緑内障に効くツボ

サイトマップ


福岡の鍼灸院

緑内障に効くツボ

投稿日:2017年12月11日

緑内障の鍼灸治療
緑内障は眼圧によって眼球の後ろにある視神経が圧迫されることで、視野が狭くなっていく病気です。

また、眼圧が正常でも視神経が圧力に耐えられなくなり障害を受けることで視野が狭くなっていく正常眼圧緑内障もあります。

 

緑内障は、眼圧のコントロールすることがとても重要になってきます。

  

眼科の治療では点眼薬などで眼圧を下げてコントロールしていきますが、なかには眼圧が下がりにくい方もいます。

 

緑内障で眼圧が下がらない
そのため、緑内障で眼圧が下がらないと悩んでいる方には、眼科での治療以外に何か他に緑内障に良い方法がないか探されている方が鍼灸治療を受けに来ています。

また、眼圧が安定している場合でも、少しでもいい状態を保ちたいとの思いで、鍼灸治療を受けに来られます。

 

緑内障の鍼灸治療では週1回程度の治療と自宅でのセルフお灸を勧めています。

 

最近、緑内障は眼圧だけの問題ではなく、眼循環不全による慢性虚血も関係していると言われています。
そのため、鍼灸治療では目の周りの血流を良くすること、身体全体の血流を良くしていくことを中心に行っていきます。

  

 

緑内障に効くツボ

 

緑内障の鍼灸治療で使うツボはいくつかありますが、その中でセルフお灸でおススメなツボを紹介します。

 

緑内障(眼圧)に効くツボ 

  行間の場所は足の親指と人差し指の間の付け根のところにあります。

このツボに毎日お灸をしていただくことをおススメしています。

  

~緑内障関連の記事~

→ 緑内障の鍼灸治療についてもう少し詳しく説明しています。

点眼薬だけでは眼圧が下がらない・安定しない方には鍼灸治療をすると相乗効果で、眼圧が低下・維持します。 

→ 眼科の治療と併用することで眼圧をさげる鍼灸治療

点眼薬だけでは眼圧が下がらない・安定しない方には鍼灸治療をすると相乗効果で、眼圧が低下・維持します。 

  

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 

肩こり、腰痛など日常的な症状から慢性的な神経痛、自律神経失調症、難病などの鍼灸治療を行っている。

 「現代医学で改善しない症状でも鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてほしい」

こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: 福岡の鍼灸院, 緑内障 |タグ: , , , ,

TEL:092-721-0086