10月 2017 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


月別アーカイブ:10月 2017 - 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

フィッシャー症候群・ギランバレー症候群による複視の鍼灸治療

投稿日:2017年10月31日

複視の鍼灸治療

 

複視になる原因として、ギランバレー症候群・フィッシャー症候群があります。

 

これらの病気は、手足の動きが悪くなったり、複視などの症状がでます。

 

複視とは眼球を動かす筋肉が麻痺することで起きます。

眼筋が麻痺すると、物が二重三重に見えたり、見たい方向に眼球が動かない症状が起きます。

複視で悩んでいる方は物が見えづらいために「気分が悪くなる」という方が多いです。

 

 

当院にはこの複視の改善を目的とした鍼灸治療を行っています。

鍼灸治療を行うことで、徐々に複視症状が改善する例があります。

 

先日、フィッシャー症候群(ギランバレー症候群)による複視が改善がしないため、当院で鍼灸治療をおこなったところ、徐々に複視症状が改善されました。

 

フィッシャー症候群(ギランバレー症候群)による複視でお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

  

 

 

 【フィッシャー症候群による複視の鍼灸治療を受けての感想】

 

 

EPSON MFP image

 

福岡市在住 30代 男性

主訴:ギランバレー・フィッシャー症候群による体のふらつき、目の複視

 

7月末に、フィッシャー症候群というとても珍しい病気にかかってしまい、大学病院に1ヵ月と、リハビリ専門の病院に3週間入院しておりました。

 

退院時には、体のふらつきはほぼ完治しておりましたが、眼の複視だけは時間がかかるとの事で、治りませんでした。

インターネットの口コミで、複視には鍼治療が良いというのを見て、こちらの鍼灸治療を1度やってみようという思いで受診しました。

 

1度目終了した後は何も変化はなかったのですが、次の日の朝、起きた時に、いつもと違って目の見える角度が広がっていて正直驚きました。

その後は数日で元に戻ったのですが、鍼治療を2回、3回と1週間に1度やって頂いているうちに、複視の症状がほぼ完治しました。

 

当院を受診して本当に良かったと思っております。

 

 

~複視関連ページ~

複視の鍼灸治療について

原因不明の複視の鍼灸治療症例

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院 |
上殿皮神経障害の鍼灸治療

投稿日:2017年10月03日

日常的によく起こる「腰痛」ですが、

レントゲンやMRIなどの精密検査を受けても異常がない腰痛は85%と言われています。

原因が分からない腰痛は実はこんなにも多いんです。

 

 原因不明の腰痛

 

 

原因不明の腰痛は上殿皮神経障害かも

 

原因不明の慢性腰痛の10%は上殿皮神経障害によるものと考えられています。

上殿皮神経は腰の深部からお尻の表面に向かって存在する神経です。

この神経が腰の筋肉などに圧迫されて起こる神経障害を「上殿皮神経障害」と言います。

 

上殿皮神経によって起きる腰痛は腰をひねったり、そらしたりすると、腰の中心から7センチくらい外側(神経が圧迫されている所)に痛みがでます。
また、長時間立っていたり、長時間座っていたりすると痛くなることがあります。

 

上殿皮神経障害による腰痛の特徴

・上殿皮神経が圧迫されているところを押すとそこからおしりにかけて痛みがでる
・長時間、立ちっぱなし、座りっぱなしで痛みがでる
・立ち上がる、座るなどの動作をする時に痛みがでる

 

 

 上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療

上殿皮神経障害は、レントゲンやCT、MRIなどの精密検査ではわかりません。

 

そのため、原因不明の腰痛として扱われてしまうようです。

 

 

 

 

上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療

 

上殿皮神経障害による腰痛の鍼灸治療 

 

 

 

上殿皮神経が圧迫されている所を中心に鍼灸治療を行っていきます。

鍼灸治療を行うことで、上殿皮神経への圧迫が緩み、腰痛が改善していきます。

 

レントゲンやMRIなどの精密検査をしても原因が分からない腰痛にお悩みの方は

上殿皮神経による可能性もありますので、鍼灸治療を受けてみてはいかががでしょうか。

 

  

↓↓クリック↓↓

腰痛の鍼灸治療

 

 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 背中の痛み, 脊柱管狭窄症, 腰痛 | タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ