副鼻腔炎(蓄膿症)の中国鍼灸治療|箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


副鼻腔炎(蓄膿症)の鍼灸治療

副鼻腔炎(蓄膿症)の中国鍼灸治療

副鼻腔炎の鍼灸治療

当院が施術する副鼻腔炎(蓄膿症)の中国針灸治療では、副鼻腔の炎症を抑え、免疫力を高めることにより症状を軽減させていきます。

お薬の効きにくい方やお薬の副作用が気になる方は、鍼灸治療をうけてみてみてはどうでしょうか。

副鼻腔炎(蓄膿症)とは

アレルギー性鼻炎の鍼灸治療

副鼻腔に細菌やウイルスが感染することなどによって炎症がおこり、膿などが副鼻腔にたまった状態のことをいいます。副鼻腔で炎症をおこしやすいのは最も大きな上顎洞です。

鼻づまりや粘っこい鼻汁、においが分からないといった鼻の症状や頭痛・頭重感、歯の痛みなどに加えて、集中力散漫、記憶力減退といった症状を認めることもあります。

仕事の能率が上がらなかったり、勉強に集中できないような場合があります。

【副鼻腔炎(蓄膿症)の症状】

・頭重感
・頭痛
・鼻根部、頬部の鈍痛
・鼻水
・鼻づまり

副鼻腔炎の鍼灸治療

アレルギー性鼻炎のツボ

中国針灸治療では右図のツボに針灸刺激をしていくことにより、副鼻腔の炎症を抑えて、症状を軽減させていきます。

また、
手足や背中のツボにも鍼灸治療することで、自律神経の働きをを整え、体質の改善を図っていきます。

鼻の周りのツボを押さえると痛みがあります。それがアレルギー性鼻炎によく効くツボになります。
鼻の周りに針をされるなんて怖いと思いますが、イメージしているような痛みはなく、治療中に眠ってしまう方もいます。

 

【副鼻腔炎のツボと効能】

上星(じょうせい)
鼻づまり・目の充血
印堂(いんどう)
さらさらした鼻水
鼻通(びつう)
くしゃみ・鼻水・鼻づまり
迎香(げいこう)
くしゃみ・鼻水・鼻づまり

副鼻腔炎の鍼灸治療では、当院にて週1~2回の治療を行っていきます。

また、自宅にてお灸をしていただくことによって効果を持続させ、体質改善を図っていきます。

副鼻腔炎の鍼灸治療についての関連記事

慢性副鼻腔炎の鍼灸治療   ←詳しくはこちらをクリック

主訴:副鼻腔炎による鼻づまり

半年前から鼻づまりに悩んでおり、耳鼻咽喉科を受診する。

精密検査の結果、副鼻腔炎と診断され抗生物質などを3ヶ月服用していたがなかなか改善が見られない。
その後、2件ほど耳鼻科を受診し、手術との話もでた。

そのため、少しでも、副鼻腔炎から来る鼻づまりを改善できないかとのことで、当院にて鍼灸治療を週に1~2回ペースで治療。

鍼灸治療回数を重ねるごとに鼻づまり感が軽減し、2ヵ月後の精密検査では、右上顎洞にあった膿も消失していた。

 

 

慢性副鼻腔炎でしたが、鼻の調子がいいです!   ←詳しくはこちらをクリック

 慢性の副鼻腔炎でいつも鼻が詰まっていたり、膿のような鼻水がたまり、頭痛、ニオイが分からないなどの日常生活にも影響が出ていましたが、鍼灸治療を受けてからとても調子がいいです。

 


TEL:092-721-0086
メニュー
院長紹介

院内案内

  • 携帯サイト


ご来院地域

天神大丸から徒歩3分

【主なご来院地域】

福岡市、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、糸島市、北九州市、小倉、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、 佐賀、唐津、鳥栖、長崎、佐世保、壱岐、対馬、熊本、大分、日田、宮崎、鹿児島、山口

※出張治療はしてません

>>地図&治療費