耳の閉塞感は首のコリが原因
福岡の鍼灸院

耳の閉塞感は首のコリが原因

耳の閉塞感の症例

耳の閉塞感(耳閉感)、耳鳴りなどの多くは首のコリや肩のコリが原因で起きることが多いです。
先日から来院されている患者様がまさにその「首のコリ」が耳の閉塞感の原因でした。

耳の閉塞感の鍼灸治療

女性 40代 福岡市

症状:右耳のつまり感と違和感が3週間続いている

6月頃から仕事などのストレスあり、右耳に違和感を感じていた。

7月に入り、右耳閉塞感、聴力の低下を強く感じたため、耳鼻科にて診察を受けたこところ「突発性難聴」と診断される。

ステロイド(プレドニン)を処方された。 (現在はアデホスコーワを服用中)

その後、聴力は徐々に回復したが、右耳の閉塞感は一向に改善されない。

特に起床時から夕方までの間が閉塞感が強い。夜になると多少軽減する。

めまいと肩こりが多少ある。

耳の閉塞感をどうにかしたい!

耳の閉塞感がとにかく苦痛なので、どうにか改善できないかと当院を受診されました。

肩こりはそこまで感じてはいないのとのことでしたが、触診すると右側の首まわりの筋肉が硬く、押さえると痛みを感じる。
首のコリが、右耳の閉塞感に関わっているように思われ、首のコリなどに鍼灸治療を行った。

首のコリへの鍼灸治療

耳のつまり(耳閉感)に効くツボ

初診は少し緊張気味だったので、非常に軽微な刺激での治療を行った。当日、翌日ともに耳の閉塞感に変化はなかった。

数日後、2回目の治療時には首のコリに少し響くように鍼灸治療を行ったところ、倦怠感を感じた。

しかし、翌日にはうその様に右耳の閉塞感がなくなっていたとのことでした。

首のコリと耳の閉塞感はあまり関係ないように思われがちですが、実は非常に密接に関わっています。

耳鼻科での治療でもなかなか耳の閉塞感が改善されない方は、ぜひ鍼灸治療をおススメします。

治療後の感想を頂きました!

 

耳の閉塞感の鍼灸治療

1回目の治療後は変化がありませんでした。

2回目の治療後は体がだるくなりましたが、翌朝耳の閉塞感がうそのようにとれました。

発症前に比べると違和感はありますが、約3週間毎朝~夕方にかけて耳の閉塞感が続いていたため、

それがかなり軽減され本当に嬉しかったです。

耳の閉塞感関連記事

→ 耳の閉塞感の鍼灸治療

→ 低音障害型感音難聴の鍼灸治療の症例

→ 耳のつまり感に効くツボ

→ 耳鳴り・突発性難聴の鍼灸治療 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。
肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、突発性難聴などの鍼灸治療を行っている。

「耳鳴り・難聴・耳閉感などの症状は鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

関連記事