ベル麻痺 鍼灸 福岡市 Archives 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


福岡の鍼灸院

»タグ別アーカイブ:, , , , ,

ベル麻痺の鍼灸治療

投稿日:2018年02月27日

顔面神経麻痺はある日突然、顔の片側の動きが悪くなってしまいます。

その原因はいくつかありますが、最も多いのが「ベル麻痺」です。

 

 ベル麻痺とは

ベル麻痺と福岡の鍼灸治療

顔面神経麻痺の中で、原因がよくわからないものが「ベル麻痺」と呼ばれ、「特発性顔面神経麻痺」と言われることもります。顔面神経麻痺の約70%がベル麻痺とされています。

 

多くの患者さんがベル麻痺を発症する前に、仕事が忙しく疲れが溜まっていたり、睡眠不足が続いていたなどで疲労していたり、免疫力が落ちていたり、またストレスで精神的に疲れていたと言われます。
なかには、特に疲れなど感じていないのに、突然顔面麻痺なったという人もいます。

 

ベル麻痺は「1型単純ヘルペスウイルス」が関係しているともいわれています。このウィルスは口唇ヘルペスやヘルペス口内炎などの原因となるウイルスです。

 

東洋医学から見た顔面神経麻痺 

顔面神経麻痺に効くツボ

東洋医学では顔面神経麻痺のことを「口眼歪斜」と言います。
顔面神経麻痺の原因は身体に張り巡らされている経絡(ツボ)、特に顔にあるツボにエネルギーがないために、悪い気が入り込んでしまい、顔の動きが悪くなったと考えられています。

 

そのため、顔にあるツボに鍼灸治療を行うことで、血流を良くしてあげることで、顔面神経麻痺を回復させていきます。

私が中国・北京での病院にいた頃も、多くの顔面神経麻痺の方が鍼灸治療を受けに来られていました。 

 

ベル麻痺の鍼灸治療 

福岡のベル麻痺の鍼灸治療ならお任せください

ベル麻痺の鍼灸治療では、顔の動きが悪いところに鍼灸治療を行っていきます。

鍼灸治療を繰り返し行うことで、顔面神経が回復し、徐々に顔の動きが戻っていきます。

 

ベル麻痺は顔面神経麻痺の程度やその方の自己治癒力によって回復度合いに差がでます。

ただ、早期に鍼灸治療を開始した方が回復しやすい傾向にあります。

  

↓詳しくは↓

顔面神経麻痺の鍼灸治療について

顔面神経麻痺に効くツボ

 

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 

肩こり、腰痛など日常的な症状から顔面神経麻痺(ベル麻痺・ハント症候群)などの鍼灸治療を行っている。

 「ベル麻痺による顔面神経麻痺には鍼灸治療は効果的です。ぜひ鍼灸治療を受けてみてください」

こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 顔面神経麻痺|タグ: , , , , ,

TEL:092-721-0086