4月 2019 - 福岡市天神の美容鍼灸・美容整体院

サイトマップ


中国北京で研究した東洋医学の最先端技術による治療

月別アーカイブ:4月 2019 - 福岡市天神の美容鍼灸・美容整体院

美肌に効果的な美容のお灸とツボ

投稿日:2019年04月22日

美容鍼は芸能人の方も多く受けていらっしゃることもあり、今では人気の美容法となりました!❤

でも、鍼だけじゃなくて、お灸も美容に良いんです(^^)v
お灸は顔ではなく、手足のツボに行います!

お顔の範囲別にツボをご紹介していきたいと思います(*^^*)

額~上まぶたのリフトアップのツボ


場所は、足首にあります。外くるぶしとアキレス腱の間です(^_^)

このツボは、目から始まって背中を通り、足まで続く流れにあるツボです。首や腰も通るので、肩こりや腰痛のときにも使います(^^)v

このツボをお灸で刺激することで額や上まぶたを引き上げて、たるみ改善の効果があります☆

 

下まぶた~頬~口角のリフトアップのツボ

陷谷(かんこく)

足の甲にあります。人差し指と中指の間を指で滑らせると指が止まるところです(*^^*)

分かりにくいかもしれませんが、ツボの場所は多少ずれても大丈夫です!効果はあります(^^)v

このツボは、目の下から始まりお腹と足を通り足先までの流れ上にあります。

この陷谷というツボをお灸で刺激することによって目の下のたるみや口元のたるみに効果があります☆

このツボと同じ流れには、「足三里」という有名なツボもあります!

胃の調子が悪いとき、免疫力を高めたい時、全身の調子を整えたい時は「足三里」にもお灸をしてみてください(*^^*)

 

頬~顎~フェイスラインに良いツボ

中渚(ちゅうしょ)

手の甲にあります。薬指と小指の間で、骨が交わる手前です(^^♪

このツボは、手の薬指から始まり腕を上って肩と耳のまわりを通ってこめかみ・眉まで行く流れ上にあります。

実は、リフトアップには、こめかみや、耳の上辺りが重要なんです(^^♪なので、このツボを使います!

ツボの場所が分かりにくいかと思いますが多少ズレても大丈夫です(^^♪

押さえてみて、痛いところや気持ち良いところでも構いません?

 

顔全体に良いツボ

合谷(ごうこく)

とても有名なツボなので、ご存知の方もいらっしゃると思います?

ツボの場所が分かりづらければ、押してみて気持ち良い場所で大丈夫です?
手の甲の、人差し指の骨の真ん中ぐらいが目安です?

このツボは、首から上の血流を良くしてくれます(^^)

また、「万能のツボ」と言われていて、頭痛や肩こりにも効果があります!美容鍼でも使いますし、それ以外の治療で使うこともよくあります(^^)

お灸が無いときでも、電車の中でも、手軽に押すことができて気持ち良いツボです(^^♪

顔の血流を良くすることで、顔全体のひきしめ効果があるのでぜひ、試してみてください(*^^*)

 

顔全体のひきしめ、乾燥肌に良いツボ


太白(たいはく)

足の内側で、足の甲と足の裏の境目にあります。
親指からかかとへ向かって指で撫でていった時に親指の付け根のところにある骨のっぱりを越えた所です。

このツボは水分の調節に働くので乾燥肌に効果があります(*^^*)

美容以外にも、胃腸の調子や、心のリラックスなどにも効果があるそうです(^^♪

まとめ

当院の美容鍼では、お顔だけでなく手足のツボにも鍼やお灸を行います。

上記でご紹介した合谷(ごうこく)というツボは特によく使いますし、セルフケアとしてもオススメのツボです✨

お肌やお身体のメンテナンスとして、当院での施術だけでなくご自宅でお灸をされてる方がたくさんいらっしゃいます。

美容に良いツボ

お灸は気持ちよくて、とても落ち着きます?
ちょっと疲れたな、と感じた日は寝る前にお灸をしてみてください❤(^^)

お灸は日課にすると良いですよ(*^^*)

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: ツボ, 福岡美容鍼灸 | タグ: , , ,
冷え性タイプ別の原因とお灸によるツボ改善法

投稿日:2019年04月19日

「冷えは万病の元」と言われますが、冷えは大きく4つのタイプに分けることができます。

①全身冷えタイプ
②末端冷えタイプ
③下半身冷えタイプ
④冷えのぼせタイプ

冷え性は万病の元

今回の記事では、それぞれの冷えタイプについて、対策法、冷えに効くツボについてご紹介します。

全身冷えタイプ

全身冷えタイプは、熱を作るのが苦手なタイプです。

・疲れやすい・デスクワークが多い・すぐ息切れする・むくみやすい・風邪を引きやすいなどの項目に当てはまる方に多いです。

熱を作るには筋力が必要ですが、特に女性は運動不足で筋力が少ないため熱を作ることができなくて、冷えてしまいます(>_<)

対策としては、運動をすること!一駅前で降りて歩く、いつもエレベーターやエスカレーターを使うところを階段で登ってみる。など

身体で1番大きな筋肉は足にありますし、筋肉の半分以上は下半身にあります。

ウォーキングなどをして筋力をつけると熱が作られやすくなり、冷えが改善されていきます(^^)

東洋医学でいうと、気と血の両方が足りていない状態です。

末端冷えタイプ

末端冷えは、血液の循環が悪いタイプです。

東洋医学でいうと「瘀血(おけつ)」という状態で、ドロドロの古い血があるので、手先や足先への血の巡りが悪いことで末端が冷えます。

・肩こり・生理痛・寝ているときに足がつるなどの症状がある方に多いです。

対策は、ストレッチです!
ゆっくりお風呂で温まり、そのあとストレッチをして血の巡りを良くしましょう(^^)v

当院のメニューにあるカッピングは血流改善にオススメです♪

546456

下半身冷えタイプ

下半身冷えは「内臓冷え」タイプでもあります。
お腹、腰周りから足先まで冷えています。

・胃腸が弱い・生理痛、生理不順がある・トイレの回数が多いなどの症状がある方に多いです。

この体質の方が、流行っているからと毎朝スムージーを飲んだりしては逆効果です!
スムージーは元々、暑い国が発祥です。その土地の人の体質には合っていますが、誰にでも向いているものではないので注意してください。

こういう体質の方はできるだけ、常温や温かい食べ物・飲み物を取り入れるように心がけて下さい(^_^)

お灸やカイロなどで足首を温めるのも効果的です✨

冷えのぼせタイプ

冷えのぼせタイプは下半身冷えが悪化した状態です。

手足は冷えているのに頭だけぼーっと、のぼせた感じになる
冷たいものを食べたり飲んだりすると、お腹が痛くなったり、トイレが近くなる。
手の平や足の裏に汗をかきやすい

下半身は冷えているけど熱が頭部にこもってしまっている状態です。ぼーっとして集中力が続かなかったり、よく寝た気がしなかったりします。

普通であれば、筋肉や心臓のポンプ機能が働き下半身の血液も重力に逆らって上半身へと巡ります。

だけどポンプの役割をもつ筋肉が衰え、下半身の血流が上へ登れなくなります。(血流が悪くなる

すると下半身と上半身、頭部の温度差がどんどん開きます(>_<)

また、冷えとのぼせが同時に起きているので自律神経も乱れています。

冷えのぼせが起こりやすい生活習慣

・運動不足
・長時間同じ姿勢(デスクワークなど)
・ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れ
・暴飲暴食などによる内臓機能の低下

予防・改善法

ウォーキングやストレッチなど全身を使う運動や、ぬるま湯の半身浴で血行を改善するのが効果的です!

また、室内と室外の寒暖差が大きいと自律神経が乱れますので、空調の設定温度の下げすぎ&上げすぎには注意です?

顔が火照るので冷やしたくなるかもしれませんが、根本には冷えがありますので首の後ろやお腹、お尻、足首などを温めましょう
これらの場所を温めると、血液が温められて全身を巡ります(*^^*)

アロマテラピーなどでリラックスすることも大切です♪

内臓は冷たい食べ物や飲み物で冷やされてしまうので、温かい食べ物、飲み物、温める作用のある食べ物などで
内側から冷え対策を行うのも効果的です!!

冷え改善に効果的なツボとお灸

全身冷えタイプには足三里(あしさんり)

膝の外側のくぼみから、少し下に(指の幅4本分くらい)下がったところです。
このツボは血流を良くし、全身のエネルギーの巡りもよくしてくれます!

 

末端冷えタイプには合谷(ごうこく)と太衝(たいしょう)

合谷はとても有名なツボですので、知っている方も多いと思います(^_^)

手の甲、親指と人差し指が合わさる場所にあり、人差し指側の骨の際を押して痛いところです。
「万能のツボ」と言われています!
肩こりなどにも効果がある他、顔面部の血流を良くしてくれるので美容にも効果があります?

太衝は足の甲、親指と人差し指の骨が交わる手前くらいのところです。
足の指先が冷えるという女性は多いですが、実際に冷えている場所に近いので、じんわり血流が良くなっていくのが実感できると思います!

 

下半身冷えタイプには三陰交(さんいんこう)

内くるぶしから、指の幅4本分上にあがったところです。
女性ホルモンに関するツボで、軽く押さえるだけでも痛がる女性もいらっしゃいます(>_<)

三陰交にお灸をすることでホルモンバランスが整い、冷え性が改善する以外にも、基礎体温が安定したり生理痛や生理不順が改善するなどの効果もあります

 

冷えのぼせタイプには太渓(たいけい)

内くるぶしとアキレス腱の間にあります。
巡りをよくするツボで、むくみなどにも効果的です(*^^*)

 

お灸といえば、「灸を据える」という言葉があるように熱い、おしおき、というイメージがある方もいらっしゃると思います。昔のお灸は熱かったのですが、最近のお灸は、皮膚に跡が残らない、火傷もしにくい、温かいくらいのお灸が主流です(*^^*)

ドラッグストアなどでも売ってあるので、簡単に手に入るうえ、やり方も簡単で時間もかかりません(^^)v

お灸はお薬ではないのでやり忘れても大丈夫ですが、コツコツ続けていくことで効果が上がりますので、できるだけ毎日やると良いです(*^^*)

オススメは寝る前です?寝る前にやると、いつもよりぐっすりと眠れます?

お灸について気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください(*^^*)

セルフお灸とツボ
セルフお灸のツボ処方

まとめ

女性に多い冷え性の4つのタイプ①全身冷えタイプ②末端冷えタイプ③下半身冷えタイプ④冷えのぼせタイプの紹介とタイプ別に原因や改善法、特に冷え性に効果的なツボとお灸につて紹介しました

冷え性で悩んでいる方にはぜひおすすめのお灸なので、試してみてください?

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

 

インスタグラム美容鍼福岡

カテゴリー: 冷え性, 福岡美容鍼灸 | タグ: ,
眼精疲労で起こる様々な症状の原因と改善法

投稿日:2019年04月19日

パソコンやスマホが普及し目に違和感を感じている方が多いと思います。

疲れ目、眼精疲労で起こる様々な症状について、原因などをご紹介していきたいと思います(^^)

目がかすむ

眼精疲労を感じる原因としては、やはり長時間のパソコンやスマホの使用です。
特にお仕事でパソコン作業をされている方は、長時間同じ姿勢で同じ距離のものにピントを合わせ続けています。

物にピントを合わせる際は、水晶体という目のレンズが暑さを変えて見たいものにピントを合わせます。

水晶体の暑さを調節しているのは毛様体筋(もうようたいきん)という筋肉なのですが、パソコン作業などで長時間、同じ距離の物にピントを合わせていると毛様体筋に疲労がたまります・・・(*_*)

そうすると、他のものにピントを合わせようとしたときに毛様体筋が上手く働けず、物がかすんだり、ボケて見えてしまうのです(>_<)

光をまぶしく感じる

眼精疲労の方は、電気や太陽の光を必要以上にまぶしく感じることがあります(>_<)

明暗を左右するのは、目に入ってくる光の量ですが、その光の量は瞳孔を開いたり閉じたりすることで調節しています。(黒目の真ん中の黒い部分が瞳孔)

例えば、電気を消した暗い部屋では瞳孔は開きできるだけたくさんの光を取り入れようとします。

瞳孔の開閉をしているのは虹彩(こうさい)といいます。(黒目の茶色の部分が虹彩)

ネコ 目

ネコ 目2

虹彩を調整しているのは”瞳孔括約筋”と”瞳孔散大筋”ですが、前回の記事でもお話ししたとおり眼精疲労の方は目に関する筋肉が疲れています(*_*)

なので明るい場所に出た際、通常なら瞳孔が素早く閉じますが、それが上手く調節できなくてまぶしさを感じてしまうのです(>_<)

また、興奮状態にあるときも瞳孔は開いています。
パソコンやスマホの液晶画面をずっと見ていると交感神経が高ぶり、興奮状態になります。

そういったことも含め、必要以上にまぶしさを感じることがあるのです。

ドライアイ

ドライアイの原因はまばたきが減ることです。

通常、1分間に15回程まばたきをしているのですが、パソコンやスマホを見ていたり読書やゲームなどしているときは1分間に5回以下に減ることがあります(*_*)

普段まばたきをすることで、まぶたにある分泌腺から油分を出し目の表面に膜を張って、水分が蒸発するのを防いでいます。
その膜は15秒ほどで破れますが、通常であれば破れる前にまばたきをしているので膜を張り直し、水分は蒸発せずにすみます(^^)

しかしまばたきの回数が減ることで、膜が張っていない状態が長引き、水分が蒸発してドライアイになります(>_<)

パソコン作業やスマホなど以外にも、何かに集中していると、まばたきが減っています。
目が乾いてきたなと思ったら、意識してまばたきをするように心がけてください(^_^)

目の充血

生き物は細胞が集まってできていますが、その細胞1つ1つに栄養や酸素を送っているのは血液です。

目に限らず、疲れた場所を回復するためにはたくさんの栄養と酸素を送らなければなりません。
そしてたくさんの栄養や酸素を送るために血管がいつもより太くなります。

充血というのは、目は白いので太くなった血管が透けて見えている状態なのです(゜o゜)

そんな目の充血にも2種類あります。

①結膜充血

結膜充血
白目の外側から赤くなっているタイプのもの。基本的に、眼精疲労でみられるのはこちらのタイプの充血です。

②毛様(もうよう)充血

毛様充血
黒目の充血で、黒目を中心に赤くなります。特徴は、涙は出るが目ヤニは出ないことです。
眼精疲労が原因でもこのタイプの充血が起こることもありますが、細菌などの感染症が原因の可能性も考えられるので、不安でしたら1度眼科を受診されてください(^^)

めまいがする

めまいは、耳や脳が原因だと思っている方も多いと思いますが、目が原因のこともあります(*_*)

視性めまい”といって強い光りを感じるなどの衝撃が原因で起こるめまいです。眼精疲労もその原因のうちの一つだと言われています。

上記で”眼精疲労によるまぶしさ”についてご紹介しましたが、そのまぶしさが原因になったり・・・それ以外にも、眼精疲労は目の血流が悪くなってるのでそれも原因になったり・・・

そして、今度はそのめまいが元になって吐き気まで感じるようになってしまうのです。

吐き気がすれば日常生活でのスマホの使用は減るかもしれませんが、お仕事でパソコン作業の多い方は画面を見ないわけにもいきませんよね・・・(;_:)

眼精疲労の予防・改善法

①軽い運動をする
伸びやストレッチ、軽いウォーキングで血流を促進させましょう!

②遠くを見る
ずっと同じ距離のものを見続けることを避けるため、たまに窓から遠くを眺めたりしましょう(^^)

③目を温める
ホットタオルや、ホットアイマスクで目を温めましょう!コリ固まった筋肉をほぐし、血流をよくする効果があります(^^)

④食事
目に良い食べ物といえば、ブルーベリーですよね(^^)
ブルーベリーのアントシアニンという成分が目に良いとされていますが、ブルーベリー以外にもぶどう・なす・黒豆などにも含まれています。その他、ビタミンの含まれるものも良いです(^^)

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

ビタミンA・・・チーズ・ブロッコリー・うなぎ・にんじん、ほうれん草など
ビタミンB・・・豚肉・豆腐・いわし・納豆・さば・さんま、レバーなど
ビタミンC・・・いちご・キウイ・じゃがいも・さつまいもなど

4bdf52cb5602bec270a2e034657097f0_s

目に良い成分が含まれている食べ物を摂取しているからといって眼精疲労が治るわけではありません(>_<)

これらのケアはあくまで一時的なものです。まずは眼精疲労にまでならないよう、長時間のパソコン作業などする場合は1時間おきに目を閉じるなどの休憩をはさみましょう(^_^)

目の周りをマッサージするのも効果的です!

鍼灸治療では、目の周りの筋肉をほぐすような治療の他、肩こりや首こりの治療も合わせて行うこともあります(^^)v

当院の治療について?
→ 眼精疲労の鍼灸治療

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

 

インスタグラム美容鍼福岡

カテゴリー: 眼精疲労, 福岡美容鍼灸 | タグ: , ,
不正出血、排卵痛、黄体機能不全、高プロラクチン血症などの鍼灸治療

投稿日:2019年04月18日

不正出血、排卵痛、黄体機能不全、高プロラクチン血症など女性特有の症状、疾患、鍼灸治療についてご紹介してきたいと思います。

不正出血

妊娠しなかった際に子宮内膜が剥がれ落ちて排出されるのが「生理」ですが、生理のとき以外に出血することを「不正出血」といいます。

不正出血の原因

①排卵出血
卵子が卵巣から飛び出る際に、卵巣の壁や血管を傷つけ出血することがあります。

②着床出血
受精卵が子宮内膜にくっつくために根を張る際に血管を傷つけ出血することがあります。

③ストレス
ストレスによりホルモンバランスが崩れると子宮内膜を維持できなくなり、予定よりも早く剥がれ落ちてそれが排出されることがあります。

不正出血の原因としてはストレス、ホルモンバランスの乱れによるものが1番多く、その場合、鍼灸治療も効果があります(*^^*)

少しだけ、1度だけの不正出血でしたら、排卵出血や着床出血などが考えられますので、あまり心配する必要のないくらいの場合が多いです。

排卵痛

排卵痛は、排卵日や排卵日前後に左右どちらか、もしくは両側に痛みや重だるさを感じることです。生理痛と同じで、無い人もいれば、ある人もいます。

痛みの感じ方も人それぞれですが、”チクチク痛む”と感じる人が多いようです。痛みを感じる月と感じない月がある方もいれば、毎月、排卵日前後は体調を崩すという方もいます。

排卵痛の原因は、コレ!と明確にはなっていなくて
・卵子が卵胞を破って飛び出すときの痛み
・卵子を包む卵胞が成熟して大きくなっているので痛む
・卵子が飛び出した時に卵巣が傷つくので、その痛み

など、様々な原因が考えられます。

黄体機能不全

黄体機能不全とは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きが悪くなったり分泌がうまくいってない状態です。

黄体ホルモン(プロゲステロン)には体温を上げ、妊娠を維持する働きがあります!

黄体ホルモンの分泌が少なかったり働きが悪くなると、高温期にならず子宮内膜も厚くならないので、着床しにくく流産しやすいです(>_<)

妊娠しなかった場合に子宮内膜が剥がれ落ちて排出されるのが「生理」ですが、黄体機能不全だと子宮内膜が薄いので、生理の日数が短くなったり経血の量が少なくなったりします。

また、黄体ホルモンの分泌が少ないと子宮内膜が剥がれやすくなるため、生理期間中以外にも不正出血が起こることもあります。

・高温期が短い
・高温期に移行するまでが長い
・高温期がない
・生理前特有のイライラなどが少ない。

など、基礎体温表をつけている方はこのことから気づくこともできます。

高プロラクチン血症

不妊症でお悩みの方に多いのが「高プロラクチン血症」です。

「プロラクチン」とは、乳腺刺激ホルモンです。文字通り、乳腺を刺激し母乳を作る働きがあります。それと同時に排卵を止める働きもあります。

妊娠中、出産後、授乳期に分泌量が増えるホルモンで、その期間妊娠しないのはプロラクチンの影響なんです。

高プロラクチン血症とは、妊娠中、出産後、授乳中ではないのにプロラクチンがたくさん分泌されている状態のことです。
原因はピルや抗うつ薬などの服薬、ストレス、脳腫瘍など。

プロラクチンがたくさん分泌されているということは妊娠中、授乳中と同じ状態なので、排卵も行われていません。
なので、不妊の原因になってしまいます(>_<)

東洋医学では、ストレスなどにより気や血の巡りが悪い状態と考えます。

自律神経失調症の鍼灸治療

婦人科疾患の鍼灸治療

不妊や婦人科疾患に悩んでいる方は、体の冷えなどの悩みも合わせ持っています。

鍼灸治療では、特定の症状に対してだけの治療というより、体全体の調子を整えることでホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体づくりを目指した治療を行います(*^^*)

女性ホルモンに関係しているツボや、血液や妊娠に関係しているツボなどを使います。

こういったツボに鍼やお灸をおこなうことで、全身の巡りが良くなって冷え性が改善されたり、体全体が整っていきます。

そうすることで、生理痛や生理不順などの不調が起こりにくい体、妊娠しやすい体になっていくんです(*^^*)

また、あまりストレスを溜めないようにしたり、食生活や睡眠時間などの生活習慣を見直したり体を冷やさないように対策をしたりと、ご自身でケアするのも大切です♪

病院でもらった薬を飲んでも治らなかったけれど鍼灸治療で治ってきたという方もいらっしゃいます(*^^*)

→ 不妊症の鍼灸治療

まとめ

鍼灸院には生理痛や生理不順などを含め、女性特有のお悩みを持っている方は多くいらっしゃいますが、不正出血、黄体機能不全、高プロラクチン血症など改善を目的で来られる方は多くありません。しかし、不妊症の鍼灸治療を受けに来られる方の中には、不正出血、黄体機能不全、高プロラクチン血症などのお悩みがある方もいます。

まずは生活習慣を整え、体が冷えないように気を付けるだけで、改善する症状もたくさんあります!

そして、体を内側から整えるお手伝いとして、鍼灸を受けてみられてはいかがでしょうか(*^^*)

お灸はご自宅でも簡単にできますので、お灸の指導も行っております♪

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

 

インスタグラム美容鍼福岡

カテゴリー: 婦人科系のお悩み, 福岡美容鍼灸 | タグ: , ,
顎関節症の症状や原因、改善法について

投稿日:2019年04月18日

今回は、顎関節症について書いていこうと思います(^^)

顎関節症の症状

①顎が痛い(顎の動きに関係なく痛む場合は他の疾患も考えられます)
②クリック音がする(カクカク、じゃりじゃり、ミシミシなど)
③口が開きにくい(指が縦に2本程度(約3センチ)、またはそれ以下しか入らない)

主にこの3つですが、稀に口が完全に閉じないということもあるようです。

これらの症状を人生の中で一度は経験したことのある人がなんと、2人に1人!というくらい、顎関節症はとても身近なものなんです(*_*)特に、20~40代の女性に多いと言われています(>_<)

顎関節症

顎関節症のタイプ4種

①筋肉の障害
咀嚼筋と呼ばれる、顎を上下・左右・前後に動かす筋肉が緊張している状態。肩や首も痛くなることがある。

②関節包・靭帯の障害
顎関節を囲む関節包や靭帯の繊維に力が加わり、捻挫しているような状態。顎を動かすと、顎関節に痛みがある。

③関節円板の障害
関節円板(関節のクッション)が本来あるべき場所から、前にずれたまままの状態。口を開けたときに元の位置に戻るので、カクッと音がする。

④変形性関節症
顎関節に繰り返し強い負荷がかけられると、関節を作る部分の骨の表面が吸収されて、その周りに新しい骨を作ることがある。口の開閉をすると、じゃりじゃり、ゴリゴリと音がすることがある。

gakukansetsu-bunrui

②③④のタイプでも、顎に歪みが生じてくるので筋肉が緊張しています(>_<)なので、多くの方が複数のタイプを持ち合わせていると言われています。

顎関節症の原因

①ブラキシズム
歯ぎしりや喰いしばり、歯をカチカチならすなど。これらの動作は筋肉を緊張させ、顎関節に負担をかけます。最も多い原因です。

歯ぎしり

②ストレス
ストレスを感じると緊張します。無意識のうちに喰いしばりをしていたり、就寝中に歯ぎしりをしていたり、ブラキシズムに繋がります。

③噛み合わせ
噛み合わせが悪いこともブラキシズムに繋がります。

④偏咀嚼
いつも同じ方ばかりで噛んでいると、片側にばかり負担が多くかかります。

⑤顎に負担をかける習慣
うつ伏せで寝る、頬杖をつく、電話を肩に挟むなど

頬杖

⑥その他
口を大きく開けた、顎を強く打ったなど

6つご紹介しましたが、主に筋肉の緊張が顎関節に歪みをもたらしているようです・・・
特に寝ている間のことは、意識のしようがないので困りますよね(*_*)

顎関節症の予防、セルフケア

①上下の歯を接触させない
上下の歯が接触するのは噛むときだけです。上下の歯が離れ、舌が上の壁にくっついているのが本来の状態です。

②硬い食べ物を避ける
硬い食べ物ばかり噛んでいると顎や筋肉に大きな負担となります。かといって、柔らかいものばかり食べることも良くないです…

③口を大きく開けすぎない
あくびや歯科での治療に注意です!

④仰向けで寝る
うつ伏せで寝ると顎や首の筋肉に負担をかけます。枕は低いものが良いです。

仰向け

⑤マッサージ
側頭部や首のコリをほぐしてあげるだけで違いが現れると思います(^^)

⑥顎の運動
痛みがなければ、顎を上下・前後・左右に動かすなど。

顎関節症の症状でお悩みの方はぜひ、試してみてください(^^)v

顎関節症の鍼灸治療については→コチラ

顎関節症に効くツボ

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: 福岡美容鍼灸, 顎関節症 | タグ: , , ,

TEL:092-721-0086