福岡の鍼灸院 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


福岡の鍼灸院

夏の花粉症と鍼灸治療

投稿日:2017年06月17日

春の花粉症の時期はとっくに過ぎたのに「鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」がある。。。

花粉症と言えば、春の風物詩?のように思っている方が多いと思いますが、実は夏にも花粉症があります。

春のスギ花粉症になる方の3割くらいは夏の花粉症にもなるようです。

 

そのため、5月、6月になっても「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみがある・・・」という方は、夏の花粉症の可能性大です。

 

 d7e2b4f125e6d3f62baf9f573dce0822_s

夏の花粉症は、主にイネ科のカモガヤによるものです。

カモガヤの花粉は5月~8月に飛散します。

 

できるだけ、花粉に接触しないようにすることが第一です。

そして、鍼灸治療を行うことで、花粉症を発症しにくい状態または、発症してもひどくならないような状態にしていくことができます。 

  

夏の花粉症の鍼灸治療は春や秋の花粉症と同様な施術を行います。

→→ 花粉症の鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 花粉症  | タグ: , ,
眼筋麻痺の鍼灸治療

投稿日:2017年06月13日

 

bfecb4f6c0f857a740d121084a2c3505_s

眼筋麻痺は、眼を動かす筋肉や眼筋に関係する神経に問題があり、眼が麻痺します。

そのため、「モノが二重に見える(複視)」「眼球の動きが悪い」「眼が外側や内側に向いてしまう」などの症状が出ます。

 

眼筋麻痺の原因はいくつかありますが、当院の鍼灸治療で対応している眼筋麻痺は病院での精密検査で異常が見つからない。原因不明のものです。

お医者様からは「ストレス」「疲労」などが原因として言われることが多いです。

ビタミン剤などが処方され、回復するのを待つ感じになります。

 

 鍼灸治療では体調を整えることで、眼筋麻痺からの回復を促進する効果があります。

 

 

 

 眼筋麻痺の鍼灸治療の症例

 

50代 女性 北九州市在住

 

5か月前に原因不明の眼筋麻痺(外直筋麻痺)になり、ビタミン剤を服用して2か月ほど様子を見ていた。
しかし、なかなか回復しないため、他に何かいい方法がないかと探したところ鍼灸治療にたどり着きました。

 

 週1回の治療を3か月ほど続けたところ、眼筋麻痺は治り、物が二重に見える複視も直りました。

 

複視がひどい時は、両目で物を見るのが辛かったけど、今は完全に良くなり、大好きな折り紙ができると喜んで頂きました。

 

最後の鍼灸治療の日には折り鶴を持って来られました。

名称未設定-1

 

眼筋麻痺でお悩みの方は、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

→→ 眼筋麻痺(複視)の鍼灸治療

 

 

 

眼筋麻痺の患者様からの感想を頂きました。 

EPSON MFP image 

私は1月17日の朝、突然に目の焦点が合わずにふらつき歩けなくなりました。

眼科に行き、診断結果は「外直筋麻痺」でした。原因を調べる為、

脳神経外科に行きMRI等検査を受けましたが、異常はなく結局原因不明でストレスによるものですと言われました。

医師からは治療法はなくビタミン剤を処方されただけした。

 

物が二重に見え、すべての事に時間がかかり生活に不安をかかえ、夜も眠れない日が続きました。

そんな時にインターネットで貴院に出会いました。

 

針治療は初めてで、特に目のまわりは緊張しましたが、全く痛くありませんでした。

時には寝てしまうこともありましたが、7回目くらいから見え方に変化が出てきました。

3か月で目の違和感もとれ、普通の生活に戻ることが出来てとても嬉しく思っております。

 

何よりも感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 眼筋麻痺, 福岡の鍼灸院, 複視  | タグ: , , ,
梅雨の体調不良「だるい」「めまい」「吐き気」は「湿邪」が原因そして効果的なツボ

投稿日:2017年06月09日

83c6d55bed836354c3d8d4d558140eb3_s

梅雨の時期になると、体調を崩す方がいます。

特にだるい、めまい、吐き気、むくみなどの症状で悩む方がいます。

 

東洋医学では、これらの症状は体内に停滞した水分が原因と考えられています。

この余分な水分のことを「湿邪」と言います。

 

特に梅雨になると湿気が多くなり、それが、湿邪となって悪さをします。

 

身体の機能がうまく働いていると、この余計な水分を溜めることはありませんが、

自律神経の働きが悪く、体内の水分をうまく排出できないと、体調が崩れます。

 

梅雨の時期以外でも、新陳代謝の悪い人では体に余計な水分(湿邪)が溜まりやすいです。

この湿邪が原因で様々な症状が出てきます。

 

 

 

8a0254f01c626daac44d763b6e3d55f9_s

湿邪の特徴と症状

 

湿邪には「重い」「停滞」という特徴があります。

そのため、頭や体が重い、頭がスッキリしない。

新陳代謝が良くない人では、体がむくみやすくなります。

 

また、湿邪が体の中に入りこんでくると、胃腸の調子も悪くなります。

そのため、食欲不振や吐き気などがでてきます。

 

 

 

 

名称未設定-1 

水はけのよい身体作り

 

体内に余計な水分を溜めないためには、身体を動かして、代謝を上げることが重要です。

ウォーキングなどがおススメです。

 

また、「発汗」「利尿」作用のあるものを食べることも大事です。

 

発汗作用のある食物

ネギ、しょうが、にんじん、カボチャ・・・

利尿作用のある食物

キュウリ、白菜、とうもろこし、じゃがいも・・・・

 

 

 

溜まった水分(湿邪)を取り除くツボ

名称未設定-1 

豊隆は身体の中に溜まった余計な水分を取り除くツボです。

お灸をしてみてはいかがでしょうか?

 

またこのツボ以外にも体調を整えるツボにお灸をすると効果的です。

自律神経に効果的なツボ

 

梅雨と自律神経失調症の関係

 

自律神経を整える鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: お灸, めまい, 体調不良, 気象病, 疲労回復, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症, 食欲不振  | タグ: ,
下半身の冷えや血巡りの悪さが肩こりや頭痛の原因になることも

投稿日:2017年05月30日

肩こりや頭痛で悩んでいる方はとても多く、当院にもたくさんの方にご来院頂いております。

 

当院でよくみる「頭痛」の多くは、首や肩のコリが原因の1つとして考えられています。

そのため、首や肩のツボに鍼灸治療を行います。

 

下半身の冷えが頭痛肩こりの原因に!?

 

 

ただ、それだけでは改善しない頭痛のタイプもあります。

その1つは、下半身の冷えや血巡りが悪いタイプです。

 

そういう方には、血巡りを良くする鍼灸治療が必要になります。

 

 

 

下半身の冷えや血巡りの悪さが頭痛や肩こりの原因

 

特にデスクワークなどの仕事をしている女性に多いように思えます。

腰から下が冷えていて、血巡りが悪くなっているために頭痛や肩こりを起こしています。

 

首や肩をマッサージしてもすぐに元に戻るようであれば、ぜひ下半身の血流を改善するように心がけて

みてはいかがでしょうか?

 

ウォーキングがおススメです。
身体全体、特に腰や足を動かすことで、下半身の血流も促進されます。

 

また、下半身の血流を改善するツボにお灸もおススメです。

 

お灸について ←クリック

 

 

 

下半身の冷えや血流を改善するツボ

 

 下半身の血流改善のツボ

 

下半身の血流の悪さからくる冷えで頭痛、肩こりが起きる方はぜひ三陰交にお灸をしてみてください。

 

 

 

頭痛の鍼灸治療

 

肩こりの鍼灸治療

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院  | タグ: ,
慢性前立腺炎の鍼灸治療

投稿日:2017年05月24日

  • 慢性前立腺炎は骨盤内静脈うっ滞症候群 、慢性骨盤疼痛症候群、慢性骨盤痛症候群 などとも呼ばれいます。

 

  • その症状は、
  • 排尿痛、頻尿、下腹部痛、会陰部痛などの痛みや不快感や太ももの内側の張り感などです。
  • 働き盛りの30‐40代男性になりやすい病気です。

 

 慢性前立腺炎の鍼灸治療

  • そして、原因としては、
  • ・長時間のデスクワーク、運転による骨盤内の血流が悪くなること。
  • ・また、精神的なストレス、疲労、飲酒、冷え
  • などが関わってきます。

 

 

慢性前立腺炎の鍼灸治療

 慢性前立腺炎の鍼灸治療

慢性前立腺炎は抗生物質でなかなか改善が見られないものは骨盤内のうっ血が原因と考えられます。

そのため、鍼灸治療では腰やお尻、下肢などのツボに鍼灸治療を行い、骨盤内の血流改善し、症状を緩和させていきます。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 慢性前立腺炎, 福岡の鍼灸院  | タグ: ,
デスクワーク中心の仕事はなぜ坐骨神経痛になりやすいのか?その原因とは?

投稿日:2017年05月22日

男性で坐骨神経痛の鍼灸治療を受けに来る方はとても多く、その年齢層は30~60才代です。

そして、その方たちの多くは朝から晩までデスクワーク中心の仕事をしています。

 

なぜデスクワーク中心の仕事をしている人に坐骨神経痛が多いのか?

 デスクワークと坐骨神経痛

 

 

 

 

デスクワーク中心の仕事が坐骨神経痛を引き起こす

 

「1日中、パソコンの前で仕事をしています」

「営業で長時間、車を運転しています」

これらの共通点は、どちらも座っての仕事が中心です。

座っての仕事は腰やお尻周りの筋肉が硬くなり、坐骨神経痛を発症します。

 

<こんな特徴があります>

◇お尻が痛い、だるい

  • ◇お尻、太もも、ふくらはぎ、足裏にかけて痛い、しびれる
  • ◇座っていると、痛みやしびれが強くなる
  • ◇お尻をグーでトントン叩きたくなる
  • ◇レントゲン、MRIなどの精密検査で腰の骨には異常がなかった

 

 

 

お尻の筋肉と梨状筋症候群

 腰やお尻にはたくさんの筋肉があります。

 なかでも、梨状筋を中心とした筋肉が硬くなると、坐骨神経痛を発症します。

 

お尻の筋肉と梨状筋症候群

お尻には主に4つの筋肉があります。

・大殿筋(だいでんきん)
殿筋群の中で最も大きく、最も表層にあります。
・中殿筋(ちゅうでんきん)
大殿筋の1つ下層にあります。殿筋群の中で真ん中に位置する筋肉です。
・小殿筋(しょうでんきん)
中殿筋よりも下層にあります。
インナーマッスルと呼ばれる筋肉です。
・梨状筋(りじょうきん)
殿部筋肉の最下層にある筋肉で、小殿筋の更に下を走っています。梨状筋の下には、坐骨神経があります。

 

梨状筋症候群
梨状筋が硬くなり、真下にある坐骨神経を圧迫することで、坐骨神経痛(お尻、太もも裏、ふくらはぎ、足裏などに痛みやしびれ)症状がでることを「梨状筋症候群」といいます。

 

梨状筋症候群は「梨状筋」だけが硬くなって起こるわけではなく、大殿筋、中殿筋、小殿筋も硬くなっていることも原因です。

  

 

鍼治療で深部の筋肉へアプローチ

上図の筋肉へ鍼治療することで、坐骨神経痛は緩和していきます。

お尻にある深部の筋肉は指圧などのマッサージではなかなか届きませんが、

鍼治療であれば、硬くなった筋肉にアプローチすることができます。

top-kaizen1

 

 ぜひデスクワークによる坐骨神経痛でお悩みの方は鍼灸治療を受けてみてください。

 

クリック→ 坐骨神経痛の鍼灸治療

クリック→ 坐骨神経痛の症例

クリック→ 梨状筋症候群の鍼灸治療 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 大腿神経痛, 梨状症候群, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 脊柱管狭窄症  | タグ:
気象病、天気痛のツボと鍼灸治療

投稿日:2017年05月10日

名称未設定-1

雨が降る前になると、頭痛がしたり、関節が痛くなる。
また、季節の変わり目になるとめまいがするなど体調が悪くなる。

 

天気や季節の変わり目に体調不良、持病が悪化しやすい。
それはもしかすると、「気象病(天気痛)」かもしれません。

 

気象病は気圧、気温、湿度変化が引き金になります。
特に雨降り前や台風など低気圧が近づいて来る時にでやすいです。

 

気象病は大きく分けて二つあります。

1つは、「不定愁訴」と呼ばれるもので、だるい、めまい、イライラなどで、病院での検査でも特に異常が見られないもの。

もう1つは、「天気痛」と言われるもので、頭痛や関節痛、神経痛などの持病が悪化するもの。

 

 

 気象病

 

 

自律神経が乱れやすい人に多い気象病

 

 気象病の不定愁訴(めまい、だるいなど)は耳の中にある気圧を感知する部分が敏感に反応して、脳が混乱することで起こるとされています。

 

また、天気痛(持病の神経痛などの悪化)は気圧の変化によって自律神経のバランスが乱れて、神経が刺激されることで持病が悪化します。

 

 

このように、気象病は自律神経が乱れやすい人に症状が出やすい傾向にあります。

そのため、自律神経のバランスを整えることが、気象病を予防することになります。

 

 

 

気象病に効果的なツボ

 

 名称未設定-2

 

 気象病は内耳の血流を整えておくことが、予防につながります。
内耳の血流を整えるツボ、翳風(えいふう)をやさしく指圧、マッサージしてみてください。

 

また、鍼灸治療は自律神経を整える効果があります。

気象病でお悩みの方は、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

詳しくは→ 自律神経失調症の鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: めまい, 体調不良, 気象病, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症  | タグ: ,
目の下のくまに効果的なツボと美容鍼

投稿日:2017年02月20日

目の下のくまに効果的なツボについて。
先日、西日本新聞から取材を受けた内容が掲載されました。

 

 目のくまに効果的なツボ

 

 

目の下のくまは原因によって3つのタイプ分かれます。

血行不良、たるみ・むくみ、色素沈着などです。

対策としては、上記ツボなどを優しく指圧やマッサージされてみてはいかがでしょうか?

 

 熊野タイプと対策

また、美容鍼を行うのも効果的です。

目の周り、頭皮などのツボにすることで、クマを薄くする効果が期待できます。

 

 

美容鍼についてはコチラ

美容鍼灸師による美容ブログはコチラ

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 美容鍼灸  | タグ: ,
腸脛靭帯炎(ランナー膝)の鍼灸治療

投稿日:2017年02月18日

腸脛靭帯炎

膝はマラソンやジョギングなどのランナーがよく痛める部位です。

その中で、膝の外側が痛くなる方がいます。

・走っているとだんだん膝の外側が痛くなってくる

・走り終えた後に膝の外側に痛みが出てくる

・膝の外側を押さえてみると痛い

 

ランニングによって膝周りに起きる痛みなどの障害のことをランナー膝と言います。

  • その中で、ランニングで起きる膝外側の痛みは腸脛靭帯炎です。

 

 

 

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)とは

腸脛靭帯は骨盤にある大殿筋、大腿筋膜張筋という筋肉から始まり、膝の外側につく靭帯です。

その腸脛靭帯は膝の外側を通って脛骨外側にくっつきます。

 

腸脛靭帯炎はランニングで靭帯と膝周りの骨が擦れ合うことで、痛みがでてしまう症状です。

 

 

 

腸脛靭帯炎ランナー膝)の鍼灸治療

 腸脛靭帯炎の鍼灸治療

腸脛靭帯炎を起こす人は、お尻の筋肉(大殿筋や大腿筋膜腸筋など)が硬くなっていることが多いです。

また、膝から下の筋肉も硬くなっているため、腸脛靭帯も硬くなり、膝との擦れ合いやすくなり炎症を起こす原因となります。

 

そのため、鍼灸治療ではお尻から太もも、膝下の硬くなっている筋肉を中心に緩めていきます。
また、直接痛みを感じる部分への施術することで、炎症を緩和していきます。

 

湿布、ストレッチ、電気治療などを行ってもなかなか膝外側の痛みが改善されない方は鍼灸治療を受けて見られてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ランナー膝

膝の内側の痛み(鵞足炎)の鍼灸治療について

 

 

 

 

カテゴリー: ランナー膝, 福岡の鍼灸院, 膝痛  | タグ:
低音障害型感音難聴の鍼灸治療

投稿日:2017年02月14日

蝸牛型メニエル病

突然、耳が聞こえにくくなる病気の1つに「低音障害型感音難聴」があります。

  • ・低音が聞き取りにくい
  • ・「ゴー」という低音の耳鳴りがする
  • ・耳に水が入ったような詰まった感じがする

 このような症状があり、20~40代の女性に発症することが多いです。

 

 低音障害型感音難聴はめまいを起こすメニエール病と病態が似ているために「蝸牛型メニエール」とも呼ばれていますが、めまいを伴うことは少ないです。

 

低音障害型感音障害は症状が軽ければ、治りやすいですが、再発することも多いので、早めの治療が重要になります。

 疲労やストレス、睡眠不足が発症の引き金となるので、疲れをためないように体調管理をすることも大事になります。

 

 

低音障害型感音難聴の鍼灸治療症例

 

40代 女性

主訴:難聴、耳のつまり、耳鳴り

 

子供の部活動の世話などで忙しく、疲れていたところ、10月中旬に突然右耳が聞きとりにくくなり、耳が詰まった感じ、低音のゴーという耳鳴りがする。

しばらく様子をみていたが、改善しないため、耳鼻科を受診し、「低音障害型感音難聴」と診断され、投薬治療を行う。

 

しかし、難聴、耳のつまり、耳鳴りが改善しないため、11月末に当鍼灸院にて治療を開始する。

触診したところ、首や肩のコリがひどかったため、 首や肩こりの改善、自律神経を整えて、疲労回復を促進する鍼灸治療を週2回ペースで行う。

 

なかなか聴力の回復、耳のつまり、耳鳴りの改善が見られなかったが、2月初旬(鍼灸治療開始2か月後)、突然耳のつまり、耳鳴りが消失し、低音が聞こえるようになる。

耳鼻科で聴力検査をおこなったところ、聴力が回復していた。

 

 低音障害型感音難聴の鍼灸治療

 

 

当院の鍼灸治療では首肩のコリを取り、自律神経を整えて体調を整えることで、低音障害型感音難聴からくる症状を改善していきます。

  

低音障害型感音難聴でお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

低音障害型感音難聴や突発性難聴の鍼灸治療の詳細について

→ コチラをご覧ください。

 

  

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感  | タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
http://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

お尻のコリ,梨状筋症候群 鍼灸 福岡 お尻の痛み 福岡 お灸 ぎっくり背中 治療 福岡 ぎっくり背中 鍼灸 福岡 ぎっくり腰 ふらつき めまい カッピング 福岡 カモガヤ 花粉症 鍼灸 ゴルフ肘 ツボ デスクワーク 坐骨神経痛, デトックス ツボ トリガーポイント鍼治療 福岡 ハムストリングス ツボ,ハムストリングス 張り パーキンソン病 プレ更年期障害 福岡,プレ更年期障害 治療 福岡 ボトックス、顔面けいれん マラソン お灸 ツボ メニエール めまい メニエール病 福岡 メンズ美容鍼 福岡 三叉神経痛 鍼灸 福岡 不妊治療鍼灸福岡 不妊症 不妊症 お灸,不妊症 セルフ灸,二人目不妊 お灸 不妊症 鍼灸 福岡 不妊症鍼灸福岡 不眠症 治療 福岡, 不眠症 鍼灸 福岡 中心性網膜症 鍼灸 福岡,中心性漿液性網脈絡膜症 鍼灸 福岡 五月病 ツボ 五月病 鍼灸 交通事故,坐骨神経痛,ふくらはぎの痛み 人気 低気圧頭痛 鍼灸 福岡,低気圧頭痛 治療 福岡,低気圧頭痛 福岡 低音障害型感音難聴 ツボ 低音障害型感音難聴 鍼灸 福岡 体調不良 鍼灸 円形脱毛症 完治、円形脱毛症 治らない 再発 冬至のお灸 冷え性 肩こり 頭痛 冷え性 鍼灸 福岡,冷え性 ツボ 福岡 副鼻腔炎 治療 福岡