低音障害型感音難聴 鍼灸 福岡

サイトマップ


中国北京で研究した東洋医学の最先端技術による治療

その他

»タグ別アーカイブ:, , , , , , ,

蝸牛型メニエール病が改善した症例

投稿日:2017年02月14日

先日、「低音障害感音難聴」についてご紹介しました!

(→ 低音障害感音難聴について)

低音障害型感音難聴

ストレスなどにより耳鳴りや耳閉感、軽度の難聴が起こります。低い音が聞こえにくくなるのが特徴です。

また、低音障害感音難聴は、蝸牛型メニエール病とも呼ばれています。

低音障害感音難聴(蝸牛型メニエール病)で来院されていた方の聴力が戻った症例をご紹介します(^^)v

 

2016年の10月頃~耳鳴り、耳閉感、難聴が出始めました。11月下旬~当院に来ていただいています。その方の聴力検査のグラフです。

赤の〇が右耳の聴力、青の✖が左耳の聴力です。

聴力1月6日2

2017年1月の検査結果です。

低音が、左耳は20デシベルの大きさで聞こえているのに対して、右耳は50デシベル以上まで大きくしないと聞こえていません。右側の低音が聞こえづらいということが分かります。

週に1~2回のペースで治療を行っていきました。

聴力2月3日

2017年2月の検査結果です。

右耳の低音の聴力が上がっているのが分かります!

 

突発性難聴も含め難聴の治療は、発症してからできるだけ早く治療を開始するのが大切です。

→ 耳鳴り・突発性難聴の鍼灸治療

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: その他, 福岡美容鍼灸, 肩こり, 首こり | タグ: , , , , , , ,

TEL:092-721-0086