突発性難聴・耳鳴り・耳閉感 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


福岡の鍼灸院

»突発性難聴・耳鳴り・耳閉感

低音障害型感音難聴の鍼灸治療

投稿日:2017年02月14日

蝸牛型メニエル病

突然、耳が聞こえにくくなる病気の1つに「低音障害型感音難聴」があります。

  • ・低音が聞き取りにくい
  • ・「ゴー」という低音の耳鳴りがする
  • ・耳に水が入ったような詰まった感じがする

 このような症状があり、20~40代の女性に発症することが多いです。

 

 低音障害型感音難聴はめまいを起こすメニエール病と病態が似ているために「蝸牛型メニエール」とも呼ばれていますが、めまいを伴うことは少ないです。

 

低音障害型感音障害は症状が軽ければ、治りやすいですが、再発することも多いので、早めの治療が重要になります。

 疲労やストレス、睡眠不足が発症の引き金となるので、疲れをためないように体調管理をすることも大事になります。

 

 

低音障害型感音難聴の鍼灸治療症例

 

40代 女性

主訴:難聴、耳のつまり、耳鳴り

 

子供の部活動の世話などで忙しく、疲れていたところ、10月中旬に突然右耳が聞きとりにくくなり、耳が詰まった感じ、低音のゴーという耳鳴りがする。

しばらく様子をみていたが、改善しないため、耳鼻科を受診し、「低音障害型感音難聴」と診断され、投薬治療を行う。

 

しかし、難聴、耳のつまり、耳鳴りが改善しないため、11月末に当鍼灸院にて治療を開始する。

触診したところ、首や肩のコリがひどかったため、 首や肩こりの改善、自律神経を整えて、疲労回復を促進する鍼灸治療を週2回ペースで行う。

 

なかなか聴力の回復、耳のつまり、耳鳴りの改善が見られなかったが、2月初旬(鍼灸治療開始2か月後)、突然耳のつまり、耳鳴りが消失し、低音が聞こえるようになる。

耳鼻科で聴力検査をおこなったところ、聴力が回復していた。

 

 低音障害型感音難聴の鍼灸治療

 

 

当院の鍼灸治療では首肩のコリを取り、自律神経を整えて体調を整えることで、低音障害型感音難聴からくる症状を改善していきます。

  

低音障害型感音難聴でお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

低音障害型感音難聴や突発性難聴の鍼灸治療の詳細について

→ コチラをご覧ください。

 

  

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感  | タグ: ,
耳鳴りの音の種類と鍼灸治療

投稿日:2016年09月08日

耳鳴りで悩んでいる人は非常に多いです。

耳鳴りの程度も様々で、耐えられないくらいツライ耳鳴りや普段は気にならないが、静かなところでは耳鳴りがしていることを自覚する方。

 

そして、耳鳴りの音もいくつか種類があります。

耳鳴りの音や程度は本人にしか分かりませんが、

 

「キーン」、「ピー」、「ジー」、「ゴー」、「ボー」など多種多様です。

ただ、その音は大まかに分けると、高音と低音の2種類に分けることができます。

 

耳鳴りの種類と鍼灸治療

 

 

高音性耳鳴り

「キーン」、「ピー」という高音で、金属音や電子音のような音です。

高音性耳鳴りは、首や肩こりによる血行不良、ストレス、突発性難聴、自律神経失調症、老人性難聴、騒音性難聴などが原因のことがあります。

 

 

低音性耳鳴り

 「ブーン」、「ボー」、「ゴー」という低音で耳が詰まっているような感じがします。

首や肩こりによる血行不良、ストレス、メニエール病、低音難聴、急激な気圧の変化などが原因のことがあります。

 

 

 

 

耳鳴りの鍼灸治療

 

耳鳴りで悩んで当院で鍼灸治療を受ける方々は高音であれ、低音であれ、首や肩コリなどによる血行不良やストレスなどいよる自律神経の乱れがある方が多いように思います。

 

首肩コリによる血行不良の改善、ストレスなどによる自律神経のバランスの乱れを改善することが大事になります。

 

耳鳴りの程度よっては非常に改善が難しい症状の一つです。

そのため、早め早めの治療が大事になります。

 

 

耳鳴りの鍼灸治療 ←クリック

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感  | タグ:
低音障害型感音難聴(蝸牛型メニエル病)の鍼灸治療 

投稿日:2016年04月26日

「話が聞き取りにくくなる」

「なんか耳が詰まってるような気がする」

「低音の耳鳴りがしている」

 

 

このような症状があり、「低音障害型感音難聴(蝸牛型メニエル病)」と診断された方が当院に鍼灸治療を受けに来られます。

 2712132

 

「低音障害型感音難聴」は、突発性難聴のように急に聴力が低下しますが、低音だけが聞き取りにくくなります。

また、「蝸牛型メニエル病」と呼ばれていますが、メニエル病と言うと、「グルグル目が回って・・・」というめまいは起きずに、低音域の聴力だけが低下する病気です。

 

 

 

名称未設定-1

 「低音障害型感音難聴(蝸牛型メニエル病)」は早期に鍼灸治療を行えば、聴力、耳鳴りとも改善しやすいです。

 

 

鍼灸治療は耳鼻科での投薬治療と併用されても問題ありませんので、早めに鍼灸治療を受けられることをおススメします。

 

 

「低音障害型感音難聴」の原因は不明ですが、ストレスや睡眠不足・疲労などが原因として考えられています。

 

 

当院に来院される方も、仕事や育児などで疲労が蓄積しており、首や肩こりがある方が多いように思います。 

 

 

鍼灸治療にて首・肩のコリを改善して、血流が良い状態にしていくと、聴力は回復しやすくなります。

 

 

低音障害型感音難聴の鍼灸治療

低音障害型感音難聴の症例 ←クリック

 

詳しくはコチラのページをご覧ください→ 低音障害型感音難聴の鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感  | タグ: , ,
耳の閉塞感とめまいの鍼灸治療

投稿日:2015年01月23日

 

メニエール病などで何度もめまいを経験している方は、めまいが起こる前兆などがしだいに分かってきます。

memaizenchou

例えば、


・耳の閉塞感や耳鳴りがしはじめる

・なんとなくフラフラしてくる

・肩こりがして、頭痛や頭重感がする

・気分が悪くなる

などなど

 

その他、下記のような原因でもめまいが起こりやすくなります。

・急激な温度変化や台風・寒波などによる気圧の変化

・風邪を引いたり、病気がちで体調不良

・睡眠不足などによる疲労が溜まっている

 

 

これらめまいの原因となる症状・状態を解決することで、めまいの改善、予防につながることがあります。 

先日来院された方も

風邪 → 首こり → 耳の閉塞感 → 吐き気 → 回転性のめまい(メニエール病) 

という感じで症状がでていましたが、鍼灸治療により首こりと耳の閉塞感が改善されたことで、
めまいが出なくなりました。

 

 

 

kyu

症例: 

 

男性 40才 福岡市在住

 

主訴:めまい、吐き気 (メニエール病)

 

年末に風邪を引いた。年明けに突然耳の閉塞感が続いた後に吐き気と回転性めまいが発症しました。

 

耳鼻科では「メニエール病」と診断され、投薬治療を行うもなかなか改善が見られませんでした。

 

10日間の自宅療養中に強烈なめまいに襲われ、3回も救急車で運ばれたそうです。

 

 

経過:

12月26日  風邪を引く 

 

 1月 9日  右首のコリと右耳の閉塞感を自覚 
        耳鼻科を受診、イソプロバイドシロップ、トリノシンなど投薬治療  
        夜中に急激なめまいに襲われ、救急車で病院に運ばれる 

 

 1月13日  耳鼻科にて、イソプロバイドシロップ、トリノシンに加え吐き気止めを追加

 

 1月15日  朝、急激なめまいに襲われ、救急車で病院に運ばれる 

 

 1月16日  処方された薬の効果を感じないため、耳鼻科に相談しに行く

 

 1月18日  朝、急激なめまいに襲われ、救急車で病院に運ばれる

 

  1月19日  鍼灸治療を行う

 

毎回、耳の閉塞感が強く感じた後に吐き気、めまい発作がおきている。
そのため、耳の閉塞感が改善すればめまいも良くなるのではないかと、鍼灸治療を希望する。

 

 

当院にて診察したところ、首のコリがあり、また水分代謝機能がうまく働いていないように思われた。

それらに効果的なツボへの鍼灸治療を行ったところ、劇的に耳の閉塞感、回転性のめまいが改善されました。

 

 

 

 

 

kaku

 

 

めまいの鍼灸治療をもっと詳しく知りたい方 ←ここをクリック

 

 

 

 

 

カテゴリー: めまい, 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感, 自律神経失調症  | タグ: ,
突発性難聴と鍼灸治療の開始時期

投稿日:2014年12月01日

 

突発性難聴による聴力の低下は軽症から重症の方までそれぞれですが、
いづれの場合でもできるだけ早い時期に鍼灸治療を行うほうが効果的です。

 

当院には突発性難聴の鍼灸治療を受けに多くの方に来ていただいていますが、
突発性難聴を発症して、2~3週間過ぎてから来られることが多いように思います。

 

 

 

なぜ2~3週間過ぎたころに来院する方が多いのか?

 

それは、耳鼻科での治療を一通り終えて、それでも聴力が回復しない。

あるいは聴力は回復したが、耳鳴りや耳の閉塞感があるため、鍼灸治療で改善できないかということで来院されます。

 

しかし、もっと早い時期(1週間以内)から鍼灸治療を受けられるとより効果的な場合があります。

もちろん、耳鼻科の治療と併用していただきながらですし、耳鼻科での治療が第一ですが。

 

 

 

今回、早期に鍼灸治療を開始し、劇的に聴力回復ができた例を紹介します。 

 

聴力回復70代 女性 福岡市在住

 

昨日、突然右耳の聞こえが悪くなり、すぐに耳鼻科に行き、聴力検査をしたところ右の耳の聴力が低下していました。

 

もともと高音域は両耳とも聞こえが悪かったが、今回右耳の全域において聴力が低下していた。

耳鼻科の先生から「1週間ステロイドの投薬治療をして、その後の回復状況によっては入院治療をしましょう」と言われる。

 

入院だけはどうしても避けたいため、耳鼻科の治療と併用して当院での鍼灸治療を受ける。

 

 

 

 

年に1人いるかいなかぐらいの聴力回復

 

鍼灸治療は5日間連続で行い、そして突発性難聴を発症して1週間後の耳鼻科での聴力検査では、もともと聞こえの悪い高音域以外は正常に近づく。

 

耳鼻科の先生からも「年に1人いるかいないかぐらいの聴力の回復ですね」と言われたそうです。

 

また、患者さん自身も鍼灸治療を受けたびに、聞き取りやすくなることを実感されています。

 

 

突発性難聴と鍼灸治療の開始時期

 

今回の例は耳鼻科の治療との併用での鍼灸治療なので、鍼灸治療だけで回復したとは思いませんが、

微力ながらも鍼灸治療も聴力回復の役に立てたのではないかと思います。

 

 

 

 

 突発性難聴治療のゴールデンタイム

 

突発性難聴で聴力回復が可能な時間は限られています。

そのため、耳鼻科との治療と併用しながら、できるだけ早期に鍼灸治療を受けられることをお勧めします。

 

 → 突発性難聴の鍼灸治療はこちらをクリック

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感  | タグ:
耳の閉塞感は首のコリが原因

投稿日:2013年07月31日

耳の閉塞感(耳閉感)、耳鳴りなどの多くは首のコリや肩のコリが原因で起きることが多いです。

先日から来院されている患者様がまさにその「首のコリ」が耳の閉塞感の原因でした。

 

症例

 

女性 40代 福岡市

 

耳の閉塞感の鍼灸治療

症状:右耳のつまり感と違和感が3週間続いている

 

6月頃から仕事などのストレスあり、右耳に違和感を感じていた。

 

7月に入り、右耳閉塞感、聴力の低下を強く感じたため、耳鼻科にて診察を受けたこところ「突発性難聴」と診断される。

ステロイド(プレドニン)を処方された。 (現在はアデホスコーワを服用中)

 

その後、聴力は徐々に回復したが、右耳の閉塞感は一向に改善されない。

特に起床時から夕方までの間が閉塞感が強い。夜になると多少軽減する。

めまいと肩こりが多少ある。

 

 

耳の閉塞感をどうにかしたい! 

 

耳の閉塞感がとにかく苦痛なので、どうにか改善できないかと当院を受診されました。

肩こりはそこまで感じてはいないのとのことでしたが、触診すると右側の首まわりの筋肉が硬く、押さえると痛みを感じる。
首のコリが、右耳の閉塞感に関わっているように思われ、首のコリなどに鍼灸治療を行った。

 

 

首のコリへの鍼灸治療

 

初診は少し緊張気味だったので、非常に軽微な刺激での治療を行った。当日、翌日ともに耳の閉塞感に変化はなかった。

 

数日後、2回目の治療時には首のコリに少し響くように鍼灸治療を行ったところ、倦怠感を感じた。

しかし、翌日にはうその様に右耳の閉塞感がなくなっていたとのことでした。

 

首のコリと耳の閉塞感はあまり関係ないように思われがちですが、実は非常に密接に関わっています。

耳鼻科での治療でもなかなか耳の閉塞感が改善されない方は、ぜひ鍼灸治療をおススメします。

 

→ 耳の閉塞感の鍼灸治療はこちらをご覧ください

 

 

この患者様から治療後の感想を頂きました!

 

耳の閉塞感の鍼灸治療

 

1回目の治療後は変化がありませんでした。

2回目の治療後は体がだるくなりましたが、翌朝耳の閉塞感がうそのようにとれました。

 

発症前に比べると違和感はありますが、約3週間毎朝~夕方にかけて耳の閉塞感が続いていたため、

それがかなり軽減され本当に嬉しかったです。

 

カテゴリー: 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感  | タグ: ,
突発性難聴の聴力回復治療

投稿日:2013年05月27日

30代 女性 福岡市

症状:突発性難聴による聴力低下、耳鳴り、耳閉感、肩こり

totunan-mama1週間ほど前に突然左耳が聞こえなくなり、同時に耳鳴り、耳閉感を感じた。

 

耳鼻科を受診し、「突発性難聴」と診断される。

ステロイド治療を受け、耳鳴り、耳閉感は若干の軽減が見られたが、

 

聴力はほとんど変わらず、聞こえない。

現在2児の子育て中で、毎日育児に追われており、このまま左耳が聞こえないままでは

 

育児を行う上でも支障がでてくるし、非常に不安をかんじる。

インターネットで、突発性難聴に鍼灸治療が効果的なことを知り、

 


hajimetedekinchou福岡で突発性難聴の鍼灸治療を行っている当院のことを知ったが、
「鍼灸治療は痛いだろうし、とにかく怖い」ので、初診時は緊張した様子で来院した。

 

首や耳まわり、肩の触診を行ったところ、ガチガチに硬くなっている様子であった。鍼灸治療が初めてで、かなり緊張している様子だったので、細心の注意を払い突発性難聴に効果的なツボに鍼治療を行った。

 

鍼灸治療後は首まわりがなんとなくズーンとした感覚が残っていたが、
自宅に帰った頃にはその違和感がなくなり、それと同時に耳のつまり感、耳鳴りがスーッと取れて、
よく聞こえるようになったことを実感して、驚いたそうです。

 

その後もう一度鍼灸治療を行い、耳鼻科にて聴力検査を行ったところ、ほぼ聴力が回復しており、
劇的な聴力の回復に本人も驚き、耳鼻科の先生もビックリしたそうです。

 

 choryoku

 


 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1~2回の鍼灸治療で聴力が劇的に回復する例はあまり多くはなく、徐々に回復することが一般的です。
今回、劇的な聴力の回復は発症してあまり経過せずに鍼灸治療を受けていただいたことが大きいかもしれません。

突発性難聴による聴力回復の鍼灸治療はこちらをご覧ください!

 

患者様からの鍼灸治療後の感想を頂きました!

img021

  

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感  | タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

MRI異常なし 坐骨神経痛 お尻のコリ,梨状筋症候群 鍼灸 福岡 お尻の痛み 福岡 お灸 ぎっくり背中 治療 福岡 ぎっくり背中 鍼灸 福岡 ぎっくり腰 ぎっくり腰 治療 福岡 ぎっくり腰 福岡 ぎっくり腰 鍼灸 福岡 ふらつき めまい カッピング 福岡 カモガヤ 花粉症 鍼灸 ゴルフ肘 ツボ デスクワーク 坐骨神経痛, デトックス ツボ トリガーポイント鍼治療 福岡 ハムストリングス ツボ,ハムストリングス 張り パーキンソン病 プレ更年期障害 福岡,プレ更年期障害 治療 福岡 ボトックス、顔面けいれん マラソン お灸 ツボ メニエール めまい メニエール病 福岡 メンズ美容鍼 福岡 レントゲン異常なし 坐骨神経痛 三叉神経痛 鍼灸 福岡 上殿皮神経障害 鍼灸 不妊治療鍼灸福岡 不妊症 不妊症 お灸,不妊症 セルフ灸,二人目不妊 お灸 不妊症 鍼灸 福岡 不妊症鍼灸福岡 不眠症 治療 福岡, 不眠症 鍼灸 福岡 中心性網膜症 鍼灸 福岡,中心性漿液性網脈絡膜症 鍼灸 福岡 五月病 ツボ 五月病 鍼灸 交通事故,坐骨神経痛,ふくらはぎの痛み 人気 低気圧頭痛 鍼灸 福岡,低気圧頭痛 治療 福岡,低気圧頭痛 福岡 低音障害型感音難聴 ツボ 低音障害型感音難聴 鍼灸 福岡 体調不良 鍼灸