膝痛

膝痛

当院が施術する膝痛の鍼灸治療と運動療法を併用することで、膝周囲の硬くなった筋肉を緩め、運動開始時や階段の昇り降り時の痛みを取ります。また、関節内の滑液の循環を改善することで、膝の水がたまりにくくなっていきます。

膝痛・変形性膝関節症とは

膝関節のクッションである軟骨のすり減り、骨棘(こつきょく)の形成や筋力の低下が要因となって、膝の関節に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じる病気です。中高年の方に多い病気ですが、とりわけ女性に多く、50歳以降になるにつれて患者さんの数が増えていきます。

変形性膝関節症の膝痛の特徴は運動時痛であり、特に椅子から立ち上がろうとしたり、歩き出そうとする動作の始まりに痛みの症状が出現するのが特徴的です。

膝痛・変形性膝関節症の鍼灸治療

また正座を行う時、しゃがみこむ時や階段の昇り降り、特に降りるときに関節の痛みを感じたりもします。膝関節の変形が進むと、膝を完全に伸ばせない、完全に曲げられないなどの運動制限がでてきます。

関節の炎症症状があるときは関節内に水がたまります。

膝痛があると、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の衰えが著明になっていきます。この筋肉の衰えはますます膝関節に負担をかけ痛みを助長させ膝痛の悪循環を伴うことになります。

【変形性膝関節症の特徴】

初期症状
・起きて歩き始めた時の膝の違和感がある。

中期症状
・膝が完全に曲がらない、伸びない状態となり、正座やしゃがみこむ等の動作が苦痛になる。
・階段の上り下りがつらく、特に下りがつらくなる。
・膝の周辺が腫れ、熱感があったり、膝に水がたまり重だるい感じがでてきます。
・膝に力のかかる動きをするとコリコリ、ガリガリといった音が出るような感じがする。

末期症状
・膝関節の変形が目立つようになります。

膝痛・変形性膝関節症の鍼灸治療

変形性膝関節症の鍼灸治療

膝痛の鍼灸治療では膝上の固くなった筋肉(大腿四頭筋)や膝関節の炎症を取り除きます。

関節軟骨の変形による膝の痛みは膝周りの血流を悪くさせます。また、膝周りの筋肉も硬くさせて、膝を動かしにくくしていくことで、より膝に負担が生じ、悪循環を形成していきます。

そのため、鍼灸治療では、膝周りの血流を改善し、膝周囲や太もも、腰、臀部、股関節周りの硬くなった筋肉の緊張を緩めることで、膝痛の悪循環を改善させ、膝を動かしやすくしていきます。

変形性膝関節症の発症初期から治療することが大事です。また、大腿四頭筋を鍛えることも、膝痛の悪循環をストップさせるために重要となります。

排刺療法

膝上・太ももの筋肉の緊張をゆるめる鍼灸治療法です。膝の悪い方は膝上の太ももの筋肉も硬くなっている方が多いです。その筋肉に鍼をすることで筋肉の動きを良くすることで膝への負担を軽減していきます。