生理痛

生理痛

生理痛の鍼灸治療


当院が施術する生理痛の鍼灸治療では、自律神経やホルモンバラスを整えることで、下腹部の血液の流れを良くし、生理痛を改善させていきます。

また、肩こりや冷え性などがある場合はその治療も同時に行っていくことで、身体全体を整えていきます。

生理痛でお薬を飲んでも効きの悪い方など、他になにか良い治療法がないかお悩みの方は、鍼灸治療をうけてみてはどうでしょうか。

生理痛とは

生理痛(月経困難症)とは、生理時に起こる下腹部痛や腰痛などが主な症状です。
また、それに伴って頭痛、吐き気、不安感、倦怠感、胃痛、便秘などの症状が出る場合があります。
生理痛といっても、痛みの程度、症状、痛む場所などそれぞれ違います。

生理痛の原因は、ストレスなどにより自律神経やホルモンの分泌が乱れることで起きる機能的なものや、子宮内膜症、子宮筋腫などよって起こる器質的なものに分けることができます。

【生理痛の主な症状】

・身体的症状
下腹部痛、腰痛、頭痛、吐き気、倦怠感、胃痛、便秘、乳房が張る、めまい、むくみ、動悸・悪心など
 
・精神的症状
不安感、無気力、イライラ、判断力の低下、集中力の低下、涙もろくなる、不眠、パニックなど
 

生理痛の鍼灸治療

生理痛の問診風景

生理痛の鍼灸治療では主に腰や足首など子宮と関係のあるツボを中心に鍼灸治療を行います。東洋医学的には、下腹部の血液の流れが悪くなることが生理痛の原因と考えられているため、その血液の流れを良くする治療をすることで生理痛が改善されていきます。

生理痛のお灸をしているところ

当院が施術する生理痛の鍼灸治療では、自律神経やホルモンバラスを整えることで、下腹部の血液の流れを良くし、生理痛を改善させていきます。施術後は身体全体がポカポカしてくるのを感じます。週1回ペースで施術を受けていくと、生理痛だけではなく、体調も良くなっていきます。
また、自宅にてセルフお灸をしていただくと、より効果的です。

【生理痛における鍼灸治療の作用】

①鎮痛作用
特定のツボに針を刺すことで、体の中から痛みを止める物質が分泌されて、痛みが緩和します。

②子宮の過剰な収縮を緩和
子宮筋の過剰な収縮が生理痛を引き起こしています。鍼灸治療はその子宮の収縮を緩和する作用があります。

③ホルモンバランスの調整
体内ホルモンのプロスタグランジンにより子宮筋が過剰な収縮を起こすことが生理痛の主な原因とされています。鍼灸治療はそのホルモンバランスなどを調整する作用があると考えられています。

生理痛の治療を担当する鍼灸師

鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っております。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「キレイになるツボお伝えします!」