気象病による頭痛に効くツボ
福岡の鍼灸院

気象病による頭痛に効くツボ

1

天候が体調不良の原因となる「気象病」について、また気象病に効果的なマッサージやツボについての取材を受けました。

2

気象病はおもに雨降り前などの低気圧が近づいて来たときに症状がでます。
代表的な気象病の症状
・頭痛・むくみ・めまい・関節痛・倦怠感などなど

そして、この中で特に頭痛やめまい等の症状がある方が多いように思います。

雨降り前などに体調が悪くなる方は、自律神経が対応できないために症状が悪くなります。
体調を整えておくと、気象病になりにくくなったり、症状が軽度で済むこともあります。

4

気象病になる方は、耳回りや首回り 血流を良くしてあげると、予防につながることがります。
耳回りを気持ちよい程度にマッサージしてみることをおススメします。

3

また、気象病の症状で最も多い「頭痛」に効果的なツボは合谷(ごうこく)です。上図 の★マーク部分にあります。
気持ちよい程度に指圧してみてください。

5

合谷(ごうこく)の場所が、分かりにくければ、★マーク付近を押さえてみて、一番気持ちよく感じるところを指圧してください。

気象病は雨降り前、梅雨の時期、季節の変わり目など気候が変動する時に起きる症状なので、いつも体調を整えておくことが、予防にもつながります。

是非耳のマッサージやツボ押しを行ってみることをおススメします。

~気象病の関連記事~

気象病・天気痛について

頭痛の鍼灸治療

自律神経失調症の鍼灸治療

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。
耳の症状、肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

「気象病による頭痛・肩こり・めまいなどの体調不良は鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ受けてみてはいかがでしょうか?」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

関連記事