12月 2014 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


月別アーカイブ:12月 2014 - 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

円形脱毛症が鍼灸治療で完治しました!

投稿日:2014年12月10日

 

 円形脱毛症はある日突然、髪の毛が抜けてしまいます。

10円玉程度の円形脱毛症であれば、1~2ヶ月もすれば自然と治ります。

また、皮膚科での投薬治療で改善する方もいます。

 

 

しかし、なかには円形脱毛がみるみる広がり、またいくつもできてしまい、

 数ヶ月、数年たっても円形脱毛症が治らない」と悩んでいる方もいます。

当院にも「円形脱毛症は鍼灸治療で完治できますか?」とお問い合わせいただくことがよくあります。

 

 enk

 

半年前に来院された男性がそのケースです。

1年前に円形脱毛症になり、皮膚科での飲み薬、塗り薬などを半年以上続けてきました。
しかし、一向に治らず、円形脱毛症の数が増え、広がっていきました。

 

 

それで、「円形脱毛症が鍼灸治療で完治できる」ということを知り、鍼灸治療を開始しました。

週1回の治療を2~3ヶ月程度行ったところ少しずつ脱毛部に毛が生え始めていき、

半年後には円形脱毛症が完治しました。

 

 

円形脱毛症の鍼灸治療では脱毛部の血行の促進、手足など自律神経を整えるツボを刺激することで、

発毛を促進していきます。

 

 

詳しくはこちらをクリック→ 円形脱毛症の鍼灸治療

 

 

 

カテゴリー: 円形脱毛症, 福岡の鍼灸院 | タグ:
坐骨神経痛、ふくらはぎの痛みとトリガーポイント鍼治療

投稿日:2014年12月10日

img082坐骨神経痛の原因にトリガーポイントというのがあります。

トリガーポイントとは「痛みの原因となる場所」です。 

 

坐骨神経痛の症状の多くは、お尻から太もも、ふくらはぎ、足の裏にかけての痛みや痺れです。

そして、これらの痛みを起こしている原因となる場所のことを「トリガーポイント」と言います。

 

 

ふくらはぎが痛いからふくらはぎに痛みの原因があるわけではなく、実はお尻の深い所にある筋肉が痛みの原因となっています。

 

坐骨神経痛の場合は「梨状筋」、「中殿筋」、「小殿筋」などに痛みの原因となる「トリガーポイント」があります。


そして、このトリガーポイントに鍼灸治療を行うことで
お尻の痛みはもちろん、太ももやふくらはぎ、足の裏の痛みや痺れが改善されていきます。

 

坐骨神経痛の原因であるトリガーポイントは深層の筋肉にあるため直接そのトリガーポイントを刺激できる鍼治療がとても効果的になります。

 

詳しくはこちらをクリック→ 坐骨神経痛・ふくらはぎの痛みの鍼治療

              お尻の筋肉・骨の痛みの鍼治療

              トリガーポイントが原因の坐骨神経痛の特徴とは?

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 梨状症候群, 福岡の鍼灸院 | タグ: ,
突発性難聴と鍼灸治療の開始時期

投稿日:2014年12月01日

 

突発性難聴による聴力の低下は軽症から重症の方までそれぞれですが、
いづれの場合でもできるだけ早い時期に鍼灸治療を行うほうが効果的です。

 

当院には突発性難聴の鍼灸治療を受けに多くの方に来ていただいていますが、
突発性難聴を発症して、2~3週間過ぎてから来られることが多いように思います。

 

 

 

なぜ2~3週間過ぎたころに来院する方が多いのか?

 

それは、耳鼻科での治療を一通り終えて、それでも聴力が回復しない。

あるいは聴力は回復したが、耳鳴りや耳の閉塞感があるため、鍼灸治療で改善できないかということで来院されます。

 

しかし、もっと早い時期(1週間以内)から鍼灸治療を受けられるとより効果的な場合があります。

もちろん、耳鼻科の治療と併用していただきながらですし、耳鼻科での治療が第一ですが。

 

 

 

今回、早期に鍼灸治療を開始し、劇的に聴力回復ができた例を紹介します。 

 

聴力回復70代 女性 福岡市在住

 

昨日、突然右耳の聞こえが悪くなり、すぐに耳鼻科に行き、聴力検査をしたところ右の耳の聴力が低下していました。

 

もともと高音域は両耳とも聞こえが悪かったが、今回右耳の全域において聴力が低下していた。

耳鼻科の先生から「1週間ステロイドの投薬治療をして、その後の回復状況によっては入院治療をしましょう」と言われる。

 

入院だけはどうしても避けたいため、耳鼻科の治療と併用して当院での鍼灸治療を受ける。

 

 

 

 

年に1人いるかいなかぐらいの聴力回復

 

鍼灸治療は5日間連続で行い、そして突発性難聴を発症して1週間後の耳鼻科での聴力検査では、もともと聞こえの悪い高音域以外は正常に近づく。

 

耳鼻科の先生からも「年に1人いるかいないかぐらいの聴力の回復ですね」と言われたそうです。

 

また、患者さん自身も鍼灸治療を受けたびに、聞き取りやすくなることを実感されています。

 

 

突発性難聴と鍼灸治療の開始時期

 

今回の例は耳鼻科の治療との併用での鍼灸治療なので、鍼灸治療だけで回復したとは思いませんが、

微力ながらも鍼灸治療も聴力回復の役に立てたのではないかと思います。

 

 

 

 

 突発性難聴治療のゴールデンタイム

 

突発性難聴で聴力回復が可能な時間は限られています。

そのため、耳鼻科との治療と併用しながら、できるだけ早期に鍼灸治療を受けられることをお勧めします。

 

 → 突発性難聴の鍼灸治療はこちらをクリック

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感 | タグ:

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ