耳の閉塞感とめまいの鍼灸治療
福岡の鍼灸院

耳の閉塞感とめまいの鍼灸治療

めまいが起こる前兆とは

memaizenchou

メニエール病などで何度もめまいを経験している方は、めまいが起こる前兆などがしだいに分かってきます

・耳の閉塞感や耳鳴りがしはじめる
・なんとなくフラフラしてくる
・肩こりがして、頭痛や頭重感がする
・気分が悪くなる

などなど

その他、下記のような原因でもめまいが起こりやすくなります。

・急激な温度変化や台風・寒波などによる気圧の変化
・風邪を引いたり、病気がちで体調不良
・睡眠不足などによる疲労が溜まっている

これらめまいの原因となる症状・状態を解決することで、めまいの改善、予防につながることがあります。 

首・肩こりの改善がポイント!

当院には多くのめまいでお悩みの方が鍼灸治療を受けに来院されます。
問診、触診などするとその大多数が首や肩コリで悩んでいらっしゃいます。

特に、めまいが起きる数日まえから疲れがたまり、いつも以上に首や肩コリを自覚していることが多いです。

この首肩こりを改善することが、めまいを予防また改善するポイントになってきます。

先日来院された方も、風邪をひいて以降体調をくずし、耳の閉そく感と回転性のめまいを発症していますが、首のコリを自覚しています。

『症状の経過』

風邪 → 首こり → 耳の閉塞感 → 吐き気 → 回転性のめまい(メニエール病) 

という感じで症状がでていましたが、鍼灸治療により首こりと耳の閉塞感が改善されたことで、
めまいが出なくなりました。

めまいの症例

kyu

 男性 40才 福岡市在住

主訴:めまい、吐き気 (メニエール病)

年末に風邪を引いた。年明けに突然耳の閉塞感が続いた後に吐き気と回転性めまいが発症しました。

耳鼻科では「メニエール病」と診断され、投薬治療を行うもなかなか改善が見られませんでした。

10日間の自宅療養中に強烈なめまいに襲われ、3回も救急車で運ばれたそうです。

経過:

12月26日  風邪を引く

 1月 9日  右首のコリと右耳の閉塞感を自覚
耳鼻科を受診、イソプロバイドシロップ、トリノシンなど投薬治療
        夜中に急激なめまいに襲われ、救急車で病院に運ばれる 

 1月13日  耳鼻科にて、イソプロバイドシロップ、トリノシンに加え吐き気止めを追加

 1月15日  朝、急激なめまいに襲われ、救急車で病院に運ばれる

 1月16日  処方された薬の効果を感じないため、耳鼻科に相談しに行く

 1月18日  朝、急激なめまいに襲われ、救急車で病院に運ばれる

  1月19日  鍼灸治療を行う

毎回、耳の閉塞感が強く感じた後に吐き気、めまい発作がおきている。
そのため、耳の閉塞感が改善すればめまいも良くなるのではないかと、鍼灸治療を希望する。
 

当院にて診察したところ、首のコリがあり、また水分代謝機能がうまく働いていないように思われた。

それらに効果的なツボへの鍼灸治療を行ったところ、劇的に耳の閉塞感、回転性のめまいが改善されました。

患者様からの感想

kaku

右耳の閉塞感があり、「めまい(回転性)」や「吐き気」で10日間ほど苦しい思いをしていたこところ、インターネットで当院にたどり着きました。
鍼は人生初の体験でふあんまりましたが、全く痛みもなくリラックスできました。
驚いたのは、治療した12時間後に右耳の閉塞感がすっかり改善し、苦しかった「めまい」「吐き気」から解放されました。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

関連記事

→ めまいの鍼灸治療

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。
耳の症状、肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

「耳の閉塞感、めまいなどの症状には鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ受けてみてはいかがでしょうか?」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

関連記事