ツボ Archives 箱嶌医針堂(福岡市・天神)

サイトマップ


福岡の鍼灸院

»タグ別アーカイブ:, , , , , , , , ,

頭痛のツボと鍼灸治療

投稿日:2013年08月23日

頭痛持ちは3000万人頭痛って国民病!?

 

毎日、頭痛に悩まされている人も少なくありません。

なんと、日本人の4人に1人が頭痛持ちだそうです。

その数は約3000万人! 

 

うわぁ!すごい人数ですね。

ちなみに日本の総人口は1億2735万人だそうです。

福岡県の人口は507万1,623人なので、

その4人に1人だと126万人の頭痛持ちさんが福岡にはいるのですね。

 

当院に頭痛の鍼灸治療を受けに来られる方が多いはずです。

また、肩こりが辛くてと来院される方の多くも頭痛があると言われる方が多いです。

 

 

頭痛ってどこが痛い?

 

ところで、頭痛といっても痛む部分はそれぞれ違います。

よく側頭部が痛いと「偏頭痛」や後頭部が痛いと「緊張型頭痛」みたいな感じで。

頭痛の起こりやすい場所とは・・・

・側頭部やこめかみの辺りが痛い!

・肩こりがひどくなると後頭部まで痛い!

・頭のてっぺんが痛い!

などなど

 

 

東洋医学的な頭痛のタイプとツボ

 

実は、東洋医学でも痛む部位によって頭痛を分類することができます。

そして、頭痛のツボもそれぞれ違ってきます。へ~~

 東洋医学では頭痛を①前頭部 ②頭頂部 ③側頭部 ④後頭部

の4つの部位に分け、それぞれに効果的な経絡やツボに鍼灸治療を行います。

 

①前頭部頭痛…額を含める前頭部におきる頭痛、胃腸の調子が悪いことで起こりやすい。 

       陽明(ようめい)頭痛と言い、ツボは合谷などの陽明経

前頭部の頭痛とツボ

 

②頭頂部頭痛…頭のてっぺん辺りにおきる頭痛、ストレスなどが原因で起こりやすい。

       厥陰(けついん)頭痛と言い、ツボは太衝などの厥陰経

頭頂部の頭痛とツボ

        

③側頭部頭痛…コメカミから耳付近におきる頭痛、ホルモンの乱れやストレスが原因で起こりやすい。

       少陽(しょうよう)経頭痛と言い、ツボは足臨泣などの少陽経

側頭部の頭痛とツボ

 

④後頭部頭痛…首肩から後頭部にかけておきる頭痛、肩こりや自律神経の乱れが原因で起こりやすい。

       太陽(たいよう)経頭痛と言い、ツボは後谿などの太陽経 

後頭部の頭痛とツボ

 

あなたの頭痛はどのタイプでしょうか?必ずしも1つのタイプとは限りません。

痛くなる場所にあわせて、ツボを指圧したりお灸をしてみてはいかがでしょうか?

 

→ 頭痛の鍼灸治療についてはこちらをご覧ください!

 

 

 

 

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 頭痛 | タグ: , , , , , , , , ,
不妊症のストレス対策のツボ

投稿日:2013年06月14日

不妊症治療の過程では、色々不安になったり悩んだり、落ち込んだりすることがあるかと思います。

特に先の見えない状態では、ストレスもたまりイライラしてしまうこともあるかもしれません。

そういう状態が長期間続くと、自律神経も乱れがちになります。

 

不妊症治療におけるストレス対策

東洋医学でもストレスを溜め込んでしまうと、体の中の「気」の巡りが悪くなると考えられています。

生理不順になったり、排卵がスムーズにいかなくなったりします。

 

そして、気の巡りがわるくなると「血(けつ)」にも影響を与えます。

 

「血(けつ)」が不足してくると、子宮に栄養が行き渡らず、月経周期が遅れたり、月経時の血量が少なくなります。

 

子宮内膜も薄くなり、着床にしくくなったり、胎児が育ちにくくなります。

 

不妊治療中は、どうしても色々なストレスを感じてしまうかもしれませんが、「気」や「血」の巡りに影響がでることを意識してみてはどうでしょうか。

 

自宅にてツボを指圧したり、お灸をすえることで「気」「血」の流れをスムーズにさせましょう。

不妊症のストレス対策、イライラに効果的なツボをご紹介します!

 

 

 「太衝(たいしょう)」

 不妊治療中のストレス緩和のツボ

足の親指と人さし指の骨が交わる手前のくぼみ。
親指と人さし指の間をなでていき、指が止まるところ。
 
 
ストレスを発散させ、「気」と「血」の流れをスムーズにするツボです。
 

指圧を気持ちよいくらいの強さで押さえる、または温灸をすえると効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

福岡不妊症の鍼灸治療 

カテゴリー: 不妊症, 妊娠力アップのツボ | タグ: , ,
腎精を充実させるツボ-妊娠力アップ↑

投稿日:2013年06月10日

腎精は妊娠のカギ「腎精」とは人間が生まれてくる時に、親から貰って出てくる生命エネルギーのことです。

 

人間が生きていく上でのパワーの基本となるもので、この「腎精」が少なくなると妊娠力が低下したり、老化が進みます。

 

年齢を重ねていくごとに、この腎精の力が弱くなっていきますが、日々の食事や睡眠などで補充されています。

 

ただ、日常生活で睡眠不足など不摂生やストレスなどが続くと腎精は消耗しやすくなります。

 

腎精が不足した状態では、「子にあげる生命エネルギー」が足りない状態となります。
そのため妊娠が成立しにくく、「不妊症」ということになります。

 

いかに「腎精」を充実してあげるかが、不妊症にとって大事なことになります。
まずは不摂生を行っている人は日々の生活を改めることから始めてみましょう。

 

不妊症に効果的ツボそして、腎精を補うツボの力を借りてみましょう!腎精を増やすツボは「太谿」です。

 

このツボを冷やさないことです。腎精は冷えることで消耗され、保温で補充されます。

そのため、このツボにお灸をすると腎精が速やかに補充されます。

 

不妊症でお悩みの方はぜひ両足にある「太谿」にお灸をすえてみませんか?

太谿の場所:内果とアキレス腱の間に、少し窪んでいる感じのところ。

 

 

 

 

福岡不妊症の鍼灸治療

 

カテゴリー: 不妊症, 妊娠力アップのツボ | タグ: ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
https://www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

PMS お灸 ストレス セルフケア ツボ 不妊 不妊治療鍼灸福岡 不妊症 不妊症 お灸,不妊症 セルフ灸,二人目不妊 お灸 不妊症 鍼灸 福岡 不妊症鍼灸福岡 不妊症,冷え 不妊症,妊娠力 体質 冷え 卵巣 基礎体温 多嚢胞性卵巣症候群 妊娠 妊娠力 子宮 月経前症候群 福岡 東洋医学 生理 生理不順 生理痛 生理,月経,量,色 老化 血虚,瘀血(お血) 身体の調子 鍼灸 陰陽 食事 高プロラクチン血症 黄体機能不全 不妊症 黄体機能不全 鍼灸