顔面けいれん

顔面けいれん

福岡で顔面痙攣・眼瞼痙攣の鍼灸施術

福岡・天神にある当鍼灸院では顔面痙攣(けいれん)・眼瞼痙攣(けいれん)の鍼灸施術を行っています。鍼独特の鎮静作用により顔面やまぶたなどのけいれんを軽減させていきます。

お薬や注射でも効きの悪い方や手術は怖いので他に症状を軽減する方法がないかお悩みの方は、鍼灸施術をうけてみてみてはどうでしょうか。

顔面けいれんとは

顔面の筋肉の一部が勝手にけいれんを起こします。ほとんどの場合は顔の片側だけに症状が現れます。はじめは目のまわりがぴくぴくする感じからはじまり、進行すると頻繁に痙攣があらわれます。そのうちに片目が閉じた様な状態や顔が引きつってゆがんだ状態となる場合もあります。

眼瞼痙攣とは、「まぶたがピクピクとけいれんする」「まぶしくて眼が開けられない」などの症状がみられる。
症状は眼の周囲にのみ現われ、けいれんの範囲が広がることはありません。

【顔面けいれんの主な症状】
・左右いづれかだけにおこる
・まぶたなど目の周りがピクピクする。
・勝手に目が閉じてしまう。
・ほほや口の周りがひきつる

顔面けいれん・眼瞼けいれんの鍼灸

顎関節症の鍼灸治療画像

顔面痙攣・眼瞼痙攣の原因として、首や肩こり、眼の使いすぎによる疲れからくる場合と顔面の神経が血管に圧迫されることにより起こる場合があります。

鍼灸ではけいれん起こしている部分への鍼灸施術することで顔面神経の興奮を抑え、症状の軽減を図ります。

一般的に首や肩こりなど疲れからくるけいれんでは比較的効果は高いです。

また、顔面神経の圧迫が原因の場合は難治ですが、手術により血管の圧迫を解除しても痙攣が完全に治まらなかった方が鍼灸施術により完全に治まった例がありますので、まずは鍼灸施術を試してみてはどうかと思います。

顔面けいれんは早期の処置が大事です。

関連記事

→ 患者様からの感想 「ボトックス注射を9ヶ月打たなくても大丈夫になりました!」
病院で2か月に1度打っていた注射が、3か月に1度、4か月に1度…と、注射を打つ間隔が長くなり、通い初めて2年ちょっとですが、去年6月に注射を打ったきり、もう9か月も注射もせず、普通に暮らしています。

→ 患者様からの感想「顔の違和感がとれました!」
治らないと思っていたのですが、2日間連続で鍼灸したら、1ヵ月半続いていた顔の違和感が最初の1日目で取れました。信じられないくらいスッキリしました。

→ 患者様からの感想「2ヶ月続いた目の下のピクピクはすぐに止まりビックリしました!」
眼の下のピクピクはすぐに止まりびっくりしました。首・肩のコリ、腰の違和感はやわらいだように感じます。体がリラックスしたのかよく眠れます。自律神経が整うよう継続したいと思っています。

→ 眼瞼下垂に効果的なツボを紹介
眼瞼けいれんの症状で瞼が下がってくることがあります。そういう症状に効果的なツボをしょうかいしています。