近視性黄斑変性症(脈絡膜新生血管)の鍼灸
福岡の鍼灸院

近視性黄斑変性症(脈絡膜新生血管)の鍼灸

ouhan

近視性黄斑変性症(脈絡膜新生血管)とは

黄斑変性症の一つに「近視性黄斑変性症」があります。
近視性血管新生黄斑症、脈絡膜新生血管などいう場合もあります。

近視性黄斑変性症の主な症状

・視力低下
・変視症(ゆがんで見える)
・中心暗点(中心部が暗くなって見えにくい)

などの症状があります。
特に視力が急激に低下しやすい。

近視性黄斑変性症は、網膜の下にある脈絡膜(みゃくらくまく)側から不良な血管が伸びて、出血やむくみが原因で目が見えにくくなります。

加齢性黄斑変性症が50~60歳代に発症しますが、近視性黄斑変性症は、30~40歳代で発症します。

近視性黄斑変性症の鍼灸

眼精疲労の鍼灸治療の風景

近視性黄斑変性症の鍼灸では、眼底の血流改善を目的として、目の周囲、首や肩背中、手足などのツボに鍼灸治療を行います。
近視性黄斑変性症は目の病気ですが、体全体を整えていことが重要です。

関連記事

 加齢性黄斑変性症の鍼灸 

▶ 眼精疲労の鍼灸

 中心性網膜症の鍼灸

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。
肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

「近視性黄斑変性症は鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてください」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

関連記事