婦人科

サイトマップ


中国北京で研究した東洋医学の最先端技術による治療

福岡美容鍼灸

»婦人科

不正出血、排卵痛、黄体機能不全、高プロラクチン血症などの鍼灸治療

投稿日:2019年04月18日

不正出血、排卵痛、黄体機能不全、高プロラクチン血症など女性特有の症状、疾患、鍼灸治療についてご紹介してきたいと思います。

不正出血

妊娠しなかった際に子宮内膜が剥がれ落ちて排出されるのが「生理」ですが、生理のとき以外に出血することを「不正出血」といいます。

不正出血の原因

①排卵出血
卵子が卵巣から飛び出る際に、卵巣の壁や血管を傷つけ出血することがあります。

②着床出血
受精卵が子宮内膜にくっつくために根を張る際に血管を傷つけ出血することがあります。

③ストレス
ストレスによりホルモンバランスが崩れると子宮内膜を維持できなくなり、予定よりも早く剥がれ落ちてそれが排出されることがあります。

不正出血の原因としてはストレス、ホルモンバランスの乱れによるものが1番多く、その場合、鍼灸治療も効果があります(*^^*)

少しだけ、1度だけの不正出血でしたら、排卵出血や着床出血などが考えられますので、あまり心配する必要のないくらいの場合が多いです。

排卵痛

排卵痛は、排卵日や排卵日前後に左右どちらか、もしくは両側に痛みや重だるさを感じることです。生理痛と同じで、無い人もいれば、ある人もいます。

痛みの感じ方も人それぞれですが、”チクチク痛む”と感じる人が多いようです。痛みを感じる月と感じない月がある方もいれば、毎月、排卵日前後は体調を崩すという方もいます。

排卵痛の原因は、コレ!と明確にはなっていなくて
・卵子が卵胞を破って飛び出すときの痛み
・卵子を包む卵胞が成熟して大きくなっているので痛む
・卵子が飛び出した時に卵巣が傷つくので、その痛み

など、様々な原因が考えられます。

黄体機能不全

黄体機能不全とは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きが悪くなったり分泌がうまくいってない状態です。

黄体ホルモン(プロゲステロン)には体温を上げ、妊娠を維持する働きがあります!

黄体ホルモンの分泌が少なかったり働きが悪くなると、高温期にならず子宮内膜も厚くならないので、着床しにくく流産しやすいです(>_<)

妊娠しなかった場合に子宮内膜が剥がれ落ちて排出されるのが「生理」ですが、黄体機能不全だと子宮内膜が薄いので、生理の日数が短くなったり経血の量が少なくなったりします。

また、黄体ホルモンの分泌が少ないと子宮内膜が剥がれやすくなるため、生理期間中以外にも不正出血が起こることもあります。

・高温期が短い
・高温期に移行するまでが長い
・高温期がない
・生理前特有のイライラなどが少ない。

など、基礎体温表をつけている方はこのことから気づくこともできます。

高プロラクチン血症

不妊症でお悩みの方に多いのが「高プロラクチン血症」です。

「プロラクチン」とは、乳腺刺激ホルモンです。文字通り、乳腺を刺激し母乳を作る働きがあります。それと同時に排卵を止める働きもあります。

妊娠中、出産後、授乳期に分泌量が増えるホルモンで、その期間妊娠しないのはプロラクチンの影響なんです。

高プロラクチン血症とは、妊娠中、出産後、授乳中ではないのにプロラクチンがたくさん分泌されている状態のことです。
原因はピルや抗うつ薬などの服薬、ストレス、脳腫瘍など。

プロラクチンがたくさん分泌されているということは妊娠中、授乳中と同じ状態なので、排卵も行われていません。
なので、不妊の原因になってしまいます(>_<)

東洋医学では、ストレスなどにより気や血の巡りが悪い状態と考えます。

自律神経失調症の鍼灸治療

婦人科疾患の鍼灸治療

不妊や婦人科疾患に悩んでいる方は、体の冷えなどの悩みも合わせ持っています。

鍼灸治療では、特定の症状に対してだけの治療というより、体全体の調子を整えることでホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体づくりを目指した治療を行います(*^^*)

女性ホルモンに関係しているツボや、血液や妊娠に関係しているツボなどを使います。

こういったツボに鍼やお灸をおこなうことで、全身の巡りが良くなって冷え性が改善されたり、体全体が整っていきます。

そうすることで、生理痛や生理不順などの不調が起こりにくい体、妊娠しやすい体になっていくんです(*^^*)

また、あまりストレスを溜めないようにしたり、食生活や睡眠時間などの生活習慣を見直したり体を冷やさないように対策をしたりと、ご自身でケアするのも大切です♪

病院でもらった薬を飲んでも治らなかったけれど鍼灸治療で治ってきたという方もいらっしゃいます(*^^*)

→ 不妊症の鍼灸治療

まとめ

鍼灸院には生理痛や生理不順などを含め、女性特有のお悩みを持っている方は多くいらっしゃいますが、不正出血、黄体機能不全、高プロラクチン血症など改善を目的で来られる方は多くありません。しかし、不妊症の鍼灸治療を受けに来られる方の中には、不正出血、黄体機能不全、高プロラクチン血症などのお悩みがある方もいます。

まずは生活習慣を整え、体が冷えないように気を付けるだけで、改善する症状もたくさんあります!

そして、体を内側から整えるお手伝いとして、鍼灸を受けてみられてはいかがでしょうか(*^^*)

お灸はご自宅でも簡単にできますので、お灸の指導も行っております♪

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

 

インスタグラム美容鍼福岡

カテゴリー: 不妊症, 婦人科, 生理, 福岡美容鍼灸  | タグ: ,
子宮筋腫と鍼灸治療

投稿日:2018年07月02日

子宮筋腫は、女性の2割~3割の方がもっていると言われている良性腫瘍です。

子宮は筋肉できているのですが、その筋肉の中や、外側・内側など、さまざまな場所にできます。
できる個数や場所、大きさによって症状の程度は違いますが、子宮筋腫ができると生理痛が酷くなったり、不正出血が起きたり、頻尿になる方も。

良性腫瘍なので命に関わるほどではないそうですが、放っておくとすごく大きくなったり、妊娠の妨げになったりすることもあります。

子宮筋腫の鍼灸治療

東洋医学では、子宮筋腫は「瘀血(おけつ)」と考えます。

瘀血とは、古くなった血が体に溜まってしまっているようなイメージです。
子宮筋腫以外に、子宮内膜症にも当てはまります。

鍼灸治療では、血流を改善して瘀血を排出していきます。
その結果、筋腫や内膜症が大きくならずにすんだり、小さくなったりします✨

瘀血がたまる原因としては、体の巡りが悪いことですが、体の巡りが悪くなる原因は冷え、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどがあります。

鍼灸治療をしながら、ご自宅でのセルフお灸や生活習慣の改善を心がけていくと良いです(*^^*)

婦人科疾患にオススメのツボ

また、子宮筋腫は女性ホルモン(エストロゲン)の作用によって大きくなる腫瘍で、閉経して女性ホルモンの分泌が減ると小さくなります。

→ 不妊症の鍼灸治療

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

インスタグラム美容鍼福岡

カテゴリー: 不妊症, 婦人科, 生理, 福岡美容鍼灸  | タグ: ,
産後の肥立ちとは?ツボにお灸!

投稿日:2018年03月07日

当院へ不妊治療に通っていた方が妊娠し、妊娠中も体調を整えるために継続して治療を行っておりましたが、先日、無事出産されました❤
婦人科での治療と鍼灸治療、どちらも長い期間がんばって続けて下さっていて、出産の連絡をいただいたときはとても嬉しかったです!(T_T)✨

出産は、とてもエネルギーを消費します。だけどお母さんは出産後も赤ちゃんのお世話で忙しいので、疲れてしまうことが多いと思います。
出産後、お母さんの身体が少しずつ出産前の状態に戻ろうとすることを「産後の肥立ち」と言いますが、赤ちゃんのお世話や家のことなど、無理をしすぎると肥立ちが遅くなります(>_<)

産後の肥立ちに効くツボとお灸

産後の肥立ちが悪いと、めまいがしたり、身体が冷えて体調を崩したり、病気にかかりやすくなったりします。また、赤ちゃんのお世話で寝不足や精神的に疲れてくると、元気もでなくなります。

そのため、産後の肥立ちを良くするツボ「三陰交」にお灸をすることをおススメします✨

女性ホルモン ツボ

不妊治療や生理痛・生理不順、逆子などで使っている三陰交は安産のツボでもありますし、出産後、疲れたな、と思ったときにも使えます❤

赤ちゃんのお世話は大変だけど、楽しくて幸せな育児生活を送って頂くために、お灸はオススメです(*^^*)

女性ホルモンを整えるお灸

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: ツボ, 不妊症, 婦人科, 福岡美容鍼灸  | タグ: , , , ,
生理痛が一番つらいのは何日目?

投稿日:2017年12月15日

女性には月経(生理)がありますが、多くの方が「生理痛」に悩まされています(>_<)

軽く、なんとなく腰が重いな~という方から、立ち上がれないくらい痛むという方もいらっしゃいます。
生理何日目が1番つらいと感じている方が多いのか調べた調査があるそうです。

結果は

1位・・・2日目
2位・・・初日
3位・・・つらくない
4位・・・3日目
5位・・・4日目

女性ならよくある会話だと思いますが、「今日2日目だからひどい」何か予定と重なったときには「2日目じゃなくてよかったね!」など、なんとなく、2日目が1番ひどいという考えがありますよね。
その通りの結果で、生理2日目が1番つらいと答えた方は50%を越えました!!
2日目は出血の量が1番多いと感じている方も多く、お腹だけでなく、腰が痛くなったり、頭が痛くなったり、吐き気がすることも(T_T)

1日目が痛いという方は、痛いなぁ、と思ったらその日の内に生理がくるなど、痛みが生理開始の合図のようになっている方が多いようです。

生理のときに生理痛があるのは普通だと思っている方もいるかもしれませんが、薬を飲むほど痛みがあるのは当たり前のことではありません(T_T)

生理痛は、全くない、もしくは気にならない程度、くらいが正常です。

薬を飲まないといけないほどだったり、お仕事をお休みするほどの痛みがある場合は、鍼灸治療で体質を改善しましょう!✨

子宮や卵巣、女性ホルモンに関わるツボがあり、美容鍼の際も使うことがあります(*´▽`*)

なので、美容鍼に来ていたら生理痛が治った!という方もいらっしゃいます🎵

生理痛や生理不順にお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療をお試しください(*^^*)

ご自宅でできる「セルフお灸」も効果的ですよ✨
→ セルフお灸について

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: 婦人科, 生理, 福岡美容鍼灸  | タグ: ,
女性の薄毛専門の育毛針🌟

投稿日:2017年12月11日

前回、なぜ更年期になると薄毛になるのかをご紹介しました!

→ 更年期になると薄毛になるのはなぜ?

 

更年期と呼ばれる45歳~55歳頃に抜け毛が増え薄毛に悩まされるのは女性ホルモンが関係しています。

閉経に向かって女性ホルモンのバランスが変動しているんです。

男性の薄毛は遺伝によるものや、男性ホルモンが強いことが関係していることが多いですが、更年期の女性の薄毛は女性ホルモンが急激に減ることが原因ですので男性とは違う、女性専門の薄毛治療を行います🎵

 

 

当院の鍼灸治療では、女性ホルモンに関するツボを使います✨

三陰交(さんいんこう)

女性ホルモンのツボ

 

このツボは、すごく大事なツボです✨

女性ホルモンに関係しているので、更年期障害生理痛、生理不順、不妊症などの治療でも使います!

冷え性にも効果的ですので、ぜひ足湯やカイロなどで温めてほしいツボです❤

 

また、頭皮が硬くこっていると、血流が悪くなり髪が抜けやすくなってしまいます。

頭皮のコリにさらに効果的な、電気を流すパルス育毛針も人気です🎶

 

→ 育毛鍼のメカニズム
→ 薄毛・抜け毛の原因
→ 産後脱毛症
→ 糖質制限をすると薄毛になる!?
→ 髪が生え変わるサイクルについて
 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: 婦人科, 福岡美容鍼灸, 髪・頭皮  | タグ: , ,
育毛針☆更年期になると薄毛になるのはなぜ?

投稿日:2017年12月08日

女性には月経(生理)がありますが、平均で、50歳ごろになると閉経を迎えます。

 

閉経の前後、45歳~55歳頃を「更年期」といいます。

閉経に向かいホルモンバランスが乱れ、体に起こる様々な不調を、更年期障害と呼んでいます。

この更年期になると、抜け毛が増え、薄毛になったと悩んでる女性が多くいらっしゃいます(>_<)

 

 

閉経を迎える更年期というのは、女性の人生の中で1番女性ホルモンのバランスの変動が激しい時期です⚡⚡

髪やヒゲなど、毛にはホルモンの影響が現れやすいです。

閉経に伴い女性ホルモンの量が減っていくと、薄毛になっていきます。

ただ、男性の薄毛とは違います。

男性は前頭部や頭頂部が目立って薄くなるのに対して女性は髪の毛全体が薄くなっていきます。

 

 

また、遺伝的な要素も関係しています。

親戚に薄毛の方がいれば、薄毛になりやすいです(>_<)

更年期の症状なので、婦人科に相談することも可能です!

 

鍼灸治療では、頭皮に刺激を与えることで血流を良くして抜け毛を予防します!

また、三陰交(さんいんこう)という女性ホルモンに関するツボを刺激してホルモンバランスの変動を緩やかにし、薄毛やその他の更年期障害の症状を起こりにくくしていきます✨

女性ホルモンのツボ

 

次回、女性の薄毛に対する育毛針についてご紹介したいと思います🌟

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: 婦人科, 福岡美容鍼灸, 髪・頭皮  | タグ: , , , , ,
更年期のホットフラッシュ

投稿日:2017年10月27日

 前回の記事では、手足は冷えるのに顔は火照る「冷えのぼせ」についてご紹介しました!

今回は、同じように顔や上半身の火照り「ホットフラッシュ」についてご紹介します🎵

 

ホットフラッシュとは、更年期障害の症状の1つです。

胸や背中、首、顔、頭など上半身がカーッと厚くなり、汗をかきます。
ある日突然、ホットフラッシュを起こす方もいるようなので、ビックリすることもあるかもしれません。

下半身は冷えていることも多いので、冷えのぼせと同じような状態になってしまいます。
普通の冷えのぼせと違うところは、ホットフラッシュは更年期障害の症状であることです。

閉経する前後5年くらいが更年期障害の起こりやすい期間で、年齢にすると45歳~55歳の方が多いです。

 

閉経前後は女性ホルモンが減っていきます。

女性ホルモンが減ってきているなと感じた脳は、分泌するように卵巣へ命令を送ります。でも閉経を迎える卵巣はもう分泌できません。

そのギャップで様々な不調が起こるのが更年期障害です。

 

治療法としては、ホルモン補充療法などがありますが、運動や体温を管理することでもケアできます(*^^*)

また、鍼灸治療も適応です(*^^*)

女性ホルモンが減るのは止められないですが、自律神経を整え、減るスピードを緩やかにすることで更年期障害の様々な症状を緩和することができます✨

 

自律神経のバランスを整えるにはリラックスやリフレッシュが大事なので、持ち歩くハンカチにそういった効果のあるアロマなどを数滴おとして、ホットフラッシュなどが起こったときに香りを嗅ぐのも効果的です(*^^*)

→ 更年期障害の鍼灸治療

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: 婦人科, 福岡美容鍼灸  | タグ: ,
産後脱毛症の鍼灸治療

投稿日:2017年10月16日

 ストレスなどで抜け毛が増えたり円形脱毛ができることは世間的によく知られていますが、女性は出産後にも抜け毛に悩まされることがあります(>_<)

これは「産後脱毛症」と呼ばれています。

原因にはいろんな説があります。

母乳に栄養を取られるから

母乳は血液から作られます。髪もまた、血液から栄養をもらって生えています。出産後は赤ちゃんに母乳をあげるので、髪まで栄養を送れなくなり、抜け毛が増えます。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中、分泌が増えていた女性ホルモンが減ります。女性ホルモンには髪を増やしたり、美髪にしたりという作用があります。この女性ホルモンが減るため、髪が抜けやすくなります(>_<)

ストレス

育児はとても大変です。特に乳児期は、授乳のために夜何度も起きるなど、24時間、赤ちゃんを中心に生活をします。生活環境によっては、自分の時間が0になる方もいます。いくら可愛くても、疲れますし、ストレスもあります(>_<)そのため、抜け毛が悪化します。

このように、産後脱毛症は様々な原因が考えられます(>_<)

鍼灸治療では、頭皮の他、女性ホルモンを整えるツボ髪に関係するツボに針やお灸をします🎶
そうすることで、体の調子から整えて頭皮や髪を元気にします✨

断乳したら自然と元に戻ることが多いようですが、もしなかなか治らないようであれば、鍼灸などの治療を受けてみられるのもいいかもしれません(*^^*)

気にしすぎないことも大事です✨

育毛鍼、パルス育毛鍼の動画もぜひご覧ください(^^♪

 

→ 育毛鍼のメカニズム
→ 薄毛・抜け毛の原因
→ 糖質制限をすると薄毛になる!?
→ 髪が生え変わるサイクルについて

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

linebana2

カテゴリー: 婦人科, 福岡美容鍼灸, 髪・頭皮  | タグ: , , ,
「セルフお灸」お悩みランキング!

投稿日:2017年07月25日

 お灸をしたことはありますか?最近お灸がはやっていて、お灸カフェや、お灸女子という言葉ができるほどです!

当院では治療の中でお灸をすることもよくありますし、セルフお灸の指導も行っています(*^^*)

セルフお灸をされている方のお悩み例

①冷え性

②自律神経の乱れ

③婦人科疾患(生理痛、生理不順、不妊など)

④更年期障害

など。

指導するツボは、手や足にあるツボです(^^)

「合谷」

肩こりに効くツボ

主に肩こりや、自律神経を整えたりします♪肩こりが改善することでお顔への血流も増えるので美容にも効果的なツボです✨

 

「足三里」

むくみに効くツボ

胃腸の調子や免疫力を整えるツボです。他にも足の疲れや水分代謝の改善にも効果的です✨

 

「太衝」

シミに効くツボ

ストレスやイライラ、自律神経の調整に効果的なツボで、美容面では乾燥肌、シミなどに関わっています✨

 

「三陰交」

不妊に効くツボ

 

婦人科系のお悩みに効果的なツボです!また、冷えなどにも効果があり、特に女性にはオススメのツボです✨

お灸は簡単なので、手軽に始めることができます(^^)ぜひお試しください🎶

やり方や詳しい場所が知りたい方は、お気軽にお問合せください(*^^*)

→  セルフお灸について

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: ツボ, 冷え性, 婦人科, 福岡美容鍼灸, 自律神経失調症  | タグ: , , ,
多嚢胞性卵巣症候群の鍼灸治療

投稿日:2017年06月07日

 「多嚢胞性卵巣症候群」をご存知ですか?「PCOS」または「PCO」とも呼ばれています。

通常、1ヵ月に1つの卵胞が育ち、大きくなった卵胞が破れて中から卵子が飛び出します。これが「排卵」です。

PCOSの場合、同時にいくつもの卵胞が育ちます。それだけなら、稀に見られることなので問題はありません。だけど、卵胞がある程度の大きさまでしか育たなかったために卵胞が破れずそのまま残ってしまうことがあり、エコー画像を見ると丸い卵胞がいくつも並んでいること(ネックレスサイン)で、多嚢胞性卵巣症候群と診断されるようです。

PCOSは排卵が起きにくい or 起きないので生理周期が長い、稀初月経、無月経になったりします。また、卵胞の中ではエストロゲン(男性ホルモン)が作られるため体毛が濃ゆくなったり、声が低くなったりすることもあります。そして、排卵障害のため、妊娠しづらくなってしまいます。

原因はハッキリとは分かっていないようですが、糖代謝と深く関わっているのではないかと言われています。なので、PCOSと判断された場合は甘いものを控える、運動をするなどの生活習慣を見直すことが予防・対策方法の1つです(^_^)

 

東洋医学的には血液循環や水分代謝が悪い状態と診ます。なので、血や水分の巡りを良くするツボ婦人科疾患に効果的なツボを使って治療していきます♪

→ 不妊症の鍼灸治療

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: 婦人科, 生理, 福岡美容鍼灸  | タグ: , ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
//www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ

100本美容鍼 福岡 GW 紫外線 PCOS 鍼灸 福岡 PMS 福岡 PMS 鍼灸 福岡 SHIHO 女優鍼 SHIHO 女優鍼 福岡 うつ病 おでこ しわ おでこ 乾燥 原因 おでこのしわ お尻 痛み お悩みランキング お灸 お灸 ツボ お灸 冷え お灸 妊婦 福岡 お灸 福岡 お灸 鍼灸 福岡 お腹が張る 妊婦 お灸 お酒 むくみ 原因 お酒 肌荒れ かっさ 福岡 ぎっくり腰 ぎっくり腰 福岡 ぎっくり腰 針 福岡 くすみ くすみ 原因 くすみ 福岡 くすみ 美容 針 くすみ 美容鍼 くすみ 美容鍼 福岡 くま ツボ こわばり しわ しわ 原因 しわ 美容鍼 福岡 しわ 針 福岡 じんましん ストレス じんましん 鍼灸 じんましん 鍼灸 福岡 たるみ たるみ ツボ たるみ 原因 たるみ 福岡