ、整体など受けてもなかなか改善されないようであれば、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 ↓詳しくはコチラ↓

 腰痛の鍼灸治療について

 

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。

 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

 

「現代医学で改善しない症状でも鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてほしい」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ぎっくり腰, トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 福岡の鍼灸院, 腰痛  | タグ: , ,
上殿皮神経障害の鍼灸治療

投稿日:2017年10月03日

日常的によく起こる「腰痛」ですが、

レントゲンやMRIなどの精密検査を受けても異常がない腰痛は85%と言われています。

原因が分からない腰痛は実はこんなにも多いんです。

 

 原因不明の腰痛

 

 

原因不明の腰痛は上殿皮神経障害かも

 

原因不明の慢性腰痛の10%は上殿皮神経障害によるものと考えられています。

上殿皮神経は腰の深部からお尻の表面に向かって存在する神経です。

この神経が腰の筋肉などに圧迫されて起こる神経障害を「上殿皮神経障害」と言います。

 

上殿皮神経によって起きる腰痛は腰をひねったり、そらしたりすると、腰の中心から7センチくらい外側(神経が圧迫されている所)に痛みがでます。
また、長時間立っていたり、長時間座っていたりすると痛くなることがあります。

 

上殿皮神経障害による腰痛の特徴

・上殿皮神経が圧迫されているところを押すとそこからおしりにかけて痛みがでる
・長時間、立ちっぱなし、座りっぱなしで痛みがでる
・立ち上がる、座るなどの動作をする時に痛みがでる

 

 

 上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療

上殿皮神経障害は、レントゲンやCT、MRIなどの精密検査ではわかりません。

 

そのため、原因不明の腰痛として扱われてしまうようです。

 

 

 

 

上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療

 

上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療 

 

 

 

上殿皮神経が圧迫されている所を中心に鍼灸治療を行っていきます。

鍼灸治療を行うことで、上殿皮神経への圧迫が緩み、腰痛が改善していきます。

 

レントゲンやMRIなどの精密検査をしても原因が分からない腰痛にお悩みの方は

上殿皮神経による可能性もありますので、鍼灸治療を受けてみてはいかががでしょうか。

 

  

↓↓クリック↓↓

腰痛の鍼灸治療

 

腰痛に関するブログ

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。

 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

 

「上殿皮神経障害が原因の腰痛は鍼灸治療が効果的です。ぜひ鍼灸治療を受けてみてください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 背中の痛み, 脊柱管狭窄症, 腰痛  | タグ: ,
大腿後面の痛み(ハムストリングスの痛み)の鍼灸治療

投稿日:2016年11月16日

マラソンやジョギングをされる方で、太ももの裏が痛いという方がいます。

スポーツをしている人は、太ももの裏のことを「ハムストリングス」と言ったりします。

 名称未設定-1

この太ももの後ろ側にある筋肉、ハムストリングスは半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋で構成されています。 

ハムストリングスが硬くなると、太ももの裏が痛くなったり、ハリ感がでたり、前屈などのストレッチをしても、以前のように手が床につかなくなったりします。

 

 ジョギングでのオーバーワークやデスクワークで長時間同じ姿勢をしている方などは特に硬くなりやすいので要注意です。

 

 

太もも裏の痛みへの鍼灸治療 

 

太もも裏の痛みはハムストリングの硬さも原因ですが、腰や臀部、ふくらはぎなども影響していることがおおいです。

そのため、腰、臀部、太もも、ふくらはぎの筋肉の硬くなっているところを中心に鍼灸治療を行います。

 

 

太もも裏(ハムストリングス)の張り感をとるツボ

 申脈

太もも裏の緊張を取るツボの代表として「申脈(しんみゃく)」があります。

申脈は、外くるぶしの真下で、少しくぼんでいるところです。

このツボは、太もも裏の張りや痛み、坐骨神経痛や腰痛、背中の張り感などにも効果的なツボです。

ぜひ指圧してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ぎっくり腰, トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 背中の痛み, 脊柱管狭窄症, 腰痛  | タグ: ,
筋・筋膜性腰痛症の鍼灸治療

投稿日:2016年10月13日

筋・筋膜性腰痛症は、腰痛の原因としては最も多いです。

筋・筋膜性腰痛とは、簡単に言うと、腰の筋肉の疲れによる痛みです。

腰に負担がかかる作業などをするこで、腰の筋肉が疲れて硬くなることで、血流が悪くなることで起こります。

筋筋膜性腰痛症 

筋・筋膜性腰痛症の主な原因

長時間のデスクワークや中腰姿勢

運動などで腰をよく使う動作を繰り返す

重いものを抱える

肥満・体重増加による腰への負担

などなど

 

 

 

筋・筋膜性腰痛症の原因となる筋肉と鍼灸 

筋筋膜性腰痛症の鍼灸治療

腰にはたくさんの筋肉がありますが、その中でも、筋膜性腰痛症の原因になりやすい筋肉があります。

それは日常生活で負担がかかりやすい筋肉です。

その代表としてあげられるのが、「脊柱起立筋」「腸腰筋」「腰方形筋」「中殿筋」などです。

 

長時間のデスクワークや、中腰での作業などでこれらの筋肉に負担がかかることで、筋・筋膜性腰痛症が発症します。

 

鍼灸治療ではこれらの筋肉に対して、鍼灸治療を行うことで痛みを早期に改善できるようにしていきます。

 

 

筋筋膜性腰痛症の鍼灸治療についてはコチラをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 背中の痛み, 脊柱管狭窄症, 腰痛  | タグ:
椎間関節型腰痛の鍼灸治療

投稿日:2016年10月05日

腰痛(ぎっくり腰)の原因はいくつかあります。

◇椎間関節性

◇筋・筋膜性

◇椎間板性

など

腰の真ん中が痛い

 

 

その中で、「腰の真ん中で、腰とお尻の境目が痛い」という腰痛は、椎間関節型腰痛になります。

椎間関節型腰痛の場合は、背骨と背骨をつないでいる関節に無理な力がかかって、痛みがでます。

痛む場所はちょうど腰とお尻の境目あたりが痛くなります。

 

前屈(お辞儀)や後屈(のけぞる)すると痛みがでる。

椎間関節型腰痛

 

 

 

椎間関節型腰痛の鍼灸治療

 

椎間関節型腰痛の鍼灸治療では椎間関節(背骨と背骨のつなぎ目)の炎症をとること、そしてその関節を支えている腰の筋肉の緊張をとることで、腰の痛みを改善していきます。

  

当院には椎間関節型腰痛で鍼灸治療を受けに来られる方が多くいます。

ぎっくり腰をして、だいぶ症状は改善したけど、腰とお尻の境目のところだけが治らないという方が多いように思います。

椎間関節型腰痛でお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を受けられることをおススメします。

 

詳しくはコチラをクリック→ 椎間関節型腰痛の鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 腰痛  | タグ:
お尻のコリと鍼灸治療

投稿日:2016年10月03日

 

 「お尻がコル??」

「肩がコルは分かるけど、お尻がコルことってあるの?」

 

そう思う方はいるかもしれません。

実はお尻が凝っている人は多いんです。

 お尻

 お尻が凝っている自覚はなくても、お尻にあるツボを指圧していみると、

「痛ッ!」

気づかぬうちに、お尻にコリができているんです。

このレベルであれば、お風呂上りにストレッチをするなどしてお尻の筋肉を緩めていけば大丈夫ですが、

 

お尻のコリがひどくなると、デスクワークなどで長時間座っていると、だんだんお尻が痛くなります。

お尻をグーでトントン叩きたくなります。

 

そして、このお尻のコリがもっと酷くなると、肩こり、腰痛、坐骨神経痛まで引き起こします。

いわゆる「梨状筋症候群」になっていきます。

 

お尻の筋肉は分厚く、何層にもなっているため、深部のコリはなかなか取りにくいです。

鍼灸治療であれば、筋肉の深い部分のコリまでピンポイントで刺激することができるので、

比較的に深部のコリも取れやすいです。

 

デスクワークでお尻をトントンしたくなるコリを感じたら、ぜひ鍼灸治療をおススメします。

 

お尻のコリをとる鍼灸治療はこちらをクリック!!

 

お尻のコリで足のまで痛くなったらこちらをクリック!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症, 腰痛  | タグ:
福岡で電気鍼治療を行っています。

投稿日:2016年05月13日

鍼灸治療法の中に、ツボに刺した鍼に電気を流す治療法があります。

「電気鍼」、「鍼通電療法」、「低周波鍼通電療法」、「パルス鍼」などと呼ばれています。

 この「電気鍼」は筋肉のコリや血流を改善するなどの効果があります。 

 

 

コリや痛みのあるところに鍼を刺して、電気を流すことで筋肉を動かすことで、筋肉内の血流を促進し、疲労物質なども促します。

 

 

電気鍼は特に痛みを軽減させる効果が高く、人間が本来持っている「エンドルフィン」という麻酔効果のある物質の分泌を促進する作用もあります。

 

 

 

 

電気鍼を動画で紹介しています。

肩や腰の凝り固まっている筋肉が電気鍼によってピクピク動くところが分かります。

 

 

 

 

電気鍼を主に使う症状とは

 

電気鍼はコリや痛み、痺れ(神経痛)を伴う症状に主に使用します。

・肩のコリや痛み

・首コリや痛み

・腕の痛みや痺れ

・腰痛

・足の痛み(坐骨神経痛)

などです。

 

 

電気鍼治療は一般的な鍼治療よりも刺激が強いため、敏感な方には行いません。

電気鍼を使用した方が効果的と判断した場合や患者様が希望した場合に行います。

 

 

 

カテゴリー: ぎっくり腰, ゴルフ肘, トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 大腿神経痛, 梨状症候群, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症, 腰痛  | タグ: , ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

MRI異常なし 坐骨神経痛 お尻のコリ,梨状筋症候群 鍼灸 福岡 お尻の痛み 福岡 お灸 かかと 痛み かかとが痛い かかと痛 ぎっくり背中 治療 福岡 ぎっくり背中 鍼灸 福岡 ぎっくり腰 ぎっくり腰 治療 福岡 ぎっくり腰 福岡 ぎっくり腰 鍼灸 福岡 ふらつき めまい めまい 治療 福岡 めまい 鍼灸 福岡 カッピング 福岡 カモガヤ 花粉症 鍼灸 ゴルフ肘 ツボ デスクワーク 坐骨神経痛, デトックス ツボ トリガーポイント鍼治療 福岡 ハムストリングス ツボ,ハムストリングス 張り パーキンソン病 プレ更年期障害 福岡,プレ更年期障害 治療 福岡 ボトックス、顔面けいれん マラソン お灸 ツボ メニエール めまい メニエール病 福岡 メンズ美容鍼 福岡 レントゲン異常なし 坐骨神経痛 三叉神経痛 鍼灸 福岡 上殿皮神経障害 鍼灸 不妊治療鍼灸福岡 不妊症 不妊症 お灸,不妊症 セルフ灸,二人目不妊 お灸 不妊症 鍼灸 福岡 不妊症鍼灸福岡 不眠症 治療 福岡, 不眠症 鍼灸 福岡 中心性網膜症 鍼灸 福岡,中心性漿液性網脈絡膜症 鍼灸 福岡 五月病 ツボ 五月病 鍼灸 交通事故,坐骨神経痛,ふくらはぎの痛み