眼瞼下垂 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


福岡の鍼灸院

»眼瞼下垂

目のまぶしさに効果的な鍼灸治療

投稿日:2017年08月09日

光がまぶしい

 「光がまぶしく感じる」

「眩しくてテレビを見るのもつらい」

「目がまぶしくて頭痛までする」

 

当院にはこのような「光がまぶしい」という悩みで鍼灸治療を受けに来られる方がいます。

 

「光がまぶしく感じる」という病気はいくつかありますので、まずは眼科等専門医で診察してもらうのが大事です。

そして、特に目などに異常がない場合は、鍼灸治療が適応することがあります。

  

 

眩しいのは自律神経の乱れが原因!?

 

 光のまぶしさの原因 

瞳孔は目の中に入ってくる光の量を調節する働きがあります。

普段、私たちの目はこの瞳孔を収縮させたり、弛緩させたりして、まぶしくないようにしています。

 

この瞳孔の開き具合は自律神経の働きによって調節されます。

そのため、自律神経に不具合が起きると、瞳孔を収縮しないといけない時にうまく収縮できず、目に光が多く入ってしまい、まぶしく感じてしまいます。

  

 

首肩のコリも原因

 

「まぶしい」で来院される方を診察してみると、その多くの方に首肩のコリがあります。

この首肩のコリが改善すると、目のまぶしさも徐々に改善していく例があります。

 

そのため、首肩のコリをとることも「まぶしさ」を改善するうえで、とても重要になります。

 

 

目のまぶしさに効果的な鍼灸治療

 

目のまぶしさには自律神経の乱れや首肩のコリが関係します。

そのため、手足などにある自律神経の働きを整えるツボや首肩のコリをとるツボ。

あと、眼精疲労に効くツボに鍼灸治療を行います。

 

そうすると、光のまぶしさの程度やまぶしく感じる頻度が徐々に改善していきます。

 光がまぶしくてお困りの方、鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

↓↓ クリック ↓↓

眼精疲労に効く鍼灸治療

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「なかなか改善しない眼精疲労でも鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: 目の奥の痛み, 眼瞼下垂, 眼瞼痙攣, 眼精疲労, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症, 頭痛, 顔面けいれん |タグ: , , ,
眼瞼下垂の鍼灸治療

投稿日:2016年07月14日

眼瞼下垂で悩んでいる方が鍼灸治療を受けに来院されます。

 

まぶたが下がって、左右の目の大きさが変わり、眼瞼下垂をしている目が小さく見えます。

また、まぶたが重く感じたり、症状がひどいと前が見えにくくなります。

 

眼瞼下垂の原因は色々あり、鍼灸が不適応の場合もありますが、

肩こりや首のこり、眼精疲労が原因で起きる眼瞼下垂であれば鍼灸治療で改善します。

また、それら以外の原因でも改善する場合もあります。

 

 

眼瞼下垂に効果的なツボ

 

首のコリのある部分や手足、目の周りなどにありますが、

今回は目の周りにあるツボを紹介します。

 

名称未設定-2

 

攢竹(さんちく)

まゆ毛の鼻側の端で、そのあたりを指で押さえると、少しへこんでいるところ。

 

魚腰(ぎょよう)

まっすぐに前を向いた時の瞳の真ん中の線上で、眉毛の中央。

 

絲竹空(しちくくう)

まゆ毛の耳側の端で、少しへこんだところ。

 

これらのツボを優しく指圧してみると、目の開きが良くなってきます。

注)あまり強く押しすぎないこと

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 眼瞼下垂, 眼瞼痙攣, 福岡の鍼灸院 |タグ:

TEL:092-721-0086