眼筋麻痺の鍼灸治療を福岡でお探しの方へ

サイトマップ


眼筋麻痺

眼筋麻痺の鍼灸治療

投稿日:2017年06月13日

 bfecb4f6c0f857a740d121084a2c3505_s
眼筋麻痺は、眼を動かす筋肉や眼筋に関係する神経に問題があり、眼が麻痺します。

そのため、「モノが二重に見える(複視)」「眼球の動きが悪い」「眼が外側や内側に向いてしまう」などの症状が出す。 

眼筋麻痺の原因はいくつかありますが、当院の鍼灸治療で対応している眼筋麻痺は病院での精密検査で異常が見つからない。原因不明のものです。

お医者様からは「ストレス」「疲労」などが原因として言われることが多いです。

ビタミン剤などが処方され、回復するのを待つ感じになります。

鍼灸治療では体調を整えることで、眼筋麻痺からの回復を促進する効果があります。

 

眼筋麻痺の鍼灸治療の症例

 

50代 女性 北九州市在住

5か月前に原因不明の眼筋麻痺(外直筋麻痺)になり、ビタミン剤を服用して2か月ほど様子を見ていた。
しかし、なかなか回復しないため、他に何かいい方法がないかと探したところ鍼灸治療にたどり着きました。

 週1回の治療を3か月ほど続けたところ、眼筋麻痺は治り、物が二重に見える複視も直りました。

複視がひどい時は、両目で物を見るのが辛かったけど、今は完全に良くなり、大好きな折り紙ができると喜んで頂きました。

最後の鍼灸治療の日には折り鶴を持って来られました。

 

名称未設定-1

眼筋麻痺でお悩みの方は、鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

→ 眼筋麻痺(複視)の鍼灸治療

→ ギランバレー症候群・フィッシャー症候群による複視の鍼灸治療

 

 

 眼筋麻痺の患者様からの感想を頂きました。 

EPSON MFP image 

私は1月17日の朝、突然に目の焦点が合わずにふらつき歩けなくなりました。

眼科に行き、診断結果は「外直筋麻痺」でした。原因を調べる為、

脳神経外科に行きMRI等検査を受けましたが、異常はなく結局原因不明でストレスによるものですと言われました。

医師からは治療法はなくビタミン剤を処方されただけした。

 

物が二重に見え、すべての事に時間がかかり生活に不安をかかえ、夜も眠れない日が続きました。

そんな時にインターネットで貴院に出会いました。

 

針治療は初めてで、特に目のまわりは緊張しましたが、全く痛くありませんでした。

時には寝てしまうこともありましたが、7回目くらいから見え方に変化が出てきました。

3か月で目の違和感もとれ、普通の生活に戻ることが出来てとても嬉しく思っております。

 

何よりも感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「なかなか改善しない眼筋麻痺でも鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: 眼筋麻痺, 福岡の鍼灸院, 複視 |タグ: , , ,

TEL:092-721-0086