飛蚊症

飛蚊症

飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症
白い壁、青空などを見つめたとき、視野の中に糸くずやアメーバのような浮遊物がものが見えます。
視線を動かしても、その動きに一緒についてきます。この症状のことを飛蚊症と呼ばれています。
その形は虫や糸クズ、ゴマ粒のようなもの見えます。

飛蚊症の原因

目から入ってきた光は「角膜→水晶体→硝子体→網膜」の順に通過して物を見ることができます。
この過程にある硝子体に濁りができることが原因です。
硝子体の中にはゼリー状の物質が入っており、その中の濁りの影が網膜に写ってしまうことによって飛蚊症が起きます。
飛蚊症の原因
飛蚊症の多くは加齢などの生理的変化やストレス、疲労が原因です。
また、網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、硝子体剥離などの病気が原因で起きることもあります。

東洋医学では老化やストレスなどで体内の気血の巡りが悪くなり停滞することが原因とされています。
血流を良くしていくことで飛蚊症を改善していくことができます。

飛蚊症の鍼灸施術

飛蚊症の鍼灸

当院で鍼灸施術可能な飛蚊症は、眼精疲労、ストレスまた加齢によるものです。
鍼灸施術では目の周囲の血流、首や肩こり、自律神経をの改善することで、飛蚊症の改善を目指します。

「飛蚊症が以前ほど気にならない」「飛蚊の数が少なくなった」「目の疲れが取れた」などを実感します。
しかし、飛蚊症になって数年経つなど時間が経過したものや高齢の方の飛蚊症は改善が難しいことがあります。

なので、まずは鍼灸施術を数回受けてみて、症状が改善するようでしたら、継続して施術を受けられることをおススメします。

また、飛蚊症は網膜剥離などの眼の病気が原因起きる場合がありますので、まず眼科での検査を行い、原因疾患が無いか確認することをお勧めします。
低気圧頭痛のお灸
当院での施術のほか、自宅でお灸をすることで眼精疲労、肩こりなどを改善し、飛蚊症にも効果が期待できますので、セルフお灸をすることをおススメしています。
セルフお灸について

関連記事

 眼精疲労の鍼灸施術
 肩こりの鍼灸施術
 目の奥の痛みと首コリ
 頭痛肩こりと頭の筋肉のコリの関係
 IT眼症に効くツボ