眼精疲労

眼精疲労

福岡で眼精疲労・ドライアイの鍼灸施術

眼精疲労の主な症状

眼精疲労の鍼灸治療の風景

福岡天神にある当鍼灸院では眼精疲労・ドライアイの鍼灸施術を行っています。眼精疲労の鍼灸では目の周りや首や肩などのツボに施術することで、目が疲れる、痛い、充血する、しょぼしょぼする、目が乾くなどの症状を緩和・改善していきます。

目薬をしてもなかなか症状が改善しない方やほかに症状を軽減する方法がないかお悩みの方は、鍼灸をうけてみてみてはどうでしょうか。

福岡で眼精疲労・ドライアイでお悩みの方は当院にご相談ください。

眼精疲労とは

眼精疲労とは、パソコンやデスクワークなど長時間続けることで起きる眼の痛み、かすみ、まぶしさや・充血など目の症状がでてきます。そのほか、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現します。

また、パソコンを凝視することで、まばたきの回数が減ることにより涙の減少・変化によって、目の表面、角膜や結膜の健康が損なわれます。

それにより目の乾きや目のかすみ、ゴロゴロする、目が重い、しみるなどのドライアイと言われる症状を引き起こします。

【眼精疲労の主な症状】

・目の症状
目が疲れる、目かすむ、目がぼやける、目が痛い、目の奥が痛い、目が充血する、目が重い、目がしょぼしょぼする、
目がまぶしい、涙が出る、視力の低下、目が乾く(ドライアイ)など
・身体の症状
肩こり、倦怠感、頭痛、頭重感、めまい、吐き気、胃の不快感など

眼精疲労の鍼灸

後頭神経痛の鍼灸治療風景

眼精疲労(疲れ目)でお悩みの方の多くは、首コリ、肩こりが原因になっていることがあります。そのため、首や肩のツボに鍼をしていきます。

また目の周りの血流を改善するために目の周りにあるツボにも鍼を行います。
鍼灸施術後には目の周りが明るく感じたり、視界が広がって見えるなどを感じる方が多くいます、

目薬をしてもなかなか症状が改善しない方やほかに症状を軽減する方法がないかお悩みの方は、鍼灸施術をうけてみてみてはどうでしょうか。

眼精疲労・ドライアイに効くツボ

眼精疲労のツボ

目の症状に効くツボは目の周りや首、肩などに沢山あります。また、手や腕にも目と関係のあるツボがあります。

これらのツボに鍼灸を行うと、眼の周りの血流がよくなり、不快な症状を改善していきます。

ドライアイの方では目薬をさす回数が減っていきます。

手にある「合谷」というツボは眼精疲労に効果的なツボです。

合谷は自宅にてセルフお灸をしていただくと、施術効果を高めることが期待できます。

関連記事

 眼精疲労と目の周りの筋肉

眼球は6本の筋肉で支えられており、これらの筋肉が疲れると眼精疲労の原因になります。

 光がまぶしい原因とは?

「光がまぶしく感じる」という方がいます。眼精疲労や肩こり、自律神経の乱れが原因とし考えられます。

 目の奥の痛みと首コリの関係とは?

「目の奥が痛い」という方がいます。首の筋肉が原因のことがよくあります。

 眼精疲労と首肩のツボについて

眼精疲労は首や肩のコリを改善することが重要です。首や肩の筋肉やツボを紹介しています