MRI・レントゲン異常なし坐骨神経痛の鍼灸治療|福岡・天神の鍼灸院

サイトマップ


トリガーポイント鍼治療

MRIやレントゲンで異常がない坐骨神経痛とは?

投稿日:2017年11月17日

MRI異常なしの坐骨神経痛   

腰痛、お尻から太ももにかけての痛みやしびれなどの症状があれば、それは坐骨神経痛の可能性が高いです。

「坐骨神経痛」になれば、一般的にはまず整形外科に行き、診察してもらいます。

 

まずはレントゲン。そしてもう少し精密検査をということで、MRIを撮ることが多いと思います。

これらの検査は、坐骨神経痛の原因がどこから来ているかを調べる必要があるからです。

 

レントゲンは骨や椎間板の状態が分かりますが、

MRIは腰の深部にある筋肉、骨、椎間板、神経などの状態を見ることができます。

 

そのため、MRIは椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離、すべり症などの可能性があるかを調べることができます。

これらは、坐骨神経痛の原因としてよく考えられているものです。

  

 

「レントゲン、MRIで異常なし」の坐骨神経痛とは?  

 

「腰からお尻にかけて痛い・・・」

「お尻から太もも裏がしびれる・・・」

「腰は痛くないが、ふくらはぎの外側しびれる・・・」

 

なのに、

「レントゲン、MRIをとっても異常なし」

 

お医者さんから

「坐骨神経痛ですね」としか言われていない。

「鎮痛剤と湿布を処方されたけど、痛いし、しびれる・・・」

 中には「原因不明の坐骨神経痛と・・・」

  

 

MRI、レントゲンで異常がないけど、坐骨神経痛って意外に多い  

原因不明の坐骨神経痛 

実は、意外に多い「原因不明の坐骨神経痛」 

そもそも、腰痛の85%は原因不明と言われています。
そして、残りの15%くらいが椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症・腰椎分離・すべり症など坐骨神経痛の原因とされるものです。

 

なので、

「レントゲン、MRIで異常なし」

「坐骨神経痛としか言われなかった」

「原因不明の坐骨神経痛」

と言われる人が多いはずです。

  

 

原因不明の坐骨神経痛の原因は??

 

  

原因不明の坐骨神経痛の方を治療していると、多くの方が腰からお尻にかけての筋肉が硬くなっています。

実はこの硬くなった筋肉が原因不明の坐骨神経痛の原因です。

  

坐骨神経痛を起こす可能性のある筋肉

坐骨神経痛を起こす筋肉

坐骨神経は腰からお尻、太もも、ふくらはぎ、そして足先にかけの長い神経です。

この神経は、筋肉の間をすり抜けるように通っていきます。

 

そのため、腰からお尻にかけての筋肉が硬くなると坐骨神経は締め付けられ、悲鳴を上げます。

それが、痛みやしびれとなって現れます。

  

 

硬くなった筋肉を緩める鍼灸治療 

 

硬くなった腰からお尻にかけての深部の筋肉を緩めるには鍼灸治療が効果的です。

直接、悪い部分に鍼をすることで、効率的に筋肉が緩んでいきます。

そして、坐骨神経への締め付けも緩むため、症状も徐々に改善されてきます。

 

「レントゲン・MRI異常なし」「原因不明の坐骨神経痛」はぜひ鍼灸治療を受けられることをおススメします。

 

詳しくはこちをご覧ください。

→ 坐骨神経痛の鍼灸治療

→ 坐骨神経痛に鍼治療が効くワケ

 

動画もご覧ください。

  

この記事を書いた人

医学博士・鍼灸師 箱嶌大昭(はこしま ひろあき)

東洋医学の本場、中国・北京にて日本人初の医学博士を取得後、福岡・天神にて「中国鍼灸院 箱嶌医針堂」を開業。福岡県内をはじめ、九州各県から多くの患者が来院。 

肩こり、腰痛など日常的な症状から坐骨神経痛による痛みやしびれの鍼灸治療を行っている。

 「なかなか改善しない坐骨神経痛でも当院の鍼灸治療で改善する可能性があるので、ぜひ鍼灸治療を受けてみてほしい」

こちらをクリック→「院長の経歴・あいさつ

カテゴリー: トリガーポイント鍼治療, 坐骨神経痛, 大腿神経痛, 椎間板ヘルニア, 福岡の鍼灸院, 腰痛 |タグ: , ,

TEL:092-721-0086