三叉神経痛

三叉神経痛

福岡で三叉神経痛による顔の痛みでお悩みの方へ

三叉神経痛ではこのような悩みで鍼灸施術

三叉神経痛の鍼灸治療

福岡・天神にある当鍼灸院では三叉神経痛による顔の痛みの鍼灸施術をおこなっています。
鍼灸独特の鎮痛作用により痛みを軽減させていきます。
顔の痛みがある方の多くに首や肩こりを自覚しています。

そのため、鍼灸施術により首・肩こりを改善し、自律神経を整えることで再発を予防するようにしていきます。

お薬を飲んでも効きの悪い方や手術は怖いので他に痛みを軽減する方法がないかお悩みの方は、鍼灸施術をおすすめします。

福岡で三叉神経痛による顔の痛みでお悩みの方、お気軽にご相談ください。

三叉神経痛とは

三叉神経痛

三叉神経とは脳から出ている神経が顔のところで3つに枝分かれしている神経です。この三つの神経が額・頬・下顎の3つの部分に分布しています。
三叉神経が頭の中で血管に圧迫を受けることが原因で神経痛が起きます。これを三叉神経痛と言います。

痛みはおでこ・頬・顎などに痛みを感じます。なかには目や鼻、歯の痛みに感じる場合もあります。

三叉神経が血管に圧迫されることが主な原因ですが、首から肩にかけてコリがある方が多く、そのコリを緩めていくと、症状が緩和する方がいます。

【三叉神経痛の主な症状】

・左右いづれかだけの痛み
・数秒間続く発作性の激しい痛み
・風が顔に当たる、洗顔、歯磨き、会話、食事などで痛みを誘発する

三叉神経痛の鍼灸

三叉神経痛の鍼灸治療風景

三叉神経痛の鍼灸では、手足や首肩のツボに施術します。また、顔のツボにも鍼をすることがあります。
三叉神経痛のある方は首、肩にかけての筋肉にコリがある方が多いので、そのコリを取り除く施術を行っていきます。

その他、三叉神経痛の発症ははストレスや疲れによる自律神経の乱れも関係してくるので、手足の自律神経を調整するツボへも鍼をしていきます。

三叉神経痛に効果的なツボ

三叉神経痛の発症部位は3つに分けることができます。
それぞれの痛む部位によりツボを使い分けていきます。
①額から目にかけての部位
②目の下から上顎にかけての部位
③側頭部から下顎にかけての部位

三叉神経痛のツボ

三叉神経痛の関連記事

→ 「テグレトール」の副作用が辛くて飲めない三叉神経痛

お薬「テグレトール」の副作用が辛く、漢方薬「五苓散、大黄牡丹皮湯」で改善がみられない三叉神経痛。
鍼灸施術で症状が改善しました。

→ 10年来の非定型顔面痛が改善しました

病院の検査でも原因不明の顔面部の痛み「非定型顔面痛」
そのため、病院での処置もも様々で、なかなか改善しない方もいるようです。