仮面うつ病の鍼灸治療法 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


うつ病の鍼灸治療

うつ病に関する発表

うつ病の鍼灸治療

読売ウィークリー
当院の「うつ病の鍼灸治療」
が掲載されています。

仮面うつ病とは、うつ病の典型的な症状である気分の落ち込みなどが目立ちません。

寝つきが悪い、眠りが浅い、目覚めが早いなどの睡眠障害や食欲不振、疲労感、全身倦怠、頭痛、肩こり、目のかすみ、慢性的な便秘や下痢など、いわゆる自律神経失調的な症状や首、腰の痛みなどの症状が強く現れます。

このような症状に対して鍼灸は非常に効果的です。

 

仮面うつ病の鍼灸治療法

第53回 全日本鍼灸学会学術大会 千葉幕張メッセにて発表しました。

仮面うつ病の鍼灸治療

鍼による「うつ」の治療

ヨミウリウィークリーに当院の鍼による「うつ病」の治療が掲載されました。

うつ病の鍼灸治療

「薬の副作用に悩む方に朗報!」

鍼による「うつ」の治療
うつ病の治療には、抗うつ薬の服用と休息が大前提だ。ただ、薬を飲み続けることに抵抗感を抱いている人も少なくない。

例えば、薬の副作用に悩まされている人や、妊娠・出産を考えている女性などだ。そこで注目されているのが、鍼によるうつ病治療である。

鍼治療の本場、中国北京大学では、鍼でうつ病を治す研究が行われている。約400人の患者に薬を使わず鍼治療を行ったところ、薬のみを服用したのと同等の効果を得られたという。

日本でも、鍼による、うつ治療を実践しているところがある。福岡市の箱嶌医針堂だ。箱嶌大昭院長は、北京大学に留学して、その方法を学んできた。早速、日本で施術したところ、長い間、うつ病に悩んでいた患者も特有のだるさがなくなったなど、効果があらわれている。

「やはり、副作用などで薬に対して拒絶感を持っていた人に好評です。鍼をすると、まず体の調子が改善され、それに伴って、精神的な障害も徐々に解消されていく、というプロセスが一般的ですね」(箱嶌院長)

鍼を、頭頂部にある「百会」と眉間にある「印堂」というツボに刺す。このツボは、もともと精神安定などを導き出す働きをするのだが、さらに3.5ボルトの微量な電流をながすことで刺激を加える。

実際に体験してみた。鍼を伝わって電流が流れているのが、皮膚のピクピクする感じでわかる。そのまま30分間、じっとしていると、まず体が楽になり、次に穏やかな気持ちになっていく。確かに効果はありそうだ。

「もっとも、1回ですっきり治るわけではなく、10回以上やってみないと、はっきりとした効果は認められません」(箱嶌院長)

抗うつ薬を飲まずに、鍼だけで、うつ病治療をしている30歳代前半の女性に効果の程を聞くと、やはり体の凝りが徐々に取れてきて、精神的にも安定してきたという。この女性は4回目だったが、鍼治療を行う前はちょっとしたことでも、涙が出て止まらず、一日中何をしても億劫感が伴っていた。それが解消されて「とても楽になった」と喜んでいる。

鍼によるうつ病の治療

 

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費