2月 2017 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


月別アーカイブ:2月 2017 - 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

目の下のくまに効果的なツボと美容鍼

投稿日:2017年02月20日

目の下のくまに効果的なツボについて。
先日、西日本新聞から取材を受けた内容が掲載されました。

 

 目のくまに効果的なツボ

 

 

目の下のくまは原因によって3つのタイプ分かれます。

血行不良、たるみ・むくみ、色素沈着などです。

対策としては、上記ツボなどを優しく指圧やマッサージされてみてはいかがでしょうか?

 

 熊野タイプと対策

また、美容鍼を行うのも効果的です。

目の周り、頭皮などのツボにすることで、クマを薄くする効果が期待できます。

 

 

美容鍼についてはコチラ

美容鍼灸師による美容ブログはコチラ

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 美容鍼灸 | タグ: ,
腸脛靭帯炎(ランナー膝)の鍼灸治療

投稿日:2017年02月18日

腸脛靭帯炎

膝はマラソンやジョギングなどのランナーがよく痛める部位です。

その中で、膝の外側が痛くなる方がいます。

・走っているとだんだん膝の外側が痛くなってくる

・走り終えた後に膝の外側に痛みが出てくる

・膝の外側を押さえてみると痛い

 

ランニングによって膝周りに起きる痛みなどの障害のことをランナー膝と言います。

  • その中で、ランニングで起きる膝外側の痛みは腸脛靭帯炎です。

 

 

 

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)とは

腸脛靭帯は骨盤にある大殿筋、大腿筋膜張筋という筋肉から始まり、膝の外側につく靭帯です。

その腸脛靭帯は膝の外側を通って脛骨外側にくっつきます。

 

腸脛靭帯炎はランニングで靭帯と膝周りの骨が擦れ合うことで、痛みがでてしまう症状です。

 

 

 

腸脛靭帯炎ランナー膝)の鍼灸治療

 腸脛靭帯炎の鍼灸治療

腸脛靭帯炎を起こす人は、お尻の筋肉(大殿筋や大腿筋膜腸筋など)が硬くなっていることが多いです。

また、膝から下の筋肉も硬くなっているため、腸脛靭帯も硬くなり、膝との擦れ合いやすくなり炎症を起こす原因となります。

 

そのため、鍼灸治療ではお尻から太もも、膝下の硬くなっている筋肉を中心に緩めていきます。
また、直接痛みを感じる部分への施術することで、炎症を緩和していきます。

 

湿布、ストレッチ、電気治療などを行ってもなかなか膝外側の痛みが改善されない方は鍼灸治療を受けて見られてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ランナー膝

膝の内側の痛み(鵞足炎)の鍼灸治療について

 

 

 

 

カテゴリー: ランナー膝, 福岡の鍼灸院, 膝痛 | タグ:
低音障害型感音難聴の鍼灸治療

投稿日:2017年02月14日

蝸牛型メニエル病

突然、耳が聞こえにくくなる病気の1つに「低音障害型感音難聴」があります。

  • ・低音が聞き取りにくい
  • ・「ゴー」という低音の耳鳴りがする
  • ・耳に水が入ったような詰まった感じがする

 このような症状があり、20~40代の女性に発症することが多いです。

 

 低音障害型感音難聴はめまいを起こすメニエール病と病態が似ているために「蝸牛型メニエール」とも呼ばれていますが、めまいを伴うことは少ないです。

 

低音障害型感音障害は症状が軽ければ、治りやすいですが、再発することも多いので、早めの治療が重要になります。

 疲労やストレス、睡眠不足が発症の引き金となるので、疲れをためないように体調管理をすることも大事になります。

 

 

低音障害型感音難聴の鍼灸治療症例

 

40代 女性

主訴:難聴、耳のつまり、耳鳴り

 

子供の部活動の世話などで忙しく、疲れていたところ、10月中旬に突然右耳が聞きとりにくくなり、耳が詰まった感じ、低音のゴーという耳鳴りがする。

しばらく様子をみていたが、改善しないため、耳鼻科を受診し、「低音障害型感音難聴」と診断され、投薬治療を行う。

 

しかし、難聴、耳のつまり、耳鳴りが改善しないため、11月末に当鍼灸院にて治療を開始する。

触診したところ、首や肩のコリがひどかったため、 首や肩こりの改善、自律神経を整えて、疲労回復を促進する鍼灸治療を週2回ペースで行う。

 

なかなか聴力の回復、耳のつまり、耳鳴りの改善が見られなかったが、2月初旬(鍼灸治療開始2か月後)、突然耳のつまり、耳鳴りが消失し、低音が聞こえるようになる。

耳鼻科で聴力検査をおこなったところ、聴力が回復していた。

 

 低音障害型感音難聴の鍼灸治療

 

 

当院の鍼灸治療では首肩のコリを取り、自律神経を整えて体調を整えることで、低音障害型感音難聴からくる症状を改善していきます。

  

低音障害型感音難聴でお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

低音障害型感音難聴や突発性難聴の鍼灸治療の詳細について

→ コチラをご覧ください。

 

  

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 突発性難聴・耳鳴り・耳閉感 | タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ