7月 2017

サイトマップ


中国北京で研究した東洋医学の最先端技術による治療

月別アーカイブ: 2017 7月

夏バテの胃もたれに効くツボ

投稿日:2017年07月28日

 とても暑い日が続いていて、少し外を歩くだけで汗が出てきますね💦

熱中症に気を付けなければいけませんが、夏バテにも気を付けて下さい!(>_<)

とても暑いので、冷たい飲み物、冷たい食べ物ばかり選びがちですが、冷たいものばかりだと内臓まで冷えてしまい、食欲がなくなってしまいます。また、クーラーの効いた部屋でだらだらしがちになってしまいますよね💦こういったことを続けていると、なんとなく体がきつい、だるい、食欲がないという夏バテの状態になってしまいます(>_<)

鍼灸治療で体全体を整えておくと体調を崩しにくくなりますよ🎶

また、軽い運動をしたり、食生活を正すことで夏バテは防ぐことができます(*^^*)

暑いですが、できるだけ体を動かしたり、冷たいものや生ものなどの内臓を冷やしてしまうような食べ物を取りすぎないようにしてください🎶

胃の調子を整えるツボをご紹介します✨

中脘(ちゅうかん)というツボです!

胃もたれに効くツボ

 

胃の疲れや胃もたれを解消してくれたり消化機能を助ける効果があります(*^^*)

食前に、優しく何度か押してみてください🎶(満腹時は避けて下さい。)

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: 福岡美容鍼灸, 自律神経失調症 | タグ: ,
副鼻腔炎の鍼灸治療

投稿日:2017年07月27日

 今回は「副鼻腔炎(蓄膿症)」についてです。意外と、なったことある!という方も多いかもしれません(T_T)

鼻の奥の方にある、副鼻腔という空洞に細菌が入って炎症を起こしている状態を副鼻腔炎といいます。

症状

鼻水、鼻づまりといった鼻の症状の他にも、目の痛み、頭痛、頬の痛み、嗅覚障害などが起こることもあります。

原因は、ほとんどが風邪などへの感染ですが、鼻炎などが長引くことで副鼻腔炎を起こすこともあります。

抗生物質を飲む、副鼻腔に溜まっている膿を吸い取るなどの治療がありますが、鍼灸治療で改善することもあります(*^^*)

 

当院での鍼灸治療は、副鼻腔の炎症を抑え、免疫力を整えるような治療を行います。とくに女性は、疲れから鼻の症状が出る方も多いようです(>_<)そういう方には鍼灸治療が良いかもしれません(*^^*)

顔や頭にある鼻炎などに効くツボや、手足にある全身を整えるツボ、免疫力を整えるツボ針やお灸をします(*^▽^*)

 

効果には個人差がありますが、1度の治療で鼻の通りが良くなる方もいらっしゃいます♪

また、お薬を飲んでいるけど効き目が悪いという方も鍼灸治療をすることでお薬が効きやすくなることもあります(^^)

疲れると鼻炎のような症状が出るお薬が効きにくい、お薬を使いたくないという方は鍼灸治療を試されてみてはいかがでしょうか?(^^)

→ 副鼻腔炎(蓄膿症)の鍼灸治療

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: その他, 福岡美容鍼灸, 花粉症 | タグ: , ,
「セルフお灸」お悩みランキング!

投稿日:2017年07月25日

 お灸をしたことはありますか?最近お灸がはやっていて、お灸カフェや、お灸女子という言葉ができるほどです!

当院では治療の中でお灸をすることもよくありますし、セルフお灸の指導も行っています(*^^*)

セルフお灸をされている方のお悩み例

①冷え性

②自律神経の乱れ

③婦人科疾患(生理痛、生理不順、不妊など)

④更年期障害

など。

指導するツボは、手や足にあるツボです(^^)

「合谷」

肩こりに効くツボ

主に肩こりや、自律神経を整えたりします♪肩こりが改善することでお顔への血流も増えるので美容にも効果的なツボです✨

 

「足三里」

むくみに効くツボ

胃腸の調子や免疫力を整えるツボです。他にも足の疲れや水分代謝の改善にも効果的です✨

 

「太衝」

シミに効くツボ

ストレスやイライラ、自律神経の調整に効果的なツボで、美容面では乾燥肌、シミなどに関わっています✨

 

「三陰交」

不妊に効くツボ

 

婦人科系のお悩みに効果的なツボです!また、冷えなどにも効果があり、特に女性にはオススメのツボです✨

お灸は簡単なので、手軽に始めることができます(^^)ぜひお試しください🎶

やり方や詳しい場所が知りたい方は、お気軽にお問合せください(*^^*)

→  セルフお灸について

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: ツボ, 冷え性, 婦人科, 福岡美容鍼灸, 自律神経失調症 | タグ: , , ,
顔面痙攣と肩こり

投稿日:2017年07月14日

 肩こりや首こりは多くの方がかかえている悩みで、逆に当たり前すぎて気にしていない、諦めてるという方もいらっしゃると思います。また、ストレスなどでも肩や首がこります。

たかが肩こりと思っていると、他の症状まで起こるようになってしまいます。

その1つが「顔面痙攣」です。

先日の記事でご紹介した眼瞼痙攣とは、名前が似ていますが違う疾患です。眼瞼痙攣は、まぶたが開きづらいなど、まばたきに関しての異常です。

顔面痙攣は主に顔の片側がピクピクと痙攣する疾患です。

最初は、目の疲れから起こるまぶたのピクピクから始まり、次第に口元や顎、頬などへと範囲が広がります。

疲れたときや緊張状態にあるときに起こっていたのが、やがて寝ているときなど1日中起こるようになり、重症化すると、まぶた、頬、口などの痙攣が同時に起き顔が歪むことがあります。

 

顔面痙攣でお悩みの方は同時に肩こりでお悩みの事が多いんです。

現在、当院へ顔面痙攣の治療で通わている方は左側の痙攣が見られ、肩こりや首こりも左側の方がひどいようです。

鍼灸治療では、肩や首、顔面部のツボへ針をします。治療後は、スッキリした~!という方が多いです(^^)v

また、顔面痙攣にはストレスも関わってきます。緊張状態や、ストレスを強く感じると症状がでることがあるようです。

緊張状態が続くと肩や背中の筋肉が硬くなるので、そういったところも含めて針でほぐしていくと顔面痙攣の症状が緩和します(^^)v

 

顔面痙攣でお悩みの方、ぜひ鍼灸治療も試してみてください♪

→ 眼瞼痙攣について

→ 顔面痙攣、眼瞼痙攣の鍼灸治療

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: その他, 福岡美容鍼灸, 肩こり, 首こり | タグ: , ,
【患者さんの声】不妊症の鍼灸治療

投稿日:2017年07月11日

 以前から、生理不順不妊治療でお越しいただいていた方より治療の感想をいただきましたので、ご紹介いたします(*^^*)

福岡不妊症の鍼灸治療

 

30代 女性

主訴・・・生理不順、不妊治療、ヘルニア、体重増加

鍼灸治療に通い始めて、1年半になります。ヘルニアの治療により痛みが減り、ウォーキングを続けることができ、体重も減少できました。また、鍼灸で冷えや女性ホルモンの調節をしていただき、妊娠することができました。

人工では授かりませんでしたが、体外1回目で、質の良い卵子、子宮内膜の厚さ等良い結果に結びついたのも、1年半鍼灸で体質を整えてきたおかげと思っています。

先生方には、優しく熱心に取り組んでいただき、本当に感謝しています。妊娠中も、つわり、腰痛、むくみ等、不安になることが多いので、できれば無理のない程度に治療を続けていきたいです。

よろしくお願いします。

 

この方は元々ヘルニアによる腰痛で運動があまりできない状態でしたが、針治療で腰痛が緩和しウォーキングができるようになり体重が10キロ以上減りました!!

ちなみに、体重の増加は生理不順の原因となることもあります。

当院では、腰痛の治療と合わせて、背中のツボや手足のツボを使ったりして体質を整える治療を行ってきました!

また、ご自宅でセルフお灸を行っていただきました(*^^*)

 

2週間に1度のペースで約1年半。痩せたこともそうですが、全体的に体調が整ったと思います。

特に、不妊に大きく関わる「冷え」が改善されました。

 

もちろん、鍼灸治療だけを行っていたわけではなく病院での検査や治療、漢方、ウォーキング、ヨガなど、体質改善のために続けてきたことが良かったのだと思います(*´▽`*)

不妊症の鍼灸治療は「体質改善」を目的として行います。

体温を上げることやお腹を温めることで生理痛や生理不順が緩和されたり、子宮内膜が厚くなったり、卵子の質が良くなります♪

→ 子宮内膜を厚くするツボ

→ 卵子の質を良くするツボ

 

不妊で悩んでいる方はすでに病院に通われている方が多いと思いますが、体質改善のため、鍼灸治療を併用してみてはいかがでしょうか(*^^*)

→ 不妊症の鍼灸治療

→ へそ灸で体質改善

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: 不妊症, 福岡美容鍼灸 | タグ: ,
眼瞼痙攣とスマホの関係

投稿日:2017年07月06日

 最近、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)でお悩みの方が増えています。40代以降の女性に多くみられます。

主な症状としては、まぶたが閉じてしまう、目が開けづらいなど。他にも、光がやたら眩しく感じたり、まばたきの回数が増えたりすることもあるようです。

当院に眼瞼痙攣の治療で来られている方の共通点は「目が疲れている」ことです。

特に40代以降の方は、スマホを使うようになってから・・・という方がほとんどです!

 

前回の記事でも少しご紹介しましたが、スマホやパソコンからは、「ブルーライト」という光が出ています。

ブルーライトはスマホ>パソコン>液晶テレビ>ブラウン管テレビの順で多く含まれています。

ブルーライトは目の中に侵入してきて視力が落ちる、老眼を早めるなどの影響もあります(>_<)

眼瞼痙攣は鍼灸治療で改善していくことも多いですが、パソコンやスマホを長時間使う生活を改めなければいけません。

また、昼間に浴びるはずの光を夜浴びることで体内時計が狂い、睡眠障害や自律神経失調症などのリスクも高まります。

 

いま世界では、スマホやパソコン作業を控える「デジタルデトックス」が流行っているそうです。

寝る前2時間くらいはスマホやパソコンを使わないで過ごします。そうすることで脳がリラックスし、良質な睡眠になります(^^)v

最近目が疲れてるな、まぶたが重いな、と感じる方はぜひデジタルデトックスを試してみてください(^_^)

→ 眼瞼痙攣の鍼灸治療

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: その他, 眼精疲労, 福岡美容鍼灸, 自律神経失調症 | タグ: , ,
「光老化」とは??美容鍼でケア!

投稿日:2017年07月05日

 老化現象の1つに「光老化」というものがあります。

肌の老化でいうと、2割が加齢によるもので、残りの8割は光によるものとされています(>_<)光とは、紫外線や赤外線のほか、パソコンやスマホなどのブルーライトも含まれます。

光老化の1番の原因は「紫外線」です。

 

紫外線のうち、UV-Aという種類は肌の奥まで侵入してくるため、エラスチンやコラーゲン繊維を壊し、シワ、たるみの原因となります。

UV-Bという種類の紫外線は、肌の表面に刺激を与えますので、シミや皮膚がんなどの原因となってしまいます。

スマホやパソコンなどの人工的なブルーライトは肌への影響は少ないと考えられていますが、網膜まで侵入してくるなど、目への影響が大きいです(>_<)

ちなみに、太陽光にもブルーライトは含まれています。肌へも、UV-Aのように深く侵入してきます。

紫外線やブルーライトで細胞が傷つくと、肌が乾燥したり、コラーゲンなどを作っている線維芽細胞の活動が鈍くなります。

光老化対策の基本は、「紫外線から肌を守ること」です。

日焼け止めをこまめに塗りなおす、お化粧をする。また、活性酸素がたくさん発生してしまうのでビタミンを摂取したり、ビタミンが入った化粧品を使うことも効果的です。

そして1番は「保湿をしっかりすること」が大事です!

美容鍼は内側から水分量を増やすこともできますし、活動の鈍くなった繊維芽細胞を刺激して活発にすることもできます✨

日焼け止めや日傘などの対策と合わせて美容鍼も行っておくのがオススメです❤

→ 美容鍼について

 

この記事を書いた人

美容鍼灸師 太田里穂(おおたりほ)

中国鍼灸院 箱嶌医針堂にて美容鍼・女性疾患などを主に担当している。

健康になりながら、美しくなっていただけるように鍼灸治療を行っています。
より多くの方に鍼灸の素晴らしさを知って頂きたいと思っています。

鍼灸や美容に関するブログを書いています。

「今、話題の美容鍼はこちら!」

「ブログ:キレイになるツボお伝えします!」

カテゴリー: 乾燥肌, 福岡美容鍼灸, 美容鍼 | タグ: , ,

TEL:092-721-0086

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

箱嶌医針堂 ご案内

診療時間  9時~18時
要予約 (092)721-0086
休診日 日曜・祝日
//www.hakoshima.com
【主なご来院地域】
福岡市中央区、天神、博多駅、朝倉市、飯塚市、古賀市、うきは市、大野城市、春日市、北九州市、久留米、太宰府、筑紫野、大牟田、直方、福津、前原、宗像、佐賀、唐津、鳥栖、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口
出張治療はしてません

当院でよく治療する症状

肩こり、神経痛・ぎっくり腰・腰痛・頚椎症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・突発性難聴・耳鳴り・めまい・自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・嗅覚障害・円形脱毛症・うつ病・パーキンソン病・網膜色素変性症・緑内障・逆子・生理不順・生理痛等婦人科疾患・アレルギー性鼻炎・胃炎・逆流性食道炎・メニエル病、パニック障害、パーキンソン病、股関節痛、蕁麻疹など

リンク

ツイッター

タグ