「咽喉頭異常感症」に効くツボ

サイトマップ


咽喉頭異常感症(梅核気)

喉のつまり「咽喉頭異常感症」に効くツボ

投稿日:2016年03月30日

 

咽喉頭異常感症に効くツボ

 

「のどに何か詰まっている感じがする」

「のどになんか引っ付いている感じがする」

「のどが締め付けらた感じする」

 

でも、病院で診てもらったが、喉には異常が見当たらない・・・。

 

このような症状のことを「咽喉頭異常感症」と言います。

また、「ヒステリー球」や「梅核気」などとも呼ばれています。

 

 

「病院での検査で異常がなければ、治療のしようがない・・・」

 

当院にもこのような喉の違和感を訴える患者様が来院されます。

 

診察をしてみると、「咽喉頭異常感症」、「梅核気」などの症状のある方には、首や肩こりがあるようです。

胸鎖乳突筋などが固くなっている方も多く、そして自律神経が乱れがちです。

慢性的に疲れていたり、不眠、動悸、不安感等もある方も。

 

喉自体に異常はなくても、首や喉周りの筋肉が固くなっていることが、「咽喉頭異常感症」の原因となっていることがあるようです。

 

 

 

 「咽喉頭異常感症」に効くツボ

 

 咽喉頭異常感症に効くツボ

 

「咽喉頭異常感症」の鍼灸治療では、胸鎖乳突筋などの首や肩のコリを改善して、

自律神経を整えることで喉の違和感を解消していきます。

 

その代表的なツボが「合谷(ごうこく)」です。

 

人差し指と親指の骨が合流するところから、やや人差し指よりにあります。

このあたりに、「くぼみ」があり、指で押さえてみると、ズーンと響く感じがするところです。

 

 

喉に違和感を感じる方は、「合谷」を指圧したり、お灸をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

「咽喉頭異常感症」に効果のある鍼灸治療

 

咽喉頭異常感症の鍼灸治療

 

咽喉頭異常感症(梅核気)は自律神経失調による症状の1つです。

そのため、自律神経を整える鍼灸治療にて喉の違和感が徐々に改善していきます。

  

咽喉頭異常感症の鍼灸治療のポイント

・首肩の凝り、胸鎖乳突筋の緊張を取る鍼灸治療

・手足などにある自律神経を整えるツボへの鍼灸治療

 

 

詳しくは→ 咽喉頭異常感症(自律神経失調症)の鍼灸治療

 

 

福岡自律神経失調症の鍼灸治療

詳しくは→ 自律神経失調症専門の鍼灸治療でテレビ取材を受けました 

 

 

 

カテゴリー: 咽喉頭異常感症(梅核気), 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症 |タグ: , , ,

TEL:092-721-0086