子宮内膜症と子宮腺筋症に対する鍼灸
福岡美容鍼灸

子宮内膜症と子宮腺筋症に対する鍼灸

昔に比べ、晩婚化が進んだことや、女性も仕事をバリバリ頑張る時代になった背景もあり、子宮内膜症子宮腺筋症になる女性が増え、10人に1人の割合でなっているそうです。

子宮内膜症や子宮腺筋症は、妊娠しづらい要因になってしまいます。

子宮内膜症とは

子宮内膜とは、子宮の中にある、受精卵が着床するための組織です。

妊娠しなければ、その内膜は剥がれ落ち、経血となって外に出されます。

子宮内膜症は、その子宮内膜が、卵巣や卵管など、子宮の外に出来る病気です。

子宮腺筋症とは

本来、子宮内できるはずの子宮内膜が、子宮筋に出来てしまう病気です。

子宮内膜症と子宮腺筋症では、子宮内膜ができる場所に違いがあります。

子宮内膜症と子宮腺筋症

必要でなくなった子宮内膜は剥がれ落ちて、通常であれば経血として排出できますが、子宮の外に出来たものは体の外に出す出口がありません。

そのため、体内に溜まっていきます。

症状としては、

・激しい生理痛

・年々酷くなる生理痛

・月経過多

・不妊

などが挙げられます。

子宮内膜症と子宮腺筋症の違いは子宮内膜ができる場所ですが、合併して発症していることも多いそうです。

どちらも原因は不明で、様々な説が挙げられています。

鍼灸による施術

子宮内膜症と子宮腺筋症、どちらも原因はハッキリと分かっていません。

いくつかある説の1つに、ストレスがあります。

ストレスが多くかかると、身体の免疫力が下がります(;_:)

そうすると、様々な身体の不調が起こります。

また、子宮内膜症や子宮腺筋症では、普通なら経血として排出される子宮内膜が子宮の外に出来ているので排出できずにいます。

いわゆる、古い血が体内で停滞している、東洋医学でいう「瘀血(おけつ)」状態です。

不妊症 鍼灸

鍼灸による施術では、体の調子を整えていくような施術になります。

腰回りの子宮や卵巣にアプローチするツボ、手足にある自律神経を整える、免疫力をあげる、血の巡りを良くするような効果が期待できるツボに鍼やお灸をおこないます。

体全体の調子を整えていきます♪

そして、万病の元と言われる「冷え」をお灸を使って改善していきます(*^^*)

子宮内膜症や子宮腺筋症で来られる方の多くは不妊でお悩みです。

身体の調子を整え温めることで、妊娠しやすい状態にしていきます(*^^*)

不妊症に対する鍼灸について

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」


関連記事