東洋医学から見た生理の周期異常(生理不順)

サイトマップ


不妊症

東洋医学から見た生理の周期異常(生理不順)

投稿日:2013年06月20日

生理不順

生理の周期は28~35日ぐらいですが、今までと違う周期の乱れが3回以上続く時は卵巣機能に問題がある可能性があります。

 

東洋医学的には生理の周期が21日以下の場合は、卵子の成長が悪く、逆に40日以上の場合は卵子の成長が止まったり、排卵がスムーズに行われていないなどが考えられ、どちらも妊娠に大事な卵子の成長に影響が出ていると考えられます。

 

また、生理の日数は3~7日くらいが正常範囲ですが、3日以下、もしくは1週間以上続く場合は妊娠に必要な「血」が不足した「血虚」や「血」めぐりが悪い「瘀血」が関係すると考えられます。

 

東洋医学から見た生理の周期異常

 

 福岡不妊症の鍼灸治療月経先期

24日以内の周期の月経が3回以上続いた場合。

子宮の炎症や子宮筋腫、甲状腺機能亢進症などによって起こります。更年期に近づくと月経先期となる人も多いようです。気虚と血熱などが原因と考えられます。

 

・気虚ーーー疲労や不摂生などによりエネルギー不足が原因のタイプ

・血熱ーーー辛い物の食べすぎやストレスが溜まり過ぎで体に余分の熱がこもるタイプ

 

 

月経後期

40日以上の周期で月経が3回以上続いた場合。

身体が冷えることや胃腸の働きが弱っていることで、血液のめぐりが悪くなっていることが考えられます。

周期が39日以上のびることで、2~3ヶ月或いは半年に一回の月経の場合もあります。

たまに周期が遅れる程度なら問題ありません。 血虚・血寒・痰湿などが原因として考えられます。

 

・血虚ーーー慢性的な疲労や胃腸が弱いことなどで吸収が悪いため血の不足が原因のタイプ

・血寒ーーー体が冷えていて、血までが冷えてしまったことが原因のタイプ

・痰湿ーーー偏食など不摂生で胃腸の働きが弱り、余計な水分がたまって、気や血の巡りが悪くなったのが原因のタイプ

  

 

月経不定期

月経周期が7日以上短くなったり、長くなったりと不定期な周期が3回以上続いた場合。
ストレスや疲労が原因で気、血のめぐりが悪くなっていることが原因と考えられます。

 

・肝気鬱結ーーーストレスやイライラがたまり気、血のめぐりが乱れることが原因のタイプ

・腎虚ーーー慢性的な疲労や虚弱体質などが原因のタイプ

 

 

生理の周期異常(生理不順)はこのように3つに分類できます。

いずれの場合でも鍼灸治療で体調を整えていくと、生理は順調になっていきます。

詳しくは、生理不順の鍼灸治療のページをご覧ください。

 

 

福岡不妊症の鍼灸治療

 

 

カテゴリー: 不妊症 |

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

PMSお灸ストレスセルフケアツボ不妊不妊治療鍼灸福岡不妊症不妊症 お灸,不妊症 セルフ灸,二人目不妊 お灸不妊症 鍼灸 福岡不妊症鍼灸福岡不妊症,冷え不妊症,妊娠力体質冷え卵巣基礎体温多嚢胞性卵巣症候群妊娠妊娠力子宮月経前症候群 福岡東洋医学生理生理不順生理痛生理,月経,量,色老化血虚,瘀血(お血)身体の調子鍼灸陰陽食事高プロラクチン血症黄体機能不全 不妊症黄体機能不全 鍼灸