若年性更年期障害の鍼灸治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


更年期障害の鍼灸治療

若年性更年期障害の中国鍼灸治療

自律神経失調症に関する研究発表

若年性更年期障害の鍼灸治療では自律神経を整えるツボを刺激して体調を整えていきます。

第11回全日本鍼灸学会 九州支部学術集会にて、鍼灸刺激と自律神経に関する研究を発表しました。

若年性更年期障害は自律神経と非常に密接な関係があります。

*自律神経失調症の治療はこちらをご覧ください。

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害という医学的病名はありませんが、

20‐30代の女性に、更年期障害と同じような症状が出ることを「若年性更年期障害」という呼ばれ方をしています。

食生活や睡眠など生活習慣、疲労、精神的なストレスなどが原因で、卵巣機能が一時的に低下し、自律神経が乱れることが原因です。

若年性更年期障害の症状は、
生理不順や無月経、ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、手足の冷え、肩こり、腰痛、
めまい、不安・イライラ・うつ気分・むくみなどがあります。

いわゆる更年期障害と若年性更年期障害の違い

更年期障害は加齢による卵巣の機能の衰えにより、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが崩れることが原因です。(詳しくは、更年期障害のページをご覧ください)

 
更年期障害に気になる症状

一方、若年性更年期障害もエストロゲンの分泌量の減少が原因ですが、疲労やストレスなどにより脳から卵巣への指令が正常よりもやや弱くなり、卵巣が働けず、その結果としてエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

要するに、若年性更年期障害は、通常の更年期障害とは違い、卵巣そのものには問題がなく、一時的に卵巣機能が低下している状態です。

【若年性更年期障害の主な症状】

・全身的症状
ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ・多汗)、めまい、むくみ、冷え
 
・運動器系
肩こり、腰痛、手足のしびれ
 
・精神的症状
イライラ、不安、うつ、神経質、睡眠障害、意欲低下
 
・消化器系の症状
吐き気、嘔吐、食欲不振
 
・婦人科系
生理不順
 

若年性更年期障害の鍼灸治療

若年性更年期障害の原因はストレス、疲労、生活習慣が原因なので、まずはこれらを改善していただくことが第一です。その上で、鍼灸治療を行うことで、症状の改善を目指していきます。

東洋医学では若年性更年期障害は「気」や「血」の巡りが悪くなることで起きると考えています。

そのため、気血の流れがよくなるようなツボを選び治療していきます。

特に、生理不順でお悩みの場合、鍼灸治療により女性ホルモンの分泌を促す、自律神経の中枢部分(視床下部)にいい影響を与えることで、生理が来るようにしていきます。

(詳しくは生理不順の鍼灸治療ページをご覧ください)

鍼灸治療は、はじめのうちは週1~2回の治療をおこなっていきます。
慢性的な症状であれば数ヶ月の治療が必要になることもありますが、ある程度症状が落ち着いてくれば月に1~2回の治療もしくは自宅でのお灸治療をすることにより現状維持できるようにしていきます。

【若年性更年期障害のセルフお灸治療】
自律神経失調症 お灸

若年性更年期障害の方には、症状にあわせて数ヶ所のツボに自宅でお灸をしていただくようにご案内しております。
右図のようなお灸を症状に合わせて使い分けしています。
非常に温和な熱刺激がツボから身体の中に浸透していき、
身体がリラックスしていきます。

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費