肩こりの中国針灸治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


肩こりの中国鍼灸治療

肩こりの中国鍼灸治療

肩こりの鍼灸治療

肩こりで悩んでいる方は非常に多く、軽度のものから慢性のコチコチの方まで様々ですし、その原因も様々です。
肩こりをほおっていると、頭痛やめまいが起こったり、腕がしびれたりすることがあります。

当院が施術する肩こりの鍼灸治療ではマッサージなどでは届かないコリの芯の部分をほぐしていきます。

また、肩こりが原因で起きる頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気も同時に改善させていきます。

肩こりの度合いや体質によりお灸、吸い玉を併用させていきます。

 

肩こりとは

肩こりとは、頭と首の付け根から背中にかけての痛みやこわばりのような不快感のことです。

また、肩こりが原因で頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気を伴うことがあります。

肩こりの原因は日常的な身体的・精神的疲労などが考えれます。

その中でも同じ姿勢をとり続けるなどして頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。

それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられている。

肩こりのツボ治療
 

肩こりの主な原因

①姿勢---長時間の同一姿勢により、首や肩の筋肉が疲労する。

②ストレス---ストレスにより自律神経が乱れ、血流が悪くなり筋肉が硬くなる。

③眼精疲労---長時間パソコンを見ることにより首、肩の筋肉が緊張する。

④体型---肥満、痩せすぎ、なで肩などは肩の筋肉に負担がかかりやすい。

⑤病気---頚椎症、頚椎ヘルニア、四十肩(五十肩)、歯のかみ合わせ、うつ病など

肩こりの中国鍼灸治療

肩こりは上記の原因により、首、肩、背中の筋肉が疲労しコリを作ることにより、血行障害や老廃物が溜まり、肩こりの不快な症状が出現します。
中国針灸治療では、硬くなったコリや手足の自律神経を整えるツボに刺激を与えることで、コリを解消し血行を改善して、老廃物を排出します。

肩こりを起こす筋肉とツボ

①僧帽筋
首の付け根から肩甲骨にかけての筋肉で、こわばったような、重苦しい感じが起こります。僧帽筋は、首肩や肩甲骨の運動に関わります。
ツボ:天柱、風池、肩井など

②半棘筋・板状筋
後頭部から首すじにかけて、凝ることもあります。この部位の筋肉は、頭部の保持と共に首の運動に関わります。
ツボ:天柱・風池・百労など

③肩甲挙筋・菱形筋・最長筋・腸肋筋
慢性化した肩こりでは肩甲骨の内側に鈍痛や重もだるさを感じます。指で押さえる痛い気持ちいい感じがあります。
ツボ:肩中兪・肩外兪・膏肓など

④三角筋・棘上筋・棘下筋
肩甲骨から上腕骨についている筋肉です。
腕を挙げる運動に関わります。
ツボ:天宗・臑兪など

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費