4月 2016 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


月別アーカイブ:4月 2016 - 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

低音障害型感音難聴(蝸牛型メニエル病)の鍼灸治療 

投稿日:2016年04月26日

「話が聞き取りにくくなる」

「なんか耳が詰まってるような気がする」

「低音の耳鳴りがしている」

 

 

このような症状があり、「低音障害型感音難聴(蝸牛型メニエル病)」と診断された方が当院に鍼灸治療を受けに来られます。

 2712132

 

「低音障害型感音難聴」は、突発性難聴のように急に聴力が低下しますが、低音だけが聞き取りにくくなります。

また、「蝸牛型メニエル病」と呼ばれていますが、メニエル病と言うと、「グルグル目が回って・・・」というめまいは起きずに、低音域の聴力だけが低下する病気です。

 

 

 

名称未設定-1

 「低音障害型感音難聴(蝸牛型メニエル病)」は早期に鍼灸治療を行えば、聴力、耳鳴りとも改善しやすいです。

 

 

鍼灸治療は耳鼻科での投薬治療と併用されても問題ありませんので、早めに鍼灸治療を受けられることをおススメします。

 

 

「低音障害型感音難聴」の原因は不明ですが、ストレスや睡眠不足・疲労などが原因として考えられています。

 

 

当院に来院される方も、仕事や育児などで疲労が蓄積しており、首や肩こりがある方が多いように思います。 

 

 

鍼灸治療にて首・肩のコリを改善して、血流が良い状態にしていくと、聴力は回復しやすくなります。

 

 

低音障害型感音難聴の鍼灸治療

低音障害型感音難聴の症例 ←クリック

 

詳しくはコチラのページをご覧ください→ 低音障害型感音難聴の鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感 | タグ: , ,
地震酔いに効くツボ

投稿日:2016年04月20日

熊本の大地震後、まだ余震も続いていおり、

心身ともに疲れている方も多いようです。

 419107

「なんかいつも揺れている感じがする」

「気分が悪くて、吐き気がする」

「頭痛や動悸までする」

などを感じる方もいます。

 

「地震酔い」や「後揺れ症候群」と呼ばれているものです。

 

その原因は、平衡感覚が乱れたことによります。

また、いつまた地震が来るかと不安な状態が続くと自律神経まで乱れてきて、

「不眠」「動悸」などまで出てきます。

 

 

少しでもそのような状態を緩和できるようなツボを紹介します。

 

 

 

地震酔いに効くツボ

地震酔いに効くツボ

 

完骨(かんこつ)

 耳の後ろにある骨(乳様突起)の下のあたり

 

平衡感覚や自律神経が乱れている方は、肩から首にかけてとても緊張しています。

その緊張を緩めてあげると、揺れている感じや夜が少し眠りやすくなってきます。

ぜひ完骨を指圧やマッサージしてみてください。

 

このほか、地震酔いに効果のあるツボはこちらをご覧ください。

地震酔い・めまいに効くツボ

 

 

 

カテゴリー: めまい, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症 | タグ:
胸がソワソワ(焦燥感・不安感)に効くツボ

投稿日:2016年04月05日

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症 | タグ:

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ