椎間板ヘルニア - 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


福岡の鍼灸院

»椎間板ヘルニア

大腰筋に効く鍼灸治療

投稿日:2018年04月04日

 大腰筋に効く鍼治療

「腰が痛いけど、マッサージしても改善しない」

「腰になまりをつけたような重たい感じがある」

「腰の奥の方(深部)が痛い、だるい」

「腰が伸びない」

 

大腰筋が原因で起きる腰痛の場合、このように言われる方が多いです。

このような場合は、鍼治療が効果的です。

 

 

大腰筋ってどこ?

 

大腰筋の鍼灸治療

 

大腰筋は腰の深部にある筋肉で、「インナーマッスル」とも呼ばれています。
背骨と両足の骨をつなぐ筋肉で、主に姿勢を保ったり、足を上げる時に使う筋肉です。

この大腰筋に問題が起きると、腰の深部の方が痛くなります。
大腰筋は腰の深部にあるため、腰が痛いんだけど、いくらマッサージをしても改善されにくいです。
そのため、大腰筋を直接施術できる鍼治療が効果的です。

 

 

大腰筋が原因による腰痛の特徴

  

・座った状態から立ち上がる時に腰が痛い、腰が伸びない。

・身体をエビのように丸めて横向きにン寝ているとラク。

・腰の深部の方が重だるい、鉛をつけてるような感じがする。

・腰のどこが痛いか、ハッキリとココと分かりにくい。

・くしゃみなどすると、腰の深部に響く。

 

大腰筋が問題で起きる腰痛の方は、上記のような特徴があります。

 

 

大腰筋に効く鍼灸治療

 

福岡で大腰筋の鍼治療をしています

大腰筋は、腰の深部にあるため、腰の表面をマッサージしてもなかなかその刺激が大腰筋には届きませんが、鍼治療であれば、直接大腰筋に向けて、鍼をすることができます。

そのため、腰の深部のなかなか治らない腰痛を改善することができます。

 

→ 腰痛の鍼灸治療

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 
肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「なかなか治らない腰痛は大腰筋が原因のことがあります。大腰筋に効く鍼治療を受けてみてください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症, 腰痛 |タグ: , , , ,
MRIやレントゲンで異常がない坐骨神経痛とは?

投稿日:2017年11月17日

MRI異常なしの坐骨神経痛   

腰痛、お尻から太ももにかけての痛みやしびれなどの症状があれば、それは坐骨神経痛の可能性が高いです。

「坐骨神経痛」になれば、一般的にはまず整形外科に行き、診察してもらいます。

 

まずはレントゲン。そしてもう少し精密検査をということで、MRIを撮ることが多いと思います。

これらの検査は、坐骨神経痛の原因がどこから来ているかを調べる必要があるからです。

 

レントゲンは骨や椎間板の状態が分かりますが、

MRIは腰の深部にある筋肉、骨、椎間板、神経などの状態を見ることができます。

 

そのため、MRIは椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離、すべり症などの可能性があるかを調べることができます。

これらは、坐骨神経痛の原因としてよく考えられているものです。

  

 

「レントゲン、MRIで異常なし」の坐骨神経痛とは?  

 

「腰からお尻にかけて痛い・・・」

「お尻から太もも裏がしびれる・・・」

「腰は痛くないが、ふくらはぎの外側しびれる・・・」

 

なのに、

「レントゲン、MRIをとっても異常なし」

 

お医者さんから

「坐骨神経痛ですね」としか言われていない。

「鎮痛剤と湿布を処方されたけど、痛いし、しびれる・・・」

 中には「原因不明の坐骨神経痛と・・・」

  

 

MRI、レントゲンで異常がないけど、坐骨神経痛って意外に多い  

原因不明の坐骨神経痛 

実は、意外に多い「原因不明の坐骨神経痛」 

そもそも、腰痛の85%は原因不明と言われています。
そして、残りの15%くらいが椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症・腰椎分離・すべり症など坐骨神経痛の原因とされるものです。

 

なので、

「レントゲン、MRIで異常なし」

「坐骨神経痛としか言われなかった」

「原因不明の坐骨神経痛」

と言われる人が多いはずです。

  

 

原因不明の坐骨神経痛の原因は??

 

  

原因不明の坐骨神経痛の方を治療していると、多くの方が腰からお尻にかけての筋肉が硬くなっています。

実はこの硬くなった筋肉が原因不明の坐骨神経痛の原因です。

  

坐骨神経痛を起こす可能性のある筋肉

坐骨神経痛を起こす筋肉

坐骨神経は腰からお尻、太もも、ふくらはぎ、そして足先にかけの長い神経です。

この神経は、筋肉の間をすり抜けるように通っていきます。

 

そのため、腰からお尻にかけての筋肉が硬くなると坐骨神経は締め付けられ、悲鳴を上げます。

それが、痛みやしびれとなって現れます。

  

 

硬くなった筋肉を緩める鍼灸治療 

 

硬くなった腰からお尻にかけての深部の筋肉を緩めるには鍼灸治療が効果的です。

直接、悪い部分に鍼をすることで、効率的に筋肉が緩んでいきます。

そして、坐骨神経への締め付けも緩むため、症状も徐々に改善されてきます。

 

「レントゲン・MRI異常なし」「原因不明の坐骨神経痛」はぜひ鍼灸治療を受けられることをおススメします。

 

詳しくはこちをご覧ください。

→ 坐骨神経痛の鍼灸治療

→ 坐骨神経痛に鍼治療が効くワケ

 

動画もご覧ください。

  

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 

肩こり、腰痛など日常的な症状から坐骨神経痛による痛みやしびれの鍼灸治療を行っている。

 「なかなか改善しない坐骨神経痛でも当院の鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてほしい」

こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 大腿神経痛, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 腰痛 |タグ: , ,
上殿皮神経障害の鍼灸治療

投稿日:2017年10月03日

日常的によく起こる「腰痛」ですが、

レントゲンやMRIなどの精密検査を受けても異常がない腰痛は85%と言われています。

原因が分からない腰痛は実はこんなにも多いんです。 

 原因不明の腰痛

  

原因不明の腰痛は上殿皮神経障害かも

 

原因不明の慢性腰痛の10%は上殿皮神経障害によるものと考えられています。

上殿皮神経は腰の深部からお尻の表面に向かって存在する神経です。

この神経が腰の筋肉などに圧迫されて起こる神経障害を「上殿皮神経障害」と言います。

 

上殿皮神経によって起きる腰痛は腰をひねったり、そらしたりすると、腰の中心から7センチくらい外側(神経が圧迫されている所)に痛みがでます。
また、長時間立っていたり、長時間座っていたりすると痛くなることがあります。

 

 上殿皮神経障害による腰痛の特徴 

・上殿皮神経が圧迫されているところを押すとそこからおしりにかけて痛みがでる

・長時間、立ちっぱなし、座りっぱなしで痛みがでる

・立ち上がる、座るなどの動作をする時に痛みがでる

  上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療

上殿皮神経障害は、レントゲンやCT、MRIなどの精密検査ではわかりません。
そのため、原因不明の腰痛として扱われてしまうようです。

 

上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療 

上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療 
上殿皮神経が圧迫されている所を中心に鍼灸治療を行っていきます。

鍼灸治療を行うことで、上殿皮神経への圧迫が緩み、腰痛が改善していきます。

 

レントゲンやMRIなどの精密検査をしても原因が分からない腰痛にお悩みの方は

上殿皮神経による可能性もありますので、鍼灸治療を受けてみてはいかががでしょうか。

   

↓↓クリック↓↓

腰痛の鍼灸治療

 

腰痛に関するブログ

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

「上殿皮神経障害が原因の腰痛は鍼灸治療が効果的です。ぜひ鍼灸治療を受けてみてください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 背中の痛み, 脊柱管狭窄症, 腰痛 |タグ: , , ,
デスクワーク中心の仕事はなぜ坐骨神経痛になりやすいのか?その原因とは?

投稿日:2017年05月22日

男性で坐骨神経痛の鍼灸治療を受けに来る方はとても多く、その年齢層は30~60才代です。
そして、その方たちの多くは朝から晩までデスクワーク中心の仕事をしています。

なぜデスクワーク中心の仕事をしている人に坐骨神経痛が多いのか? 

デスクワークと坐骨神経痛

  

デスクワーク中心の仕事が坐骨神経痛を引き起こす

 

「1日中、パソコンの前で仕事をしています」

「営業で長時間、車を運転しています」

これらの共通点は、どちらも座っての仕事が中心です。

座っての仕事は腰やお尻周りの筋肉が硬くなり、坐骨神経痛を発症します。

 

<こんな特徴があります>

◇お尻が痛い、だるい

  • ◇お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏にかけて痛い、しびれる
  • ◇座っていると、痛みやしびれが強くなる
  • ◇お尻をグーでトントン叩きたくなる
  • ◇レントゲン、MRIなどの精密検査で腰の骨には異常がなかった

  

 

お尻の筋肉と梨状筋症候群

 

腰やお尻にはたくさんの筋肉があります。 なかでも、梨状筋を中心とした筋肉が硬くなると、坐骨神経痛を発症します。

 

 お尻の筋肉と梨状筋症候群 

お尻には主に4つの筋肉があります。

・大殿筋(だいでんきん)
殿筋群の中で最も大きく、最も表層にあります。
・中殿筋(ちゅうでんきん)
大殿筋の1つ下層にあります。殿筋群の中で真ん中に位置する筋肉です。
・小殿筋(しょうでんきん)
中殿筋よりも下層にあります。
インナーマッスルと呼ばれる筋肉です。
・梨状筋(りじょうきん)
殿部筋肉の最下層にある筋肉で、小殿筋の更に下を走っています。梨状筋の下には、坐骨神経があります。


梨状筋症候群
梨状筋が硬くなり、真下にある坐骨神経を圧迫することで、坐骨神経痛(お尻、太もも裏、ふくらはぎ、足裏などに痛みやしびれ)症状がでることを「梨状筋症候群」といいます。

梨状筋症候群は「梨状筋」だけが硬くなって起こるわけではなく、大殿筋、中殿筋、小殿筋も硬くなっていることも原因です。

 

鍼治療で深部の筋肉へアプローチ

上図の筋肉へ鍼治療することで、坐骨神経痛は緩和していきます。
お尻にある深部の筋肉は指圧などのマッサージではなかなか届きませんが、
鍼治療であれば、硬くなった筋肉にアプローチすることができます。

top-kaizen1
 ぜひデスクワークによる坐骨神経痛でお悩みの方は鍼灸治療を受けてみてください。

 

クリック→ 坐骨神経痛の鍼灸治療

クリック→ 坐骨神経痛の症例

クリック→ 梨状筋症候群の鍼灸治療 

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 
肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「坐骨神経痛は鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 大腿神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症 |タグ: , ,
大腿後面の痛み(ハムストリングスの痛み)の鍼灸治療

投稿日:2016年11月16日

マラソンやジョギングをされる方で、太ももの裏が痛いという方がいます。

スポーツをしている人は、太ももの裏のことを「ハムストリングス」と言ったりします。

 名称未設定-1

この太ももの後ろ側にある筋肉、ハムストリングスは半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋で構成されています。 

ハムストリングスが硬くなると、太ももの裏が痛くなったり、ハリ感がでたり、前屈などのストレッチをしても、以前のように手が床につかなくなったりします。

 

 ジョギングでのオーバーワークやデスクワークで長時間同じ姿勢をしている方などは特に硬くなりやすいので要注意です。

 

 

太もも裏の痛みへの鍼灸治療 

 

太もも裏の痛みはハムストリングの硬さも原因ですが、腰や臀部、ふくらはぎなども影響していることがおおいです。

そのため、腰、臀部、太もも、ふくらはぎの筋肉の硬くなっているところを中心に鍼灸治療を行います。

 

 

太もも裏(ハムストリングス)の張り感をとるツボ

 申脈

太もも裏の緊張を取るツボの代表として「申脈(しんみゃく)」があります。

申脈は、外くるぶしの真下で、少しくぼんでいるところです。

このツボは、太もも裏の張りや痛み、坐骨神経痛や腰痛、背中の張り感などにも効果的なツボです。

ぜひ指圧してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ぎっくり腰, トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 背中の痛み, 脊柱管狭窄症, 腰痛 |タグ: ,
梨状筋症候群ってどんな症状?

投稿日:2016年10月22日

坐骨神経痛の原因の中で、梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)というのがあります。

坐骨神経痛で病院に行ったらお医者さんから「梨状筋症候群」と言われた方もいると思います。

 

 

 

梨状筋症候群とは

 梨状筋症候群

梨状筋とは、お尻の奥のほうにある筋肉です。

お尻の真ん中にある仙骨という骨からお尻を横切るように太ももの骨にひっついています。

 

この梨状筋の下に坐骨神経が足のほうまで通っています。

そのため、梨状筋がなんらか理由で硬くなると、その下を通っている坐骨神経が圧迫されてしまいます。

そうすると、お尻から太もも、ふくらはぎ、足裏にかけて痛みがしびれがでてきます。

いわゆる「坐骨神経痛」になります。

 

 

 

梨状筋症候群の特徴と鍼灸治療

 

  • ◇お尻が痛い、だるい
  • ◇お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏にかけて痛い、しびれる
  • ◇座っていると、痛みやしびれが強くなる
  • ◇お尻をグーでトントン叩きたくなる
  • ◇レントゲン、MRIなどの精密検査で腰の骨には異常がなかった

 

これらの特徴がある場合は梨状筋症候群の可能性が高くなります。

 

お尻の筋肉と梨状筋症候群

お尻には主に4つの筋肉があります。

・大殿筋(だいでんきん)
殿筋群の中で最も大きく、最も表層にあります。
・中殿筋(ちゅうでんきん)
大殿筋の1つ下層にあります。殿筋群の中で真ん中に位置する筋肉です。
・小殿筋(しょうでんきん)
中殿筋よりも下層にあります。
インナーマッスルと呼ばれる筋肉です。
・梨状筋(りじょうきん)
殿部筋肉の最下層にある筋肉で、小殿筋の更に下を走っています。梨状筋の下には、坐骨神経があります。

 

梨状筋症候群
梨状筋が硬くなり、真下にある坐骨神経を圧迫することで、坐骨神経痛(お尻、太もも裏、ふくらはぎ、足裏などに痛みやしびれ)症状がでることを「梨状筋症候群」といいます。

 

梨状筋症候群は「梨状筋」だけが硬くなって起こるわけではなく、大殿筋、中殿筋、小殿筋も硬くなっていることも原因です。

 

 

 

梨状筋症候群の鍼灸治療

 

梨状筋症候群の鍼灸治療では、この硬くなった梨状筋やその周りにある筋肉にも鍼治療を行っていきます。

硬くなった梨状筋などに鍼が当たると、なんとも言えない重ダルイ感覚を感じます。

特に硬くなっている人ほどその感覚が強いです。

 

しかし、鍼治療後はその重ダルさが徐々に取れていき、お尻から足にかけての症状が軽くなっていることを実感される方が多いです。

 

梨状筋症候群は最初、「お尻がなんか痛い、ダルいな~」からはじまるので、早め早めに鍼灸治療を行っておくと、症状が酷くならないです。

 

 

梨状筋症候群による坐骨神経痛でお悩みの方はぜひ鍼灸治療をお試しください。

 

クリック → 梨状筋症候群の鍼灸治療

        坐骨神経痛の鍼灸治療

 

 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症 |タグ:
トリガーポイントが原因の坐骨神経痛の特徴とは?

投稿日:2016年10月19日

坐骨神経痛を起こす原因はいくつかあります。

・腰椎椎間板ヘルニア

・腰部脊柱管狭窄症

・変形性腰椎症

・腰椎分離症/すべり症

などなど

主に腰の骨などの異常や変形などで腰の神経を圧迫し、坐骨神経痛が起きます。

これらはMRIの検査で診断されます。

 

また、MRIで異常がない場合は、腰、お尻などの筋肉が原因で坐骨神経痛が起きます。

これがトリガーポイントが原因で起きる坐骨神経痛です。

 

実は、椎間板ヘルニアなど腰の骨が問題で起きる坐骨神経痛にもトリガーポイントが原因で坐骨神経痛が起きていることがあります。

 

 

 

 トリガーポイントが原因で起きる坐骨神経痛の特徴

 

img082

◇病院での検査で、腰の骨の異常がないもしくは軽度だった。

◇お尻などを押さえると、坐骨神経痛と同じような痛みがでる。

◇坐骨神経痛の症状に波がある。良い日もあれば悪い日もある。

◇整形外科での治療(鎮痛剤、湿布、牽引、ブロック注射など)で効果がでていない

 

このような特徴がある方は、トリガーポイントが原因の坐骨神経痛の可能性が高いです。

 

 

 

 

トリガーポイントによる坐骨神経痛への鍼灸治療

 

トリガーポイントとは、筋肉の中にできたコリで、そのコリが痛んだりするのと同時にそこから少し離れたところまで痛みがでてきます。

 

例えば、坐骨神経痛のようなふとももや、ふくらはぎなどに痛みを感じますが、原因となるトリガーポイントはお尻のところにあります。

 

このトリガーポイントへ鍼灸治療することで、坐骨神経痛の痛みを改善していきます。

 

椎間板ヘルニアなど骨に異常があったとしっても、トリガーポイントも同時に出来ていることがあります。

そのため、トリガーポインを取り除くと、坐骨神経痛は改善していくことがあります。

 

 

 

 坐骨神経痛の鍼灸治療動画

 

 

詳しくは、こちらをご覧ください!

トリガーポイントについて

トリガーポイントによる坐骨神経痛の鍼灸治療

坐骨神経痛の鍼灸治療

 

 

 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症 |タグ: ,
お尻のコリと鍼灸治療

投稿日:2016年10月03日

 

 「お尻がコル??」

「肩がコルは分かるけど、お尻がコルことってあるの?」

 

そう思う方はいるかもしれません。

実はお尻が凝っている人は多いんです。

 お尻

 お尻が凝っている自覚はなくても、お尻にあるツボを指圧していみると、

「痛ッ!」

気づかぬうちに、お尻にコリができているんです。

このレベルであれば、お風呂上りにストレッチをするなどしてお尻の筋肉を緩めていけば大丈夫ですが、

 

お尻のコリがひどくなると、デスクワークなどで長時間座っていると、だんだんお尻が痛くなります。

お尻をグーでトントン叩きたくなります。

 

そして、このお尻のコリがもっと酷くなると、肩こり、腰痛、坐骨神経痛まで引き起こします。

いわゆる「梨状筋症候群」になっていきます。

 

お尻の筋肉は分厚く、何層にもなっているため、深部のコリはなかなか取りにくいです。

鍼灸治療であれば、筋肉の深い部分のコリまでピンポイントで刺激することができるので、

比較的に深部のコリも取れやすいです。

 

デスクワークでお尻をトントンしたくなるコリを感じたら、ぜひ鍼灸治療をおススメします。

 

お尻のコリをとる鍼灸治療はこちらをクリック!!

 

お尻のコリで足のまで痛くなったらこちらをクリック!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症, 腰痛 |タグ:
女性が坐骨神経痛を悪化させやすくする要因とは?

投稿日:2016年09月02日

 

 名称未設定-1

 

坐骨神経痛は男性・女性にかかわらず発症します。

 

その症状は、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足の裏にかけての痛みとしびれです。

 

一般的にその原因として言われているのが、

・腰椎の椎間板ヘルニアなどの腰付近の背骨に何らかの問題がある場合。

・梨状筋症候群などの腰やお尻にかけての筋肉が坐骨神経を締め付けている場合。

 

 

そして、女性には坐骨神経痛を悪化させやすい要因があります。

 

女性の坐骨神経痛の悪化の要因

・生理不順・生理痛や婦人科疾患などにより下腹部の血巡りが悪くなる

  

・女性ホルモン(更年期障害など)の乱れや自律神経も乱れやすく、体調不良を起こしやすい

 

・妊娠、出産、育児、家事、また年輩の方では孫守り、法事などで足腰への負担がかかることが多い

 

 

 

どうしても、女性ならではの役割があるため、避けて通れないところがあります。

これらが坐骨神経痛の程度を強くしたり、再発させたりする要因となることがあります。

 

 

ただ、鍼灸治療には「血巡りを良くする」、「女性ホルモンや自律神経を整える」、「足腰の筋肉の疲れを回復する」

そいういう効果があります。

 

 坐骨神経痛を発症したら、早め早めに鍼灸治療を受けることをおススメします。

 

 

坐骨神経痛の鍼灸治療 ←クリック

 

 

 

 

 

カテゴリー: 坐骨神経痛, 大腿神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症 |タグ:
椎間板ヘルニアのレーザー手術(PLDD)、ヘルニア摘出後に再発の鍼灸治療

投稿日:2014年01月18日

名称未設定-2腰椎椎間板ヘルニアの整形外科などでの治療では、まず鎮痛薬、湿布、電気、牽引治療などの保存療法を行います。

 

 

しかし、坐骨神経痛などの症状が強く、日常生活に支障をきたす場合などには手術を行うことがあります。

 

手術では直接ヘルニアを除去する手術や椎間板内圧を減らしてヘルニアを引っ込める手術などがあります。
手術後は
腰痛、坐骨神経痛などが改善される方も多いようです。

 

ただ、なかには手術をしても一時的に痛みが取れるだけで、また再発するという患者さんもいるようです。

 

 

今回、当院での鍼灸治療を受けた方も、ヘルニア摘出術1回 、レーザー手術(PLDD)3回行ったそうですが、また坐骨神経痛の症状がでたため、鍼灸治療を受けに来られました。

 

そして、鍼灸治療後は下肢の痛み、冷え、股関節の痛みがほぼなくなりました。

 

 

手術後に再発したなど同じような悩みをお持ちの方、鍼灸治療を受けてみてはどうでしょうか?

 

 

 椎間板ヘルニアの鍼灸治療はこちら

 

 坐骨神経痛の鍼灸治療はこちら

 

椎間板ヘルニアの鍼灸治療

 

 30代 男性 小郡市在住

主訴 ヘルニアによる足への痛み

 

 

過去PLDD(レーザー手術)2回  ヘルニア摘出手術 1回  を受けさらに今回、PLDDを受けました。

手術をしても再発をくり返し、腰の痛み、足への痛みが完全にとれることはなくそれにともない股関節の痛み、足先の冷感などもあり10年程悩まされていました。

 

 

そこで、神にすがる思いで、箱嶌医針堂の中国鍼を受けてみました。

鍼をしてもらってる間はズーンと重い痛みが走りますがその日の夜から、足の冷感は消え、股関節の痛みもほぼとれてしまい、今まで我慢してきた日常生活がバカみたいに思えてきました。

 

手術する前にこちらにうかがっていれば、どれだけ体の負担が

軽くすんだだろうか?と思います。

 

 

 

 

カテゴリー: 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院 |タグ: , , ,

TEL:092-721-0086