頭痛・偏頭痛の鍼灸ツボ治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


肩こりの中国鍼灸治療

頭痛・偏頭痛の中国針治療

肩こりの鍼灸治療

頭痛・偏頭痛で悩んでいる方は非常に多く、軽度のものから慢性的なものまで様々ですし、その原因も色々あります。

首のこりや肩こりが原因で頭痛が起こることが多いように思います。

当院が施術する頭痛の鍼灸治療では頭の首の付け根にあるコリを取り除くことで、緊張性頭痛、偏頭痛、頭重感などを軽減していきます。

 

頭痛とは

頭痛の種類はいくつかありますが、代表的なものとしては「緊張性頭痛」や「偏頭痛」などがあり、
頭痛の90%は「緊張性頭痛」と言われています。

【緊張性頭痛】

頭を締め付けられるような圧迫感、頭重感、頭に何かをかぶった感じやふわふわしためまいなどがあります。痛みというよりも重い感じ、圧迫される感じがする人も、締めつけられる感じ、また頭に何かかぶっているような感じと言う人もいます。

頭痛は1週間~10日ほど続くことが多いのです。人によっては2週間以上、ほとんど毎日頭痛が続くこともあります。

【偏頭痛・片頭痛】

頭の片側、時には両側が脈打つように「ズキンズキン」「ガンガン」と痛み、吐き気を伴います。

また、体を動かしたり、まぶしい光、音、においで頭痛が強まることがあります。

頭の血管が過度に拡張することにより、まわりの神経が刺激されて痛みます。

20~50歳代の女性に多くみられます。

月に1~2回、多いときで週に1回、発作的に頭痛が起こるのが特徴です。

頭痛は数時間から3日間ほど続き、発作中はきついですが、発作が終われば、ふだんと変わらない状態に戻ります。

【頭痛の部位や表現】

・後頭部が痛い

・頭が重い

・頭が締め付けられるような感じ

・目の奥が痛くて、後頭部に引っ張られるような感じ
・後頭部にピリッと電気が走る
・こめかみが痛い
・側頭部に脈打つようなズキンとした痛み
・おでこ、まゆげあたりが痛い
・頭のてっぺんが痛い
・頭全体が痛む

・週末、休日になると痛くなる

 

頭痛の中国鍼灸治療

頭痛は、緊張性頭痛と偏頭痛など頭痛のメカニズムは違います。
しかし、いづれの場合も、首、肩、背中の筋肉が凝っていることが多く、まずはこのコリをとることが重要になります。

また、手足のツボを刺激して、自律神経を整えることで、頭だけではなくからだ全体を整えていくことで、頭痛の再発を予防していきます。

【頭痛と関係のある筋肉とツボ】

①僧帽筋
首の付け根から肩甲骨にかけての筋肉で、こわばったような、重苦しい感じが起こります。
ツボ:天柱、風池、肩井など

②半棘筋・板状筋

後頭部から首すじにかけて、凝ることもあります。この部位の筋肉は、頭部の保持と共に首の運動に関わります。
ツボ:天柱・風池・百労など

③肩甲挙筋・菱形筋・最長筋・腸肋筋
慢性化した肩こりでは肩甲骨の内側に鈍痛や重もだるさを感じます。指で押さえる痛い気持ちいい感じがあります。
ツボ:肩中兪・肩外兪・膏肓など

④三角筋・棘上筋・棘下筋
肩甲骨から腕についている筋肉です。
ツボ:天宗・臑兪など

 

 

 

頭痛についての関連記事

→ 頭痛とツボの関係

頭痛も痛む場所(前頭部・側頭部・後頭部など)は色々あります。それぞれの頭痛に合わせたツボをしょうかしています。

→ 頭痛の原因が頭痛薬!?

「薬物乱用頭痛」はお薬を飲みすぎることにより、脳の痛みを感じる中枢が敏感になってしまい、ちょっとした痛みにまで敏感になってしまうことでおこります。

 → 歯の治療後の頭痛

歯の治療を行ってから、頭痛がするようになる方もいるようです。

→  後頭神経痛

後頭部のピリピリした痛みは、後頭神経痛かもしれません

→  低気圧頭痛と鍼灸治療

雨の日に頭痛がするは低気圧の影響かもしれません

 

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費