9月 2014 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


月別アーカイブ:9月 2014 - 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

メニエール病の鍼灸治療で回転性のめまいが改善しました!

投稿日:2014年09月26日

 

めまいめまい(メニエール病)で悩んでいる女性は多いように思います。

 

そういう方の多くは、首こりや肩こりが慢性的にあり、そして疲労やストレスが重なった時や自律神経の働きが悪くなった時にめまいを起こします。

 

 

最近、来院された30代の女性も、慢性的な肩こりがあり、毎日仕事を頑張っていました。

すると、グルグルする回転性めまいと吐き気」に襲われてしまったそうです。

 

 

もともと、肩こりもあり、その上に疲労が溜まったのが原因と思われますが、

耳鼻科で「メニエール病」と診断され、1ヶ月間薬を服用していました。

 しかし、なかなか改善がみられず、日常生活にも影響がでるようになってきました。

 

 

そこで、当院で肩こり改善、疲労回復、自律神経を整える鍼灸治療を数回行ったところ、めまいの症状が改善されました。 

 

 すべてのめまいの原因が首こり・肩こりや疲労、自律神経の失調というわけではありませんが、

これらを解消してあげると、めまいが改善することがあります。

 

 

めまいでお悩みの方はぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

めまい・メニエール病の鍼灸治療 ← コチラをクリック

自律神経失調症の鍼灸治療 ← コチラをクリック

 

 

 

 

メニエル病の鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニエール病と診断されて以来、薬を飲んでいましたが症状はよくならず、日常生活にも影響がでていました。

箱嶌医針堂様で治療を受けたところ、1回で症状がよくなり、今では病気も治ったとお医者様に言われてびっくりです。

はじめは少し恐怖心もありましたが、痛いと思ったことは一度もありません。

何よりもめまいがなくなって嬉しいです。

ありがとうございます。

 

 

カテゴリー: めまい, 福岡の鍼灸院 | タグ: ,
長時間座った後のお尻とふくらはぎの痛みとしびれ

投稿日:2014年09月09日

 

jibeta1

お尻からふくらはぎにかけての痛みやしびれるキッカケとなる動作や原因は色々あります。

例えば、

・ぎっくり腰をしてから

・尻餅をついてから

・マラソンをしてから

などなど。

 

その中で、「法事に出て以降、お尻から足にかけて痛みとしびれが出て・・・」という方が時々来院されます。

 

 

法事が原因で坐骨神経痛になるわけではありませんが、法事では同じ場所に同じ姿勢で長時間座っていなければならず、

特に、畳の上に地べたで座っていたりすることが多くなります。

 

 

そうすると、地べたで直接、お尻の筋肉をおさえつける時間が長くなります。

お尻にはたくさんの筋肉があり、その筋肉の間を坐骨神経がくぐり抜けるように通っています。

 

 

そのため、お尻の筋肉が硬くなって、その中を通っている坐骨神経が窮屈になると、痛みやしびれを起こします。

このような症状を「坐骨神経痛」や「梨状筋症候群」と言います。

 

 

 

denkin1

  お尻の主な4つの筋肉と梨状筋症候群

 

・大殿筋(だいでんきん)
殿筋群の中で最も大きく、最も表層にあります。

・中殿筋(ちゅうでんきん)
大殿筋の1つ下層にあります。殿筋群の中で真ん中に位置する筋肉です。

・小殿筋(しょうでんきん)
中殿筋よりも下層にあります。 インナーマッスルと呼ばれる筋肉です。

・梨状筋(りじょうきん
殿部筋肉の最下層にある筋肉で、小殿筋の更に下を 走っています。梨状筋の下には、坐骨神経があります。

  

梨状筋症候群
梨状筋が硬くなり、真下にある 坐骨神経を圧迫することで、坐骨神経痛(お尻、太もも裏、ふくらはぎ、足裏などに痛みやしびれ)症状がでることを 「梨状筋症候群」といいます。 

 

梨状筋症候群は「梨状筋」だけが硬くなって起こるわけではなく、大殿筋、中殿筋、小殿筋も硬くなっていることも原因です。

 

  

 

 

法事に限らず、

「居酒屋さんで畳の上に2時間座っていたら・・・」

「子供の発表会で板張りの床にずっと座っていたら・・・」

なんてこともよくあります。

 

 

できるだけ畳やフローリングなど地べたに長時間座らないようにしてください。

 

 

数日経ってもお尻や太もも、ふくらはぎの痛みやしびれが取れない場合は鍼灸治療が効果的です。

詳しくは→ 梨状筋症候群の鍼灸治療 もしくは 坐骨神経痛の鍼灸治療

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 坐骨神経痛, 梨状症候群, 福岡の鍼灸院 | タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ