眼精疲労 鍼灸 福岡 Archives 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


めまい

»タグ別アーカイブ:, , ,

首コリ(後頭下筋群など)で起きる症状と鍼治療

投稿日:2019年02月27日

後頭下筋群への鍼治療

首コリ、肩こりに悩んでいる方が多く鍼灸治療を受けに来院されます。特に最近は長時間、スマホを見たり、操作することが原因となっている人も増えています。

この首コリや肩コリが慢性的になると、ただの首コリ肩コリだけではなく、それが原因で様々な体調不良を引き起こすことがあります。

首には沢山の筋肉が頭から肩にかけて存在しています。その中で首コリの原因の1つと考えられる筋肉があります。
それは、「後頭下筋群(こうとうかきんぐん)」という筋肉です。

 

後頭下筋群とは

後頭下筋群とは

頭と首の境目にある筋肉です。・大後頭直筋・小後頭直筋・上頭斜筋・下頭斜筋の4つの筋肉のことをまとめて、後頭下筋群と呼んでいます。

頭を支えたり、頭を動かしたり、目の動きなどにも関係してくる筋肉で、常に働いている筋肉のため、コリやすくなります。

  

首コリ(後頭下筋群など)が原因で起きる代表的な症状 

後頭下筋群の周りには頭痛などを引き起こす神経や体調をコントロールする自律神経が通っています。
そのため、後頭下筋群が凝っると、それらの神経に影響を及ぼし、様々な症状を引き起こします。

よくある症状としては、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、眼精疲労、動悸、不眠、疲労感などです。
これらの症状は病院での検査でも特に異常が見つからないことが多く、お医者さんから「自律神経失調症が原因」と言われることもあります。

 

 

首コリが原因で自律神経失調症に

自律神経とは、体調をコントロールする神経です。首には自律神経が通っており、首コリが酷くなりすぎると、自律神経に影響を及ぼし、体調不良を起こすことがあります。

  

後頭下筋群のコリと自律神経失調症

自律神経失調症の方の多くに、首のコリを感じている方が多くいます。
特に頭と首の境目にある後頭下筋群にコリを感じる人が多く、またコリの自覚がなくても後頭下筋群を指で押さえてみると、凝っていることを実感することがあります。

 

後頭下筋群の鍼治療

首コリの鍼灸治療

後頭下筋群のコリに鍼をすると、「ズーン」と重たい感じがします。例えると、指圧をされた時に凝ってるところを押さえてもらうと「痛いけど、気持ちいい」と感じると思いますが、それに近い感覚です。

鍼をしている間はその感覚がありますが、鍼をはずすと首が軽くなるのを実感すると思います。
後頭下筋群のコリが緩むと、首肩のコリが軽減し、自律神経失調症による諸症状も改善しやすくなっていきます。

後頭下筋群の鍼治療は指圧やマッサージよりも効果的です。
ぜひ鍼治療を受けたことがない方は、受けてみられることをおススメします。

 

~首コリ・痛み関連記事~

肩こりの鍼灸治療

首肩こりの鍼治療+デコルテリンパケア

肩甲骨・背中の痛みの鍼灸治療

ぎっくり背中の鍼灸治療 

自律神経失調症に効く背中のツボ 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 
耳の症状、肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「後頭下筋群による首コリ、肩こりや自律神経失調症による諸症状は鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ受けてみてはいかがでしょうか?」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

 

カテゴリー: めまい, トリガーポイント鍼治療, 目の奥の痛み, 福岡の鍼灸院, 肩こり, 頚椎症, 頭痛|タグ: , , ,
IT眼症に効くツボ

投稿日:2018年03月27日

当院には、「IT眼症」に悩んでいる方が鍼灸治療を受けに来院されます。

IT眼症とは、パソコンやスマホなどを長時間することで、眼精疲労などの目に症状が起こります。また、頭痛、肩こり、めまい、イライラなど体調不良を起こすことがあります。 

 IT眼症に効くツボ

目のまわりにあるツボに鍼灸治療をすることで、凝り固まった目のまわりの筋肉の緊張が改善していきます。
目が開きやすくなり、よく目が見えるようになります。

 

IT眼症の主な症状

 

IT眼症は目の症状と身体全体の症状が出ます。

目の症状

・目が疲れる
・ぼやけて見える
・かすんで見える
・しょぼしょぼする
・目の奥が痛い

主に目のまわりの筋肉の疲労が原因で起きる症状です。

 

身体・精神的症状

・首、肩こり、背中の張り感
・疲労感、倦怠感
・頭痛
・めまい
・不眠
・イライラ

IT眼症は目の症状のみならず、身体全体の調子も悪くなっていきます。眼精疲労からくる疲労の蓄積や精神的ストレス、睡眠不足などが影響して首肩こりや自律神経が乱れるためです。

 

IT眼症の鍼灸治療

IT眼症の鍼灸治療

IT眼症では、3つのポイントに対して、鍼灸治療を行っていきます。

①目のまわりの筋肉の緊張緩和

②首や肩こりの改善

③自律神経のバランスの改善

この3つのポイントにアプローチすることで、IT眼症の改善を目指します。

 

 

IT眼症に効くツボ

 

IT眼症に効くツボ 

合谷(ごうこく)

手の甲側で、親指と人指し指の骨が交差したところから、人差し指へ向かって押していき、痛みを感じる部分。

 

 IT眼症に効くツボ

当院での鍼灸治療と自宅にセルフお灸をしていただくと、より効果的です。

 

~IT眼症関連記事~

IT眼症・眼精疲労の鍼灸治療について

眼精疲労と頭の筋肉の関係 

セルフお灸について

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 
眼精疲労、肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「IT眼症など眼精疲労やそこからくる体調不良は鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ受けてみてはいかがでしょうか?」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ」「眼精疲労

 

カテゴリー: 目の奥の痛み, 眼精疲労, 福岡の鍼灸院|タグ: , , , , ,
目の奥の痛みと首コリ(後頭下筋群)の関係

投稿日:2017年08月29日

目の奥が痛い

 「目の奥が痛い・・・」

「目をえぐり出したい」

当院の患者さんでこのように訴える方がいます。

 

目の奥が痛くなる病気はいくつかあります。

目の病気、神経の病気、脳の病気などなど。

まずは、専門医による診察を受けて、何が原因なのか調べる必要があります。

 

「目の奥が痛い」と言って、当院の鍼灸治療を受けられる方は、

病院での精密検査では特に異常がない方がほとんどです。

でも、「目の奥が痛い・・・」 

 

 

首の筋肉のコリが原因!?

 

原因不明の目の奥の痛みを起こす原因として考えられるのが首肩の筋肉のコリです。

目の奥の痛みを感じる方の多くが、日ごろから首や肩こりに悩まされています。

そのコリが目の奥の痛みを引き起こします。

 

首肩には多くの筋肉がありますが、その中で目の奥の痛みと関係の深い筋肉を紹介します。 

 目の奥の痛みの鍼灸治療

  1. 後頭下筋群(こうとうかきんぐん)とは、後頭部と首の境目にある細かい筋肉の集まりです。
  2. ・小後頭直筋・大後頭直筋・上頭斜筋・下頭斜筋の4つの筋肉で構成されています。

 

首のつけ根を指で押さえてみると、目の奥に「ズーン」と響く感じがしてきます。

これらの筋肉がコルと、目の動きも悪くなり、目の奥まで痛くなってきます。

後頭下筋群への鍼治療

 

そのため、後頭下筋群のコリに鍼灸治療をして、コリを緩めていくことで、目の奥の痛みも改善してきます。

もちろん首のコリにはダイレクトに効きますし、肩こりや頭痛も軽減されます。

 

 

詳しくはコチラをクリック

 ↓ ↓ ↓

眼精疲労の鍼灸治療

眼精疲労のブログ 

肩こりの鍼灸治療

 

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「なかなか改善しない眼精疲労でも鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: 目の奥の痛み, 眼精疲労, 福岡の鍼灸院, 頭痛|タグ: , ,
目のまぶしさに効果的な鍼灸治療

投稿日:2017年08月09日

光がまぶしい

 「光がまぶしく感じる」

「眩しくてテレビを見るのもつらい」

「目がまぶしくて頭痛までする」

 

当院にはこのような「光がまぶしい」という悩みで鍼灸治療を受けに来られる方がいます。

 

「光がまぶしく感じる」という病気はいくつかありますので、まずは眼科等専門医で診察してもらうのが大事です。

そして、特に目などに異常がない場合は、鍼灸治療が適応することがあります。

  

 

眩しいのは自律神経の乱れが原因!?

 

 光のまぶしさの原因 

瞳孔は目の中に入ってくる光の量を調節する働きがあります。

普段、私たちの目はこの瞳孔を収縮させたり、弛緩させたりして、まぶしくないようにしています。

 

この瞳孔の開き具合は自律神経の働きによって調節されます。

そのため、自律神経に不具合が起きると、瞳孔を収縮しないといけない時にうまく収縮できず、目に光が多く入ってしまい、まぶしく感じてしまいます。

  

 

首肩のコリも原因

 

「まぶしい」で来院される方を診察してみると、その多くの方に首肩のコリがあります。

この首肩のコリが改善すると、目のまぶしさも徐々に改善していく例があります。

 

そのため、首肩のコリをとることも「まぶしさ」を改善するうえで、とても重要になります。

 

 

目のまぶしさに効果的な鍼灸治療

 

目のまぶしさには自律神経の乱れや首肩のコリが関係します。

そのため、手足などにある自律神経の働きを整えるツボや首肩のコリをとるツボ。

あと、眼精疲労に効くツボに鍼灸治療を行います。

 

そうすると、光のまぶしさの程度やまぶしく感じる頻度が徐々に改善していきます。

 光がまぶしくてお困りの方、鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

↓↓ クリック ↓↓

眼精疲労に効く鍼灸治療

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。 

「なかなか改善しない眼精疲労でも鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか」
こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: 目の奥の痛み, 眼瞼下垂, 眼瞼痙攣, 眼精疲労, 福岡の鍼灸院, 自律神経失調症, 頭痛, 顔面けいれん|タグ: , , ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

IT眼症 お灸 ツボIT眼症 ツボIT眼症 鍼灸 福岡MRI異常なし 坐骨神経痛お尻のコリ,梨状筋症候群 鍼灸 福岡お尻の痛み 福岡お灸かかと 痛みかかとが痛いかかと痛ぎっくり背中 治療 福岡ぎっくり背中 鍼灸 福岡ぎっくり腰ぎっくり腰 治療 福岡ぎっくり腰 治療 福岡市ぎっくり腰 福岡ぎっくり腰 鍼灸 福岡ぎっくり腰 鍼灸 福岡市ふくらはぎ外側の痛み お灸 ツボふくらはぎ外側の痛み ツボふらつきめまいめまい ツボめまい 効く ツボめまい 水毒 ツボめまい 治療 福岡めまい 鍼灸 福岡カッピング 福岡カモガヤ 花粉症 鍼灸ギランバレー症候群 複視 福岡ゴルフ肘ツボデスクワーク 坐骨神経痛,デトックス ツボトリガーポイント鍼治療 福岡ハムストリングス ツボ,ハムストリングス 張りハント症候群 治療 福岡ハント症候群 鍼灸 福岡ハント症候群 顔面神経麻痺 治療 福岡ハント症候群 顔面神経麻痺 鍼灸 福岡パーキンソン病フィッシャー症候群 複視 福岡プレ更年期障害 福岡,プレ更年期障害 治療 福岡ベル麻痺 治療 福岡ベル麻痺 鍼灸 福岡