肘痛・テニス肘

肘痛・テニス肘

福岡で肘痛・テニス肘の鍼灸施術

福岡・天神にある当鍼灸院ではテニス肘・ゴルフ肘・野球肘などの肘の痛みの鍼灸施術を行っています。慢性的な肘の痛みは肘周りに付着する筋肉が疲労し、炎症をおこしています。

当院では、肘の痛む部分や首、肩のツボに鍼灸をすることで、患部の血流やコリを解消し、肘の痛みを軽減していきます。

湿布や電気を受けてもなかなか改善が見られない方は、鍼灸施術を受けてみてはいかがでしょうか。

肘痛の鍼灸

肘の痛みは、家事など肘に負担のかかる仕事やテニス、野球のような肘をよく使うスポーツを繰り返し行うことで、肘の関節に付着している筋肉が炎症を起こすことが多い。その他、外傷、肘関節の変形によるものなどもあります。

【肘の痛みを起こす代表的な疾患】

・テニス肘(上腕骨外側上顆炎)・野球肘・ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)・変形性肘関節症・肘部管症候群・関節リウマチなど

【このようなことが苦痛になる】
・タオルが絞れない
・引き出しが引けない
・ドアノブが回せない
・特定の動作(テニス・ゴルフ・野球等)で肘が痛い、電気が走る
・いつも肘に鈍痛がある

肘痛の起きる主な原因

・上腕骨外側上顆炎(テニス肘
テニスのラケットを振る、タオルを絞る、物を掴む等の動作で、肘の外側に痛みがでる。30~50歳代の女性に発症しやすい。

肘外側の痛みをテニス肘と言うので、「テニスをしたことないのに、テニス肘と診断された」という人も多い。
上腕骨外側上顆に付着する筋肉の腱の障害で、手首を手の甲側へ曲げる手関節伸筋腱や回外筋の使いすぎにより発症する。

・上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘、野球肘)
ドアノブを握って内側にひねる動作やタオルを絞る等の動作で肘内側に痛みがでる。
肘の小指側にある上腕骨内側上顆に付着する筋肉の腱の障害で、手首を手のひら側に曲げる手関節屈筋腱や、前腕を内側に捻る円回内筋腱の使いすぎにより発症する。
野球肘とも呼ばれ、野球の投球動作のし過ぎにより発症する。

その他の肘痛疾患

変形性肘関節症、肘部管症候群、関節リウマチなども肘に痛みなどを感じます。

肘痛の鍼灸

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)などの肘痛は腕の筋肉の使いすぎが原因です。

また、テニスをしたことのない女性に起きる慢性化した上腕骨外側上顆炎も家事などが原因で発症しますので、
まずは安静が第一です。

鍼灸では、痛む部分の消炎鎮痛を目的とした施術を行います。

肘外側の痛み(テニス肘)には、上腕骨外側上顆を起始とする伸筋群。 肘内側の痛み(ゴルフ肘)には、上腕骨内側上顆を起始とする屈筋群にあるツボを中心に鍼灸をしていきます。

また、肘の痛む部分以外にも首、肩にかけてのツボにも鍼灸を行っていきます。

鍼灸は、はじめのうちは週1~2回の施術をおこなっていきながら、自宅にてお灸をしていただくと効果的です。

関連記事

→ ゴルフ肘

ゴルフで肘を痛める方がよく来院されます。