疲労回復 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


福岡の鍼灸院

»疲労回復

自律神経失調症に効く背中のツボ

投稿日:2018年03月19日

自律神経失調症は様々な症状がでます。

「身体がだるい・重い」

「疲れやすい」

「首・肩・背中がコル、痛い」

「胸がソワソワする」

「気分がスッキリしない」

「元気が出ない」

 

自律神経は身体の様々な器官をコントロールしています。そのため、自律神経が乱れると身体全体の調子が崩れていきます。ただ、身体のあちこちが不調なのに、病院で精密検査を行っても、問題がないことがほとんどです。

 

自律神経失調と背中のツボ

自律神経失調症と背中のツボ

自律神経失調症は病院での検査では問題のない方がほとんどですが、東洋医学(鍼灸治療)では、自律神経失調症の方の背中のツボを触ってみると、ツボに反応、異常がでていることがよくあります。

 

自律神経失調症の人は肩甲骨辺りに痛み・コリを感じる方が多く、1つ1つの背骨の間にあるツボを押さえてみると、すごく痛く感じる所があります。その痛く感じるところが、自律神経失調に効く・改善するツボになります。

 

 

自律神経失調症に効く背中のツボ

 

自律神経失調症に効く背中のツボ

背中にはたくさんのツボがあります。背骨の上には「督脈(とくみゃく)」というツボの流れ(経絡)があります。そして、督脈は自律神経ととても関係のあるツボが存在しています。 

 

特に「背中がいつも痛い」「背中が重だるい」「動悸がよくする」「胸がソワソワする」などの症状がある方には、この督脈上のツボを押さえてみてください。
そして、痛いツボがあれば、そこにお灸をすることで、自律神経の乱れを整えていきます

背中のツボはご自身で押さえることができませんので、ご家族の方に押さえてもらってみてください。そして、痛いところがあれば、そこにお灸をしてみてください。 

 

自律神経失調症による症状は様々なので、鍼灸治療も同時に受けられることをおススメします。

→ 自律神経失調症の鍼灸治療

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 
肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「自律神経失調症は鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ」「自律神経失調症の鍼灸治療

カテゴリー: めまい, 不眠症, 体調不良, 冷え性, 疲労回復, 福岡の鍼灸院, 背中の痛み, 自律神経失調症 |タグ: , , ,
梅雨の体調不良「だるい」「めまい」「吐き気」は「湿邪」が原因そして効果的なツボ

投稿日:2017年06月09日

83c6d55bed836354c3d8d4d558140eb3_s
梅雨の時期になると、体調を崩す方がいます。
特にだるい、めまい、吐き気、むくみなどの症状で悩む方がいます。

東洋医学では、これらの症状は体内に停滞した水分が原因と考えられています。
この余分な水分のことを「湿邪」と言います。

特に梅雨になると湿気が多くなり、それが、湿邪となって悪さをします。

身体の機能がうまく働いていると、この余計な水分を溜めることはありませんが、
自律神経の働きが悪く、体内の水分をうまく排出できないと、体調が崩れます。

梅雨の時期以外でも、新陳代謝の悪い人では体に余計な水分(湿邪)が溜まりやすいです。
この湿邪が原因で様々な症状が出てきます。

 

湿邪の特徴と症状

 8a0254f01c626daac44d763b6e3d55f9_s

湿邪には「重い」「停滞」という特徴があります。
そのため、頭や体が重い、頭がスッキリしない。
新陳代謝が良くない人では、体がむくみやすくなります。

また、湿邪が体の中に入りこんでくると、胃腸の調子も悪くなります。
そのため、食欲不振や吐き気などがでてきます。

 

水はけのよい身体作り

 名称未設定-1
体内に余計な水分を溜めないためには、身体を動かして、代謝を上げることが重要です。
ウォーキングなどがおススメです。
また、「発汗」「利尿」作用のあるものを食べることも大事です。

発汗作用のある食物

ネギ、しょうが、にんじん、カボチャ・・・

利尿作用のある食物

キュウリ、白菜、とうもろこし、じゃがいも・・・・

 

溜まった水分(湿邪)を取り除くツボ

名称未設定-1 
豊隆は身体の中に溜まった余計な水分を取り除くツボです。
お灸をしてみてはいかがでしょうか?

またこのツボ以外にも体調を整えるツボにお灸をすると効果的です。

 

自律神経に効果的なツボ

 

梅雨と自律神経失調症の関係

 

自律神経を整える鍼灸治療

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「梅雨時の体調不良は自律神経を整える鍼灸治療で症状が改善できます」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: お灸, めまい, 体調不良, 気象病, 疲労回復, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症, 食欲不振 |タグ: , , ,
鍼灸治療を受けた日はぐっすり眠れるワケとは

投稿日:2016年09月09日

「鍼灸治療を受けた日はぐっすり眠れるんです」

「鍼治療を受けるようになってからよく眠れるようになりました」

 

また鍼灸治療をしている最中に、

「鍼をされてる間にスーッと寝落ちてしまいます」

 

よく患者様がこのように言われます。

 

DSC01222 (1)

 

鍼灸治療を受けたことない人からすると、

「針が身体に刺さっているのに眠くなるはずがない」

「針の痛みで眠れるはずがない」

 

 そう思うのは当然だと思います。

 

でも、本当に鍼灸治療を受けると眠くなるし、夜もぐっすり眠れる方がいます。

 

 

 

鍼灸治療で眠くなるワケとは

 

鍼灸治療をすると、

・からだのコリがほぐれる

・血流が良くなる

・神経の高ぶりがおさまる

・リラックスする(自律神経が整う)

 

このような効果があります。

 

それで、鍼灸治療を受けている最中や鍼灸治療を受けた日の夜はぐっすり眠れるようになるんです。

 

 

 

セルフお灸で眠りモードをONに

 

また、当院での鍼灸治療とは別に自宅でお灸をしていただくことがあります。

就寝前にお灸をすると、日中の活動モードから夜のお眠りモードに自律神経のスイッチを切り替えてくれます。

 

その状態で就寝すると、眠気が自然にやってきて、夜もグッスリ眠れます。

夜中に何回も目を覚ましていたという方は目を覚ます回数が減ったりします。

 

 セルフお灸

なかなか寝付けない、寝ても熟睡感が得られない方はぜひ鍼灸治療を受けてみてはどうかと思います。

鍼灸治療はお薬のような依存性や副作用はありませんので、ご安心ください。

 

 

よく眠れるようになる自律神経失調症の鍼灸治療 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 不眠症, 体調不良, 疲労回復, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症, 食欲不振 |タグ:
食欲不振の鍼灸治療

投稿日:2016年08月04日

「食欲がなくて・・・」

「ごはんが美味しく感じない・・・」

「お腹がすかない・・・」

 

「食欲不振の鍼灸治療」で来られる方はこのように言われることが多いように思います。

 

食欲不振の鍼灸治療

食欲不振になる原因はいくつかありますが、

主に2つの原因が考えられます。「日常生活におけるストレスが原因」「胃腸の病気などが原因」である場合です。

 

そして、食欲不振の鍼灸治療を受けに来られる方の多くは、「日常生活におけるストレス」が原因です。

 

日常生活のストレスが原因で自律神経のバランスが乱れ、胃腸の働きが悪くなって、食欲不振になります。

 

日常生活によるストレスには、「人間関係などによる精神的なストレス」「疲労などによる身体的ストレス」がありますが、いづれの場合でも自律神経を整え、胃腸の働きを正常にすることが、食欲不振を改善することになります。

 

 

 

食欲不振に効くツボ「胃の六つ灸」

 

 ien-tubozu

 

背中にある6つのツボにお灸をすることで、胃腸の働きを整えることができます。

「胃の六つ灸」の場所は、説明が難しいので、興味のある方はご相談ください。

 

 

食欲不振の鍼灸治療についてはこちらを参考にしてください。

「胃痛の鍼灸治療」

「自律神経失調症の鍼灸治療」

 

 

 

 

 

カテゴリー: 疲労回復, 福岡の鍼灸院, 胃痛, 自律神経失調症, 逆流性食道炎, 食欲不振 |タグ: ,
ジョギングによる足の疲労に効くツボ

投稿日:2015年12月01日

o0480036013151777464福岡では今週末に「福岡国際マラソン」が開催されます。

毎年、沿道にて選手の応援をしています。

 

 

超一流選手のスピードはとにかく速い!

あのスピードで42.195キロ走るってすごいなと思います。

 

 

また、最近は市民マラソン大会などが各地で盛んに行われています。

福岡でも先月第2回の福岡マラソン大会がありました。

 

 

 受付嫁も人生初のフルマラソンでしたが、無事に完走しました!

 ↓詳しくはコチラをクリック↓

//www.hakoshima.com/blog/2015/11/marathon-2/

 

 

大会前には、多くの市民ランナーが大濠公園で練習している姿をよく見かけましたが、

なかには猛特訓しすぎて、ふくらはぎに張りを感じたり、坐骨神経痛などの症状が出てしまう方もいるようです。

当院に鍼灸治療を受けて来られた方もいました。

 

足に疲労がたまると、思うように走れなくなります。

今回、ジョギングによる足の疲労をとるツボを紹介します。

 

 

t01450219_0145021911694186104

  足三里(あしさんり)

ヒザのお皿の下の外側のくぼみから指4本分下にさがったすねにあります。
押さえるとズーンと響くところです。

 

この足三里は江戸時代、「奥の細道」で知られる俳人の松尾芭蕉がこのツボにお灸をしながら、長旅を続けたことで有名なツボです。

 

「足三里にお灸をしたら、あと三里(約12㎞)歩ける」

「旅をする時は足三里には必ずお灸をしろ」

と言われるぐらい、疲労回復に効果的なツボなんです。

 

 

 

 

moxa-top-pic2

 

お灸は自宅で手軽にできますので、ぜひ足に疲労を感じた方は、

足三里にお灸をしてみてはいかがでしょうか? 

 

ツボの場所やお灸の仕方が分からない時は当院にて指導いたします。

 

コチラをクリック→ セルフお灸のツボ処方

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: お灸, 疲労回復, 福岡の鍼灸院 |タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

IT眼症 お灸 ツボIT眼症 ツボIT眼症 鍼灸 福岡MRI異常なし 坐骨神経痛お尻のコリ,梨状筋症候群 鍼灸 福岡お尻の痛み 福岡お灸かかと 痛みかかとが痛いかかと痛ぎっくり背中 治療 福岡ぎっくり背中 鍼灸 福岡ぎっくり腰ぎっくり腰 治療 福岡ぎっくり腰 治療 福岡市ぎっくり腰 福岡ぎっくり腰 鍼灸 福岡ぎっくり腰 鍼灸 福岡市ふくらはぎ外側の痛み お灸 ツボふくらはぎ外側の痛み ツボふらつきめまいめまい ツボめまい 効く ツボめまい 水毒 ツボめまい 治療 福岡めまい 鍼灸 福岡カッピング 福岡カモガヤ 花粉症 鍼灸ギランバレー症候群 複視 福岡ゴルフ肘ツボデスクワーク 坐骨神経痛,デトックス ツボトリガーポイント鍼治療 福岡ハムストリングス ツボ,ハムストリングス 張りハント症候群 治療 福岡ハント症候群 鍼灸 福岡ハント症候群 顔面神経麻痺 治療 福岡ハント症候群 顔面神経麻痺 鍼灸 福岡パーキンソン病フィッシャー症候群 複視 福岡プレ更年期障害 福岡,プレ更年期障害 治療 福岡ベル麻痺 治療 福岡ベル麻痺 鍼灸 福岡