腎精と妊娠力

サイトマップ


不妊症

腎精と妊娠力

投稿日:2013年06月10日

腎精と妊娠力女性は、生まれる前のママのお腹の中にいる時には800万個の原始細胞が卵巣にあり、

生まれたと同時に200~500万個に減っています。

そして、卵の発生、成長、成熟、老化の道をたどっていきます。

 

東洋医学では、この卵の発生~老化などの身体の変化や生殖活動には、「腎精」が関わっています。

女性では、生理、妊娠、出産、育児、更年期、老化などすべて「腎精」の力が関わってきます。

 

「腎精」とは、人間が生きていく上でのパワーの基本となるもので、この「腎精」が少なくなると妊娠力が低下したり、老化が進みます。

 

「腎精」は、男性は8の倍数、女性は7の倍数の年ごとに変化していきます。

男性は32歳頃がピークで、40歳頃から衰えます。
女性は28歳頃がピークで、35歳頃から衰えます。

 

女性の場合
7歳・・・歯が生え変わり、髪が成長する。
14歳・・・生理がはじまる。
21歳・・・妊娠できるようになる
28歳・・・女性ホルモンが充実し、妊娠適齢期となる
35歳・・・髪の毛が抜けるなど身体に衰えがではじめる
42歳・・・顔にしわではじめ、白髪が増えてくる
49歳・・・閉経、更年期を迎える

このように「腎精」から見た女性の妊娠適齢期は28歳前後とされています。

 

東洋医学では、「腎精」の不足が不妊症の原因の1つと考えています。

特に高齢での妊娠を望む場合は、いかに「腎精」を充実させるかが大事になっていきます。

 

 

福岡不妊症の鍼灸治療

 

 

カテゴリー: 不妊症 |

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

PMSお灸ストレスセルフケアツボ不妊不妊治療鍼灸福岡不妊症不妊症 お灸,不妊症 セルフ灸,二人目不妊 お灸不妊症 鍼灸 福岡不妊症鍼灸福岡不妊症,冷え不妊症,妊娠力体質冷え卵巣基礎体温多嚢胞性卵巣症候群妊娠妊娠力子宮月経前症候群 福岡東洋医学生理生理不順生理痛生理,月経,量,色老化血虚,瘀血(お血)身体の調子鍼灸陰陽食事高プロラクチン血症黄体機能不全 不妊症黄体機能不全 鍼灸