交通事故による後遺症‐坐骨神経痛の鍼灸治療

サイトマップ


交通事故

交通事故による後遺症‐坐骨神経痛

投稿日:2013年04月27日

交通事故による坐骨神経痛30才代 女性 福岡市

症状: 腰痛、左お尻、ふくらはぎ、足先の痛みとしびれ

3ヶ月前に追突され、それ以来交通事故の後遺症として坐骨神経痛症状が続いている。
病院、整骨院での湿布、マッサージや電気治療治療を数ヶ月続けてきたが、
なかなか改善しないため当院を受診。

 

 

腰から足先にかけて筋肉が張っており、特に仙骨付近の圧痛があり、
長時間座っているとお尻の横辺りから痛みが増してくる。
ちょうど坐骨神経が出てくるところでした。

 

 

坐骨神経痛の場合、多くの方がこの仙骨付近に圧痛があり、ここが治療ポイントになってきます。
ちょうど「秩辺」というツボの場所になってきます。
ここに少し長めの針を入れていくことで、筋肉の緊張が緩み、坐骨神経にも良い影響を与えることができます。
針がお尻の奥にある硬くなった筋肉当たると「痛気持ちい良い」感覚がしてきます。

 

 

当院での鍼灸治療を10回ほど受け、かなり痛みが軽減したので、しばらく様子を見ることにしました。
交通事故の後遺症として、むちうちなど首に症状がでることが多いですが、
受傷時の状況によっては坐骨神経痛がでることも多いようです。

 

 

交通事故の後遺症(ムチウチや神経痛)には鍼灸治療は効果的なことが多いので、
似たような症状をお持ちの方は当鍼灸院にご相談ください。

 

交通事故による後遺症の鍼灸治療はこちらをご覧ください。

坐骨神経痛みの鍼灸治療はこちらをご覧ください。

 

カテゴリー: 交通事故, 坐骨神経痛, 福岡の鍼灸院 |タグ:

TEL:092-721-0086