福岡の鍼灸院 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


福岡の鍼灸院

目の下のくまに効果的なツボと美容鍼

投稿日:2017年02月20日

目の下のくまに効果的なツボについて。
先日、西日本新聞から取材を受けた内容が掲載されました。

 

 目のくまに効果的なツボ

 

 

目の下のくまは原因によって3つのタイプ分かれます。

血行不良、たるみ・むくみ、色素沈着などです。

対策としては、上記ツボなどを優しく指圧やマッサージされてみてはいかがでしょうか?

 

 熊野タイプと対策

また、美容鍼を行うのも効果的です。

目の周り、頭皮などのツボにすることで、クマを薄くする効果が期待できます。

 

 

美容鍼についてはコチラ

美容鍼灸師による美容ブログはコチラ

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 美容鍼灸  | タグ: ,
腸脛靭帯炎(ランナー膝)の鍼灸治療

投稿日:2017年02月18日

腸脛靭帯炎

膝はマラソンやジョギングなどのランナーがよく痛める部位です。

その中で、膝の外側が痛くなる方がいます。

・走っているとだんだん膝の外側が痛くなってくる

・走り終えた後に膝の外側に痛みが出てくる

・膝の外側を押さえてみると痛い

 

ランニングによって膝周りに起きる痛みなどの障害のことをランナー膝と言います。

  • その中で、ランニングで起きる膝外側の痛みは腸脛靭帯炎です。

 

 

 

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)とは

腸脛靭帯は骨盤にある大殿筋、大腿筋膜張筋という筋肉から始まり、膝の外側につく靭帯です。

その腸脛靭帯は膝の外側を通って脛骨外側にくっつきます。

 

腸脛靭帯炎はランニングで靭帯と膝周りの骨が擦れ合うことで、痛みがでてしまう症状です。

 

 

 

腸脛靭帯炎ランナー膝)の鍼灸治療

 腸脛靭帯炎の鍼灸治療

腸脛靭帯炎を起こす人は、お尻の筋肉(大殿筋や大腿筋膜腸筋など)が硬くなっていることが多いです。

また、膝から下の筋肉も硬くなっているため、腸脛靭帯も硬くなり、膝との擦れ合いやすくなり炎症を起こす原因となります。

 

そのため、鍼灸治療ではお尻から太もも、膝下の硬くなっている筋肉を中心に緩めていきます。
また、直接痛みを感じる部分への施術することで、炎症を緩和していきます。

 

湿布、ストレッチ、電気治療などを行ってもなかなか膝外側の痛みが改善されない方は鍼灸治療を受けて見られてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ランナー膝

膝の内側の痛み(鵞足炎)の鍼灸治療について

 

 

 

 

カテゴリー: ランナー膝, 福岡の鍼灸院, 膝痛  | タグ:
低音障害型感音難聴の鍼灸治療

投稿日:2017年02月14日

蝸牛型メニエル病

突然、耳が聞こえにくくなる病気の1つに「低音障害型感音難聴」があります。

  • ・低音が聞き取りにくい
  • ・「ゴー」という低音の耳鳴りがする
  • ・耳に水が入ったような詰まった感じがする

 このような症状があり、20~40代の女性に発症することが多いです。

 

 低音障害型感音難聴はめまいを起こすメニエール病と病態が似ているために「蝸牛型メニエール」とも呼ばれていますが、めまいを伴うことは少ないです。

 

低音障害型感音障害は症状が軽ければ、治りやすいですが、再発することも多いので、早めの治療が重要になります。

 疲労やストレス、睡眠不足が発症の引き金となるので、疲れをためないように体調管理をすることも大事になります。

 

 

低音障害型感音難聴の鍼灸治療症例

 

40代 女性

主訴:難聴、耳のつまり、耳鳴り

 

子供の部活動の世話などで忙しく、疲れていたところ、10月中旬に突然右耳が聞きとりにくくなり、耳が詰まった感じ、低音のゴーという耳鳴りがする。

しばらく様子をみていたが、改善しないため、耳鼻科を受診し、「低音障害型感音難聴」と診断され、投薬治療を行う。

 

しかし、難聴、耳のつまり、耳鳴りが改善しないため、11月末に当鍼灸院にて治療を開始する。

触診したところ、首や肩のコリがひどかったため、 首や肩こりの改善、自律神経を整えて、疲労回復を促進する鍼灸治療を週2回ペースで行う。

 

なかなか聴力の回復、耳のつまり、耳鳴りの改善が見られなかったが、2月初旬(鍼灸治療開始2か月後)、突然耳のつまり、耳鳴りが消失し、低音が聞こえるようになる。

耳鼻科で聴力検査をおこなったところ、聴力が回復していた。

 

 低音障害型感音難聴の鍼灸治療

 

 

当院の鍼灸治療では首肩のコリを取り、自律神経を整えて体調を整えることで、低音障害型感音難聴からくる症状を改善していきます。

  

低音障害型感音難聴でお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

低音障害型感音難聴や突発性難聴の鍼灸治療の詳細について

→ コチラをご覧ください。

 

  

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感  | タグ: ,
近視性黄斑変性症(脈絡膜新生血管)の鍼灸治療

投稿日:2017年01月26日

ouhan

 

黄斑変性症の一つに「近視性黄斑変性症」があります。

近視性血管新生黄斑症、脈絡膜新生血管などいう場合もあります。

 

近視性黄斑変性症の主な症状

・視力低下
・変視症(ゆがんで見える)
・中心暗点(中心部が暗くなって見えにくい)

などの症状があります。
特に視力が急激に低下しやすい。 

 

近視性黄斑変性症は、網膜の下にある脈絡膜(みゃくらくまく)側から不良な血管が伸びて、出血やむくみが原因で目が見えにくくなります。

加齢性黄斑変性症が50~60歳代に発症しますが、近視性黄斑変性症は、30~40歳代で発症します。

 

   

 

 

近視性黄斑変性症の鍼灸治療

鍼灸治療では、眼底の血流改善を目的として、目の周囲、首や肩背中、手足などのツボに鍼灸治療を行います。

近視性黄斑変性症は目の病気ですが、体全体を整えていことが重要です。

 

 

 

→ 加齢性黄斑変性症の鍼灸治療 ←

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 黄斑変性症  | タグ:
加齢性黄斑変性症の鍼灸治療

投稿日:2016年12月14日

「ゆがんで見える」

「視野の中心がぼやけて見える」

「視野が狭くなっている」

 

黄斑変性症とはゆがんで見えたり、 中心部がぼやけてしまい、視野が狭くなる眼の病気です。

その原因は、年齢とともに網膜の中心部にある黄斑部の機能が低下することによって起きます。

 

 名称未設定-2

 

黄斑変性症は大きく分けると萎縮型と滲出型の2つの種類があります。

 

「萎縮型」は、黄斑の組織が加齢とともに萎縮する現象です。症状はゆっくりと進行し、急激に視力が低下することはありません。

 

「滲出型」は、網膜にある毛細血管が目詰まりすると、網膜細胞は酸素と栄養が不足するため、新しい血管(新生血管)ができて、この血管が黄斑にダメージを与えます。

新生血管は正常の網膜にはない血管で非常にもろく、成分が漏れ出て溜まる、あるいは出血を起こしやすいです。
この血管から出た液体が黄斑の組織に影響し、視覚障害が起きます。

 

 

 

黄斑変性症の鍼灸治療

 

鍼灸治療は目の周り、首、背中、手足などのツボに施術していきます。
それにより、眼の血流を改善することで網膜の状態を整え、視力を維持・改善できるようにしていきます。

また、どうしても良い目のほうを酷使することになり、負担が大きくなってしまいます。
そのため、眼精疲労を予防するような施術もおこなっています。

 

セルフお灸ができそうな場合は、自宅でお灸をしていただくことをおススメしています。

 

 

→ 近視性黄斑変性症 ←

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 黄斑変性症  | タグ:
複視の鍼灸治療

投稿日:2016年12月08日

 ある日突然、あるいは頭をぶつけてから、

「物が二重に見える」

「ダブって見える」

という症状がでることがあります。このような症状を複視(ふくし)と言います。

 

 名称未設定-2

眼球を動かす筋肉をコントロールしている神経に異常があると、眼球を動かす筋肉の動きが悪くなります。(眼筋麻痺)

そのため、左右の目で物を見るという共同作業がうまくできず、「物が二重に見える」ようになります。

 

また、複視は目の筋肉やそれを動かす神経の異常以外にも起こることがあります。

脳神経やその他病気が原因です。

 

  

眼球を動かす筋肉と神経

眼球は6つの筋肉と3つの神経が互いに協調しあって、見ています。

眼の筋肉

「外直筋」「上斜筋」「上直筋」「内直筋」「下直筋」「下斜筋」

眼の神経

「外転神経」「滑車神経」「動眼神経」

眼球と筋肉

複視の鍼灸治療

複視の鍼灸治療では、目の周りの血流を改善すること、そして眼筋や神経が回復するように施術を行います。

首や肩のコリがある場合は、それを改善していくことが重要になってきます。


また、背中、手足などのツボにも鍼灸治療を行ることで、自然治癒力が高まるような施術をしていきます。

病院での検査では原因不明な複視は、体全体の自然治癒力を高めていくことが大事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 複視  | タグ:
頭痛、眼精疲労と頭の筋肉のコリ

投稿日:2016年12月05日

d48985e9433572f810806e7bea6c01df_s

頭痛や眼精疲労を感じている方は、首や肩の筋肉が凝っている方がとても多いです。

この首や肩のコリが頭痛や眼精疲労の原因の1つと考えられます。

 

そのため、まず首や肩コリを改善することが大事ですが、

実は首や肩こり以外にも頭痛や眼精疲労と関係のある部分があります。

それは、頭のコリです。

 

 

頭の筋肉とコリ

目が疲れている方の中には、頭皮が凝っていると感じている方がいます。

実は、頭皮にはいくつかの筋肉が付着しています。

頭皮には、前頭筋、側頭筋、後頭筋の3つの筋肉があります。

前頭筋ツボ1

前頭筋

目の奥から、眉毛、額、頭頂部までを縦方向に繋がる筋肉です。

顔の表情を作る「表情筋」の1つです。

額を動かしたり、眉毛を上げたり、目を見開いたりする動きをします。

この筋肉がこると・頭痛・眼精疲労などの原因になります。

  

側頭筋

こめかめから耳の上あたりにある筋肉です。フェイスラインのはじまりになる辺りです。

下アゴを動かす筋肉です。歯を食いしばったりするとコリやすくなります。 

この筋肉がこると・片頭痛・顎関節症・首コリ・肩こりなどの原因になります。

  

後頭筋

頭蓋骨と首の骨をつないでいる筋肉です。

頭を支えている筋肉なので、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいるとコリやすくなります。

後頭筋がコルと・頭痛・首こり・肩こりの原因となります。

 

 

頭の筋肉のコリが原因で起きるその他の症状

頭の筋肉(前頭筋、側頭筋、後頭筋)がこると、主に頭痛や肩こり、首コリ、眼精疲労などを起こしやすくなります。

それ以外にも・めまい・集中力低下・イライラ・顔のたるみ・抜け毛などの原因にもなります。

 

 

頭の筋肉とツボ

頭の筋肉(前頭筋、側頭筋、後頭筋)の上にはいくつかツボがあります。

そのため、上記のような症状がある方は、ご自身の頭の筋肉をマッサージしてみてはいかがでしょうか?

 

頭痛の鍼灸治療

後頭神経痛の鍼灸治療

 

眼精疲労の鍼灸治療

 

 

 

 

 

カテゴリー: 目の奥の痛み, 眼精疲労, 福岡の鍼灸院, 頭痛  | タグ:
大腿後面の痛み(ハムストリングスの痛み)の鍼灸治療

投稿日:2016年11月16日

マラソンやジョギングをされる方で、太ももの裏が痛いという方がいます。

スポーツをしている人は、太ももの裏のことを「ハムストリングス」と言ったりします。

 名称未設定-1

この太ももの後ろ側にある筋肉、ハムストリングスは半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋で構成されています。 

ハムストリングスが硬くなると、太ももの裏が痛くなったり、ハリ感がでたり、前屈などのストレッチをしても、以前のように手が床につかなくなったりします。

 

 ジョギングでのオーバーワークやデスクワークで長時間同じ姿勢をしている方などは特に硬くなりやすいので要注意です。

 

 

太もも裏の痛みへの鍼灸治療 

 

太もも裏の痛みはハムストリングの硬さも原因ですが、腰や臀部、ふくらはぎなども影響していることがおおいです。

そのため、腰、臀部、太もも、ふくらはぎの筋肉の硬くなっているところを中心に鍼灸治療を行います。

 

 

太もも裏(ハムストリングス)の張り感をとるツボ

 申脈

太もも裏の緊張を取るツボの代表として「申脈(しんみゃく)」があります。

申脈は、外くるぶしの真下で、少しくぼんでいるところです。

このツボは、太もも裏の張りや痛み、坐骨神経痛や腰痛、背中の張り感などにも効果的なツボです。

ぜひ指圧してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ぎっくり腰, トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 背中の痛み, 脊柱管狭窄症, 腰痛  | タグ: ,
冷え性の鍼灸治療

投稿日:2016年10月26日

冷え性で悩んでいる人は多い

 冷え性で悩んでいる方はとても多いです。

「手足が冷える」

「お腹や腰が冷えている」

「体全体が冷えている」

「足先が冷たくて眠れない」

 

女性に多い冷え性ですが、最近は50~60代の男性にも冷え性で悩んでいる方が増えています。

 

 

 冷え性の原因とは

 

冷え性の原因は「血行不良」であることが多いです。

血流が悪くなる原因としては、自律神経の乱れ、ストレスが考えれます。

また、女性の場合はホルモンバランスの影響も大きいです。

その他、運動不足や筋肉量が少ないために体内で作られる熱量が少ない。

 

このようなことなどが原因で冷えを引き起こしてしまいます。

 

 

 

冷え性の鍼灸治療

 

冷え性の鍼灸治療

血巡りをよくすることが冷え性治療ではとても重要になってきます。

この血巡りに影響するのが自律神経です。

そのため、鍼灸治療にて自律神経のバランスを整えることが、冷え性治療ではとても大切になってきます。

 

自律神経のバランスを整える鍼灸治療

  

 冷え性に効くツボ

 当院では鍼灸治療と同時に自宅にてセルフお灸をしていただいております。

冷え性のお灸

 

自分でできる!セルフお灸!

 

 

 

 

 

カテゴリー: 冷え性, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症  | タグ:
梨状筋症候群ってどんな症状?

投稿日:2016年10月22日

坐骨神経痛の原因の中で、梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)というのがあります。

坐骨神経痛で病院に行ったらお医者さんから「梨状筋症候群」と言われた方もいると思います。

 

 

 

梨状筋症候群とは

 梨状筋症候群

梨状筋とは、お尻の奥のほうにある筋肉です。

お尻の真ん中にある仙骨という骨からお尻を横切るように太ももの骨にひっついています。

 

この梨状筋の下に坐骨神経が足のほうまで通っています。

そのため、梨状筋がなんらか理由で硬くなると、その下を通っている坐骨神経が圧迫されてしまいます。

そうすると、お尻から太もも、ふくらはぎ、足裏にかけて痛みがしびれがでてきます。

いわゆる「坐骨神経痛」になります。

 

 

 

梨状筋症候群の特徴と鍼灸治療

 

  • ◇お尻が痛い、だるい
  • ◇お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏にかけて痛い、しびれる
  • ◇座っていると、痛みやしびれが強くなる
  • ◇お尻をグーでトントン叩きたくなる
  • ◇レントゲン、MRIなどの精密検査で腰の骨には異常がなかった

 

これらの特徴がある場合は梨状筋症候群の可能性が高くなります。

 

お尻の筋肉と梨状筋症候群

お尻には主に4つの筋肉があります。

・大殿筋(だいでんきん)
殿筋群の中で最も大きく、最も表層にあります。
・中殿筋(ちゅうでんきん)
大殿筋の1つ下層にあります。殿筋群の中で真ん中に位置する筋肉です。
・小殿筋(しょうでんきん)
中殿筋よりも下層にあります。
インナーマッスルと呼ばれる筋肉です。
・梨状筋(りじょうきん)
殿部筋肉の最下層にある筋肉で、小殿筋の更に下を走っています。梨状筋の下には、坐骨神経があります。

 

梨状筋症候群
梨状筋が硬くなり、真下にある坐骨神経を圧迫することで、坐骨神経痛(お尻、太もも裏、ふくらはぎ、足裏などに痛みやしびれ)症状がでることを「梨状筋症候群」といいます。

 

梨状筋症候群は「梨状筋」だけが硬くなって起こるわけではなく、大殿筋、中殿筋、小殿筋も硬くなっていることも原因です。

 

 

 

梨状筋症候群の鍼灸治療

 

梨状筋症候群の鍼灸治療では、この硬くなった梨状筋やその周りにある筋肉にも鍼治療を行っていきます。

硬くなった梨状筋などに鍼が当たると、なんとも言えない重ダルイ感覚を感じます。

特に硬くなっている人ほどその感覚が強いです。

 

しかし、鍼治療後はその重ダルさが徐々に取れていき、お尻から足にかけての症状が軽くなっていることを実感される方が多いです。

 

梨状筋症候群は最初、「お尻がなんか痛い、ダルいな~」からはじまるので、早め早めに鍼灸治療を行っておくと、症状が酷くならないです。

 

 

梨状筋症候群による坐骨神経痛でお悩みの方はぜひ鍼灸治療をお試しください。

 

クリック → 梨状筋症候群の鍼灸治療

        坐骨神経痛の鍼灸治療

 

 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症  | タグ:

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
http://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

お尻のコリ,梨状筋症候群 鍼灸 福岡 お尻の痛み 福岡 お灸 ぎっくり背中 治療 福岡 ぎっくり背中 鍼灸 福岡 ぎっくり腰 ふらつき めまい カッピング 福岡 ゴルフ肘 ツボ デトックス ツボ トリガーポイント鍼治療 福岡 ハムストリングス ツボ,ハムストリングス 張り パーキンソン病 プレ更年期障害 福岡,プレ更年期障害 治療 福岡 ボトックス、顔面けいれん マラソン お灸 ツボ メニエール めまい メニエール病 福岡 メンズ美容鍼 福岡 三叉神経痛 鍼灸 福岡 不妊治療鍼灸福岡 不妊症 不妊症 お灸,不妊症 セルフ灸,二人目不妊 お灸 不妊症 鍼灸 福岡 不妊症鍼灸福岡 不眠症 治療 福岡, 不眠症 鍼灸 福岡 中心性網膜症 鍼灸 福岡,中心性漿液性網脈絡膜症 鍼灸 福岡 五月病 ツボ 五月病 鍼灸 交通事故,坐骨神経痛,ふくらはぎの痛み 人気 低気圧頭痛 鍼灸 福岡,低気圧頭痛 治療 福岡,低気圧頭痛 福岡 低音障害型感音難聴 ツボ 低音障害型感音難聴 鍼灸 福岡 体調不良 鍼灸 円形脱毛症 完治、円形脱毛症 治らない 再発 冬至のお灸 冷え性 鍼灸 福岡,冷え性 ツボ 福岡 副鼻腔炎 治療 福岡 副鼻腔炎 鍼灸 福岡 加齢性黄斑変性症 鍼灸 福岡 口コミ