耳鳴りの音の種類と鍼灸治療
福岡の鍼灸院

耳鳴りの音の種類と鍼灸治療

耳鳴りの種類と鍼灸治療

耳鳴りの音の種類

耳鳴りで悩んでいる人は非常に多いです。
耳鳴りの程度も様々で、耐えられないくらいツライ耳鳴りや普段は気にならないが、静かなところでは耳鳴りがしていることを自覚する方。そして、耳鳴りの音もいくつか種類があります。

耳鳴りの音や程度は本人にしか分かりませんが、「キーン」、「ピー」、「ジー」、「ゴー」、「ボー」など多種多様です。ただ、その音は大まかに分けると、高音と低音の2種類に分けることができます。

高音性耳鳴り

「キーン」、「ピー」という高音で、金属音や電子音のような音です。

高音性耳鳴りは、首や肩こりによる血行不良、ストレス、突発性難聴、自律神経失調症、老人性難聴、騒音性難聴などが原因のことがあります。

低音性耳鳴り

 「ブーン」、「ボー」、「ゴー」という低音で耳が詰まっているような感じがします。

首や肩こりによる血行不良、ストレス、メニエール病、低音難聴、急激な気圧の変化などが原因のことがあります。
低音の耳鳴りは高音の耳鳴りに比べて、改善しやすい傾向にあります。

耳鳴りの鍼灸治療

耳鳴りと鍼灸
耳鳴りで悩んで当院の鍼灸治療を受ける方は高音であれ、低音であれ、首や肩コリなどによる血行不良やストレスなどいよる自律神経の乱れがある方が多いように思います。

そのため、首肩コリによる血行不良の改善、ストレスなどによる自律神経のバランスの乱れを改善することが大事になります。

耳鳴りの程度よっては非常に改善が難しい症状の一つです。
そのため、早め早めの治療が大事になります。

耳鳴りの鍼灸治療については下記リンク先にもう少し詳しく紹介しています。

 耳鳴りの鍼灸治療

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。
頭痛、肩こり、腰痛など日常的な症状から耳鳴り、めまい、突発性難聴などの耳鼻科系の鍼灸治療を行っている。

「耳鳴りは発症して時間が経過していなければ、回復しやすいので、ぜひご相談ください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

関連記事